笠置山もみじ公園紅葉見ごろ(11月上旬頃~中旬頃)・紅葉名所

笠置山もみじ公園紅葉見ごろ(紅葉見頃)

笠置山もみじ公園紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。笠置山もみじ公園にはモミジ・カエデなどが分布し、紅葉と標高289メートルの笠置山などの光景が美しいと言われています。笠置山もみじ公園では紅葉が見ごろを迎える時期にもみじライトアップが行われたり、笠置もみじまつりが行われたりします。(要確認)(詳細下記参照)

【笠置山もみじ公園紅葉見ごろ時期 2019年(要確認)】
笠置山もみじ公園紅葉は例年11月上旬頃から11月中旬頃に見ごろを迎えます。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年9月4日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろが平野部でやや遅めになると予想しました。紅葉の見ごろは嵐山が11月24日頃、大原三千院が11月16日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になります。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【笠置山もみじ公園紅葉・笠置山もみじ公園 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府相楽郡笠置町笠置
最寄り駅・バス停・・・笠置駅(徒歩約45分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR関西本線

スポンサーリンク


【笠置山もみじ公園紅葉見ごろ時期・見どころ】
笠置山もみじ公園は紅葉の名所です。紅葉は例年11月上旬頃から11月中旬頃に見ごろを迎えます。笠置山もみじ公園にはモミジ・カエデなどが分布し、紅葉と標高289メートルの笠置山などの光景が美しいと言われています。笠置山もみじ公園にはベンチが設置され、ベンチに座って紅葉を眺めることもできます。笠置山もみじ公園では紅葉が見ごろを迎える時期にもみじライトアップが行われたり、笠置もみじまつりが行われたりします。(要確認)なお笠置山自然公園は東海自然歩道の一部になっており、ハイキングを楽しむのもいいかもしれません。
笠置もみじまつりでは各種ワークショップが設けられたり、ゲーム大会・特産品販売会などの様々なイベントが行われたりします。(要確認)
東海自然歩道は東京の明治の森高尾国定公園(めいじのもりたかおこくていこうえん)と大阪の明治の森箕面国定公園(めいじのもりみのおこくていこうえん)を結ぶ総延長約1,697キロの長距離自然歩道です。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【笠置山もみじ公園 歴史・簡単概要】
笠置山もみじ公園(かさぎやまもみじこうえん)は京都府立笠置山自然公園(きょうとふりつかさぎやましぜんこうえん)内にあります。笠置山自然公園は三重県伊賀市東部から津市西部に広がる青山高原(あおやまこうげん)を源とする淀川(よどがわ)水系の一級河川・木津川(きづがわ)の南岸にそびえる標高289メートルの笠置山と木津川の峡谷を中心とした面積約19.96ヘクタールの自然公園です。笠置山は古くから信仰の山・修験道(しゅげんどう)の道場とされ、飛鳥時代に創建されたとも言われる笠置寺(かさぎでら)や南朝初代天皇で、第96代・後醍醐天皇の仮の御所・行在所(あんざいしょ)跡、そして弥勒石(みろくいし)・虚空蔵石(こくうぞういし)・薬師石(やくしいし)などの石仏や名切石・太鼓石などの名石・巨石・奇岩・怪石が点在しています。笠置山自然公園は1932年(昭和7年)に国の史跡・名勝に指定され、1964年(昭和39年)に京都府立自然公園になりました。笠置山自然公園にはアラカシ・クヌギ・アオキなどの広葉樹が自生し、木津川河川敷沿いには染井吉野などの桜の木が植えられています。笠置山自然公園はハイキングコースになっています。笠置山自然公園は日本さくら名所100選に選ばれ、笠置山は京都の自然200選(歴史的自然環境部門)に選ばれています。
*参考・・・笠置山もみじ公園・笠置山自然公園(アクセス・歴史・・・)笠置山もみじ公園・笠置山自然公園(アクセス・歴史・・・)

【笠置山もみじ公園紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
笠置山もみじ公園(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る