高台寺紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

高台寺紅葉

高台寺紅葉見ごろ(例年)・見どころ

高台寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。高台寺は庭園などの山内にヤマモミジ・イロハモミジなど約1,000本が植えられ、紅葉と東山を借景にした池泉回遊式庭園との光景が美しいと言われています。庭園内の臥龍池の水鏡には紅葉が映し出されます。なお高台寺では紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップを行っています。(要確認)(詳細下記参照)

【高台寺 紅葉見ごろ(例年)・2021年の予想】
高台寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年10月13日、ウェザーニュースは西日本では平年並から早いと予測しました。嵐山は11月21日頃です。
京都紅葉見ごろ2021

【高台寺紅葉見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市東山区高台寺下河原町526
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から高台寺は206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
路線・時刻表・運賃チェック

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約12分)・祇園四条駅(徒歩約12分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は京都河原町駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク

【高台寺 紅葉見ごろ(例年)・見どころ解説】
高台寺は京都を代表する紅葉の名所です。高台寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ちなみに標高は約73メートルです。
高台寺は庭園などの山内にヤマモミジ・イロハモミジなど約1,000本が植えられ、紅葉と東山を借景にした池泉回遊式庭園(名勝・史跡)との光景が美しいと言われています。池泉回遊式庭園の臥龍池(がりょういけ)の水鏡には紅葉が映し出されます。なお高台寺では紅葉が見ごろを迎える時期に高台寺の塔頭・円徳院(圓徳院)とともにライトアップを行っています。(要確認)
高台寺紅葉ライトアップ
池泉回遊式庭園は小堀遠州が作庭したと言われています。庭園の石・樹木は関白・豊臣秀吉が桃山時代に築城した伏見城から移されたとも言われています。石組みの見事さから桃山時代を代表する庭園とも言われています。なお池泉回遊式庭園には臥龍池(がりょういけ)・偃月池(えんげつち)などがあり、臥龍池には全長約60メートルの臥龍廊(がりょうろう)が架けられています。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期に庶民の行楽として人気になったと言われています。なお奈良時代末期成立の日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。
高台寺見どころ

●京都で人気の紅葉名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都紅葉名所・見ごろ

【高台寺 歴史・簡単概要】
高台寺(こうだいじ)は1606年(慶長11年)に関白・豊臣秀吉の正室・北政所(ねね)が1598年(慶長3年)に亡くなった秀吉の菩提を弔う為、曹洞宗の僧・弓箴善彊(きゅうしんぜんきょう)を開山として創建しました。北政所は当初実母・朝日局(吉子)が弔われている菩提寺・康徳寺(こうとくじ)に弔うとしたが、手狭だったことから岩栖院(がんせいいん)と敷地交換して現在の場所に創建しました。北政所は門前に伏見城の化粧御殿などを移して屋敷を構え、晩年の19年間を過ごして亡くなり、その後甥である備中足守藩第2代藩主・木下利房(きのしたとしふさ)が塔頭・円徳院(えんとくい)を創建しました。高台寺の名称は北政所が落飾後の1603年(慶長8年)に第107代・後陽成天皇から賜った院号・高台院湖月心尼(高台院快陽心尼)に由来しています。その後1624年(寛永元年)に臨済宗・建仁寺(けんにんじ)から建仁寺295世・三江紹益(さんこうじょうえき)を招き、曹洞宗から臨済宗に改めました。
高台寺は臨済宗建仁寺派の寺院です。
*参考・・・京都・高台寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【高台寺紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
京都・高台寺(アクセス・見どころ・・・)情報
*京都の紅葉名所では紅葉の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都紅葉ライトアップ2021

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る