金引の滝紅葉見ごろ2021(11月下旬~12月上旬頃)

金引の滝紅葉見ごろ(例年)・見どころ

金引の滝紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。金引の滝では駐車場から金引の滝に向かう道沿いや金引の滝周辺にカエデなどが分布し、紅葉と金引の滝などの光景が美しいと言われています。ただカエデなどはあまり多くないことから金引の滝・白竜の滝・臥竜の滝を中心に楽しむのがいいかもしれません。(詳細下記参照)

【金引の滝 紅葉見ごろ(例年)・2021年の予想】
金引の滝の紅葉見ごろは例年11月下旬頃から12月上旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年10月13日、ウェザーニュースは西日本では平年並から早いと予測しました。嵐山は11月21日頃です。
京都紅葉見ごろ2021

【金引の滝紅葉見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府宮津市滝馬
最寄り駅・バス停・・・金引の滝口(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都丹後鉄道宮津駅から路線バス

スポンサーリンク

【金引の滝 紅葉見ごろ(例年)・見どころ解説】
金引の滝はあまり知られていない紅葉の名所です。金引の滝の紅葉見ごろは例年11月下旬頃から12月上旬頃です。金引の滝は標高約86メートルです。
金引の滝では駐車場から金引の滝に向かう道(近畿自然歩道)沿いや金引の滝周辺にカエデなどが分布し、紅葉と金引の滝などの光景が美しいと言われています。ただカエデなどはあまり多くないことから金引の滝・白竜の滝(はくりゅう)・臥竜の滝(がりゅう)を中心に楽しむのがいいかもしれません。
近畿自然歩道は大阪府・兵庫県・京都府・奈良県・和歌山県・三重県・滋賀県・鳥取県・福井県の近畿地方を中心とした2府7県にまたがり、日本海と瀬戸内を結ぶ総延長約3,258キロの自然歩道です。京都府では日本海の変化に富んだ海岸線を満喫できる日本海沿岸ルートと丹後・丹波の峠・渓谷・社寺・城跡をめぐり、自然・歴史・文化に触れる丹後・大阪ルートがあります。
白竜の滝は落差約5メートルの段瀑です。白竜の滝は小さく二段に分かれ、砂地に薄く広がる滝壺に流れ落ちています。臥竜の滝は落差約5メートルの分岐瀑です。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期に庶民の行楽として人気になったと言われています。なお奈良時代末期成立の日本最古の和歌集「万葉集(まんようしゅう)・萬葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

●京都で人気の紅葉名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都紅葉名所・見ごろ

【金引の滝 歴史・簡単概要】
金引の滝(かなびきのたき)は宮津市市街地の外れ、南西約1.5キロにある滝馬に位置しています。金引の滝は標高約265メートルの金引山(題目山)山麓(標高約150メートル)で、二級河川・大手川の支流・滝馬川(たきばがわ)の上流部にあります。金引の滝は金引の滝(男滝・女滝)・白竜の滝(はくりゅう)・臥竜の滝(がりゅう)という3滝の総称です。金引の滝は落差約40メートル・幅約20メートルの分岐瀑で、花崗閃緑岩(かこうせんりょくがん)を流れ落ちています。金引の滝は滝に向かって、右側の幅の広い滝が男滝、左側の幅の狭い滝が女滝です。白竜の滝は落差約5メートルの段瀑です。臥竜の滝は落差約5メートルの分岐瀑です。金引の滝は一年中豊かな水量を誇る美しい滝とも言われています。金引の滝は滝壺が浅いことから滝のすぐそばで眺めることができます。ちなみに金引の滝は東向きに流れ落ちていることから午前中に日が差すと虹が架かることがあります。金引の滝近くには北向地蔵尊・金引不動尊(不動堂)・滝馬神社・四阿などがあります。ちなみに金引の滝ではかつて滝近くに住んでいた悪鬼(赤鬼)を神火の矢で射て、滝を業火に変え、悪鬼を退散させたという伝承に因んで金引の滝火祭りが行われていました。なお金引の滝は京都府で唯一、日本の滝百選に選定されています。また金引の滝は京都の自然200選にも選定されています。
*参考・・・金引の滝(アクセス・歴史・見どころ・・・)

【金引の滝紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
金引の滝(アクセス・見どころ・・・)情報
*京都の紅葉名所では紅葉の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都紅葉ライトアップ2021

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る