金閣寺・銀閣寺

金閣寺

金閣がある金閣寺(鹿苑寺)と銀閣がある銀閣寺(東山慈照寺)はともに1994年(平成6年)に世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)に登録されました。ちなみに金閣寺も銀閣寺も臨済宗相国寺派大本山・相国寺(しょうこくじ)の境外塔頭です。

【金閣寺・銀閣寺 マップ・地図】

【金閣寺・銀閣寺 比較】
金閣寺は室町幕府3代将軍・足利義満(1358年9月25日~1408年5月31日)が京都北山に営んだ山荘・北山殿(きたやまどの・北山第)を中心に花開いた北山文化(きたやまぶんか)を代表する寺院です。銀閣寺は室町幕府8代将軍・足利義政(1436年1月20日~1490年1月27日)が京都東山に営んだ東山山荘を中心に花開いた東山文化(ひがしやまぶんか)を代表する寺院です。北山文化は伝統的な公家文化と新興の武家文化の融合、そして日明貿易による中国文化の影響を受けています。東山文化は公家文化・武家文化に禅宗文化の影響を受けています。ちなみに北山文化では足利義満の庇護により、観阿弥(かんあみ)・世阿弥(ぜあみ)親子が能を大成し、東山文化では足利義政の庇護により、村田珠光(むらたじゅこう)が茶の湯・わび茶の祖となりました。なお北山文化・東山文化は一緒に室町文化と言われるそうです。

スポンサーリンク


【金閣寺 歴史・簡単概要】
金閣寺・鹿苑寺(ろくおんじ)は1224年(元仁元年)公卿・西園寺公経(さいおんじきんつね)が山荘を造営し、氏寺・西園寺を創建したと言われている場所です。その後1397年(応永4年)室町幕府3代将軍・足利義満が河内の領地との交換によって山荘・北山殿を譲り受け、義満と義満の妻(継室)・日野康子(ひのやすこ)の没後の1420年(応永27年)舎利殿は義満を開基、夢窓疎石(むそうそせき)を開山として、北山鹿苑寺に改められました。なお鹿苑寺の名称は足利義満の法号・鹿苑院(戒名・鹿苑院天山道義)に由来しています。
金閣(舎利殿)は1398年(応永5年)に建立されたが、1950年(昭和25年)7月2日未明の放火によって焼失し、1955年(昭和30年)に再建されました。金閣は木造三階建(二重三階)の楼閣建築で、一階は金箔が張られずに素木仕上げ、二階は外面が金箔張り、三階は外面・内部(床除く)が金箔張りです。なお一階は寝殿造りで、法水院(ほうすいいん)と言われ、二階は武家造りで、潮音洞(ちょうおんどう)と言われ、三階は禅宗仏殿造りで、究竟頂(くっきょうちょう)と言われています。
金閣寺(アクセス・見どころ・・・)
金閣寺見どころ

【銀閣寺 歴史・簡単概要】
銀閣寺・東山慈照寺(ひがしやまじしょうじ)は平安時代中期に天台宗の僧・円珍(えんちん)が創建し、寛仁年間(1017年~1020年)に天台宗の僧・明救(みょうぐ)が堂宇を再建したが、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失した浄土寺があった場所です。1473年(文明5年)室町幕府8代将軍・足利義政は将軍職を譲り、浄土寺跡に東山山荘の造営を始めました。その後1490年(延徳2年)に義政が亡くなり、遺命によって禅寺に改められました。なお東山慈照寺の名称は足利義政の法号・慈照院(戒名・慈照院喜山道慶)に由来しています。
銀閣(観音殿)は1489年(長享3年)に建立され、江戸時代に数度改修されました。銀閣は木造二階建ての楼閣建築で、二階は当初外面・内面も黒漆塗だったそうです。なお銀閣は一階は住宅風様式で、心空殿(しんくうでん)と言われ、二階は禅宗様式(唐様)で、潮音閣(ちょうおんかく)と言われています。
銀閣寺(アクセス・見どころ・・・)
銀閣寺見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る