熊野神社桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)

熊野神社桜見ごろ

熊野神社桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。熊野神社には境内に染井吉野が植えられ、桜と本殿・境内を囲む玉垣(瑞垣)などの光景が美しいと言われています。熊野神社は丸太町通と東大路通が交わる交差点(北西)に祀られ、境内からだけでなく、丸太町通・東大路通からも楽しむことができます。(詳細下記参照)

【熊野神社桜見ごろ時期 2020年(要確認)】
熊野神社の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2021年の桜見ごろは2021年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2021京都桜ライトアップ2021京都桜見ごろ・イベント京都桜名所

【熊野神社桜・熊野神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区聖護院山王町
最寄り駅・バス停・・・熊野神社前(徒歩約1分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から熊野神社は206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは31系統、201系統、203系統
*四条烏丸からは31系統、201系統、203系統
*河原町丸太町からは204系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄鴨東線の場合、最寄り駅は神宮丸太町駅(徒歩約5分)

スポンサーリンク

【熊野神社桜見ごろ時期】
熊野神社はあまり知られていない桜の名所です。熊野神社の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。熊野神社には境内に染井吉野(ソメイヨシノ)が植えられ、桜と本殿・境内を囲む玉垣(たまがき・瑞垣(みずがき))などの光景が美しいと言われています。熊野神社は丸太町通と東大路通が交わる交差点(北西)に祀られ、境内からだけでなく、丸太町通・東大路通からも楽しむことができます。なお熊野神社周辺では露店が出店されていることもあります。
本殿は江戸時代後期の1835年(天保6年)に下鴨神社(しもがもじんじゃ)に建立されていた旧本殿が移築されたものです。本殿は流造りです。下鴨神社では平安時代中期以降、21年毎に社殿を新しくする式年遷宮が行われています。
玉垣(瑞垣)は神社の周囲にめぐらされる垣のことです。玉垣には樹木をめぐらせたり、厚板などを並べたりするものがあります。
染井吉野(ソメイヨシノ)は江戸時代末期に東京染井村の植木職人が江戸彼岸と大島桜を交配させて生み出したと言われています。その後明治時代初期から日本各地に広まりました。なお染井吉野は当初桜の名所である奈良吉野山に因んで、吉野・吉野桜と言われていたが、その後染井村から染井吉野と言われるようになりました。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。

【熊野神社 歴史・簡単概要】
熊野神社(くまのじんじゃ)・権現さん(ごんげんさん)は平安時代初期の811年(弘仁2年)に修験道(しゅげんどう)の始祖である役行者(えんのぎょうじゃ)・役小角(えんのおづぬ)の十世僧・日円上人(にちえんしょうにん・日圓上人)が紀州・熊野権現(熊野大神)を勧請したのが起源とも言われています。1090年(寛治4年)に白河上皇(第72代・白河天皇)の勅願によって聖護院(しょうごいん)が創建されると聖護院の守護神になり、別当職(べっとうしょく)が置かれました。平安時代後期に後白河法皇(第77代・後白河天皇)が度々熊野詣(くまのもうで)をすると篤く崇敬されました。室町時代前期の1396年(応永3年)に室町幕府3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)から広大な社地を寄進されたが、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって社殿が焼失しました。その後江戸時代前期の1666年(寛文6年)に聖護院宮道寛法親王(しょうごいんのみやどうかんほうしんのう)が再興し、1835年(天保6年)に大修造が行われました。なお熊野神社は我国最初の夫婦神である伊弉諾尊(いざなぎのみこと)・伊弉冉尊(いざなみのみこと)とその御子神・天照大神(あまてらすおおかみ)を祀っています。
*参考・・・熊野神社

【熊野神社桜見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
熊野神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ページ上部へ戻る