鍬山神社紅葉見ごろ(11月上旬頃~中旬頃)・紅葉名所

鍬山神社紅葉見ごろ(紅葉見頃)

鍬山神社紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。鍬山神社には参道・境内に約1千本のモミジ・ドウダンツツジ・イチョウ・カンレンボクなどが分布し、紅葉と本殿・心字池などの光景が美しいと言われています。なお鍬山神社では紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップが行われています。(要確認)(詳細下記参照)

【鍬山神社紅葉見ごろ時期 2019年(要確認)】
鍬山神社紅葉は例年11月上旬頃から11月中旬頃に見ごろを迎えます。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年9月4日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろが平野部でやや遅めになると予想しました。紅葉の見ごろは嵐山が11月24日頃、大原三千院が11月16日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になります。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【鍬山神社紅葉・鍬山神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府亀岡市上矢田町上垣内22
最寄り駅・バス停・・・鍬山神社前(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR山陰本線・亀岡駅から亀岡市コミュニティバス(東コース)

*JR山陰本線・亀岡駅から京阪京都交通バスの場合、矢田口(徒歩約20分)

スポンサーリンク


【鍬山神社紅葉見ごろ時期・見どころ】
鍬山神社は紅葉の名所です。紅葉は例年11月上旬頃から11月中旬頃に見ごろを迎えます。鍬山神社には参道・境内に約1千本のモミジ・ドウダンツツジ・イチョウ・カンレンボクなどが分布し、紅葉と本殿(鍬山宮・八幡宮)・心字池(しんじいけ)などの光景が美しいと言われています。本殿は燃えるような赤色に包まれ、一帯に荘厳な雰囲気が漂うとも言われています。ちなみに鍬山神社は古くから紅葉の名所で、矢田の紅葉とも言われています。なお鍬山神社では紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップが行われています。(要確認)
本殿(京都府の登録文化財)は江戸時代後期の1814年(文化11年)に造営されました。本殿は鍬山宮の祭神・大己貴命と八幡宮の祭神・誉田別尊が不仲であるという伝承に基づき、間には小池が設けられているそうです。なお本殿は一間社流造の柿葺きです。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【鍬山神社 歴史・簡単概要】
鍬山神社(くわやまじんじゃ)は起源が明確ではありません。鍬山神社は社伝によると飛鳥時代の709年(和銅2年)に医王谷(いおうだに)に創建され、鍬山大明神とも、矢田神社(矢田社・矢田宮)とも言われたのが起源とも言われています。鍬山神社がある場所はかつて泥湖だったが、祭神・大己貴命(おおなむちのみこと)が鍬で請田峡(うけたきょう)を切り開き、水を流して耕作田として住民に与え、感謝した住民が鍬山大明神として祀ったとも言われているそうです。鍬山神社は「延喜式神名帳(927年(延長5年))」に「丹波国桑田郡 鍬山神社」と記され、式内社に列していることからそれ以前から祀られていたとも言われています。その後戦国時代の1576年(天正4年)に明智光秀(あけちみつひで)が丹波に侵攻したことから古くから行われていた祭礼が廃され、別当寺・大智院が創建されて神田が接収されました。しかし江戸時代初期の1609年(慶長14年)に丹波亀山藩主・岡部長盛(おかべながもり)が現在の場所を寄進して社殿を造営し、1639年(寛永16年)に丹波亀山藩初代藩主・菅沼定芳(すがぬまさだよし)が社領を寄進し、1681年(延宝9年)に亀山郷長(町年寄)・杉原守親が祭礼を再興し、丹波亀山藩初代藩主で、伊賀守流藤井松平家初代・松平忠晴(まつだいらただはる)が神輿を寄進したことから例大祭は口丹波一の大祭・亀山祭(亀岡祭)になりました。なお鍬山神社は鍬山宮に大己貴命、八幡宮に誉田別尊(ほんだわけのみこと)を祀っています。
*参考・・・鍬山神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ鍬山神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【鍬山神社紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
鍬山神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る