桑田神社紅葉見ごろ

桑田神社紅葉(見ごろ・ライトアップ・アクセス・・・)情報を紹介しています。桑田神社には境内にモミジなどが分布し、紅葉と参道(石段)・鳥居・狛犬・石灯篭・本殿などの光景が美しいと言われています。参道(石段)などに散りモミジ(敷きモミジ)が敷き詰められます。桑田神社が高台に建立され、亀岡盆地や保津川を一望できます。(詳細下記参照)

【桑田神社紅葉見ごろ 2019年(要確認)】
桑田神社紅葉は例年11月中旬頃に見ごろを迎えます。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年の紅葉見ごろ情報は9月上旬頃から情報発信します。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【桑田神社紅葉・桑田神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府亀岡市篠町山本北条50-51
最寄り駅・バス停・・・馬堀駅(徒歩約15分)

バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR嵯峨野線

スポンサーリンク


【桑田神社紅葉見ごろ・見どころ】
桑田神社は紅葉の名所です。桑田神社は亀岡市の隠れた紅葉の名所です。紅葉は例年11月中旬頃に見ごろを迎えます。桑田神社には境内にモミジなどが分布し、紅葉と参道(石段)・鳥居・狛犬・石灯篭・本殿などの光景が美しいと言われています。参道(石段)などに散りモミジ(敷きモミジ)が敷き詰められます。桑田神社が高台に建立され、亀岡盆地や保津川を一望できます。またJR嵯峨野線・嵯峨野観光鉄道を行きかう列車・トロッコ列車を眺めることもできます。なお保津川を下る保津川下りの舟からも眺めることができるそうです。
本殿は1952年(昭和27年)10月に再建されました。本殿は主祭神に市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)、配祀神に大山咋命(おおやまくいのみこと)・大山祇命(おおやまつみのみこと)を祀っています。なお本殿は本殿は流造です。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【桑田神社 歴史・簡単概要】
桑田神社(くわだじんじゃ・くわたじんじゃ)は起源が明確ではありません。桑田神社は「延喜式神名帳(927年(延長5年))」に「丹波国桑田郡 桑田神社」と記されて式内社に列し、それ以前から祀られたとも言われています。また桑田神社は元宮とも言われる桑田神社(京都府亀岡市篠町馬堀東垣内3)から勧請されて祀られたとも言われています。江戸時代中期の天明年間(1781年~1789年)に社殿が焼失したとも言われています。桑田神社は明治時代前まで保津川(ほづがわ)対岸に祀られている請田神社(うけたじんじゃ・浮田神社)と同じ社名を名乗っていたが、明治時代以降に桑田神社に社名を改めました。ちなみに請田神社は社伝によると709年(和銅2年)に創建されたとも言われています。桑田神社は1950年(昭和25年)のジェーン台風によって本殿・拝殿ともに全壊し、1952年(昭和27年)10月に現在の本殿、1962年(昭和37年)10月に拝殿は再建されました。桑田神社は主祭神である市杵島姫命(いちきしまひめのみこと)・大山咋命(おおやまくいのみこと)・大山祇命(おおやまつみのみこと)を祀っています。大山咋命・市杵島姫命は鍬山神社(くわやまじんじゃ)の祭神である大己貴命(おおなむちのみこと・大国主神(おおくにぬしのかみ))ととともに保津峡を切開き、亀岡盆地を干拓したとも言われています。ちなみに鍬山神社によると大己貴命は鍬で請田峡(保津峡)を切り開き、水を流し耕作田として住民に与えとも言われていますです。
*参考・・・桑田神社(アクセス・歴史・・・)桑田神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【桑田神社紅葉見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
桑田神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る