円山公園桜見ごろ2023(時期:4月上旬頃)祇園の枝垂桜

円山公園桜

円山公園桜見ごろ(見頃)

円山公園桜見ごろ(時期・ライトアップ・桜まつり・・・)情報を紹介しています。桜見ごろは例年4月上旬頃です。円山公園は祇園の枝垂桜・染井吉野・山桜など約680本の桜の木が植えられ、高さ約12メートル・枝張り10メートルの祇園の枝垂桜などが美しいと言われています。なお桜見ごろにライトアップ・かがり火を行っています。(要確認)(詳細下記参照)

【円山公園桜見ごろ(例年時期)・2023年開花満開予測】
円山公園の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお京都の桜開花・満開・見ごろ情報は2023年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2023(清水寺・哲学の道・原谷苑・・・)
●円山公園(京都市都市緑化協会)instagramで桜の開花・満開をリアルタイムチェック。
円山公園(京都市都市緑化協会)instagram(インスタグラム)

【円山公園桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市東山区円山町
最寄り駅・バス停・・・祇園(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から円山公園は100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)
*四条河原町・四条烏丸・四条堀川・四条大宮からは46系統、201系統、203系統、207系統
*河原町丸太町・烏丸丸太町・堀川丸太町からは202系統
路線・時刻表・運賃チェック

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約12分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は京都河原町駅(徒歩約15分)
*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は東山駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク

【円山公園桜見ごろ(例年時期)・見どころ解説】
円山公園は京都を代表する桜の名所です。円山公園の桜見ごろは例年4月上旬頃です。
円山公園では祇園の枝垂桜(ギオンノシダレザクラ)・染井吉野(ソメイヨシノ)・山桜(ヤマザクラ)など約680本の桜の木が植えられ、祇園の枝垂桜と園内の光景などが美しいと言われています。祇園の枝垂桜は樹齢約100年で、樹高約12メートル・幹回り約2.8メートル枝張り約10メートルです。祇園の枝垂桜は日本画家・東山魁夷(ひがしやまかいい)がノーベル賞作家・川端康成(かわばたやすなり)に勧められ、代表作とも言われる「花明り」に描きました。円山公園では桜の見ごろにライトアップ・かがり火を行っています。(要確認)円山公園では屋台露店や花見茶屋で飲食を楽しむことができます。(要確認)なお円山公園では前日からの場所取りやブルーシートの使用は全面禁止で、古ゴザ提供ボックスによる無料でゴザの貸出しが行われます。(要確認)
円山公園桜ライトアップ
●祇園の枝垂桜(祇園のしだれ桜)は江戸彼岸(エドヒガン)の一種を糸桜(イトザクラ)に改良した一重白彼岸枝垂桜(ヒトエシロヒガンシダレザクラ)という桜の品種です。ちなみに現在の祇園の枝垂桜は2代目で、歴史はあまり古くないが、それでも樹齢約100年になります。初代・祇園の枝垂桜は古く「祇園の夜桜」とも言われ、女流歌人・与謝野晶子(よさのあきこ)が愛で、「清水へ 祇園をよぎる 桜月夜 こよひ逢ふひと みなうつくしき」と詠みました。しかし1947年(昭和22年)に枯死したことから1959年(昭和34年)3月6日に2代目・祇園の枝垂桜が植えられました。2代目・祇園の枝垂桜は初代・祇園の枝垂桜の種子を1927年(昭和2年)から育成したもので、京都の桜守とも言われる15代・佐野藤右衛門(さのとうえもん)から寄贈されました。ちなみに3代目・祇園の枝垂桜は二条駅前に植えられています。なお初代・祇園の枝垂桜は歴史が古く、元々八坂神社にあった三院・五坊(宝光院・神福院・宝寿院・竹坊・松坊・東梅坊・西梅坊・新坊)に数えられた宝寿院(廃寺)に植えられていました。初代・祇園の枝垂桜は樹齢約200年・高さ約12メートル・根周り約4メートルで、国の天然記念物に指定されるほどの銘木でした。初代・祇園の枝垂桜の兄弟木は京都府綴喜郡井手町にある井出地蔵禅院(じぞうぜんいん)に残されています。
井出地蔵禅院桜見ごろ
●佐野籐右衛門は植藤造園の当主が襲名しています。植藤造園は1832年(天保3年)3月1日に創業し、代々植木職人として世界遺産である仁和寺に仕え、造園工事に携わってきました。なお佐野籐右衛門邸は桜名所になっています。
●花見茶屋では音和が営業し、おでん・焼き鳥などの食べ物や日本酒・焼酎・ワインなどのアルコールを楽しむことができます。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ(嵐山・仁和寺・醍醐寺・・・)

【円山公園 歴史・簡単概要】
円山公園(まるやまこうえん)・圓山公園は京都府京都市東山区にある京都市内最古の公園です。円山公園はかつて八坂神社(やさかじんじゃ)・安養寺(あんようじ)・長楽寺(ちょうらくじ)・雙林寺(そうりんじ)の敷地でした。しかし1871年(明治4年)の上知令(じょうちれい・あげちれい)により、寺社の敷地の一部が政府に没収され、1886年(明治19年)12月25日に公園として開園しました。その後1887年(明治20年)に日本政府から京都市へ移管され、京都市初の都市公園になりました。1912年(大正元年)に庭師・小川治兵衛(おがわじへえ)によって池泉回遊式の日本庭園が作庭され、1927年(昭和2年)に円山公園音楽堂が開堂しました。また料亭・茶店なども整備され、幕末に京都で活躍した坂本龍馬(さかもとりょうま)・中岡慎太郎(なかおかしんたろう)の銅像も建立されました。ちなみに一重白彼岸枝垂桜(ひとえしろひがんしだれざくら)は祇園の枝垂桜(2代目)と言われ、例年桜の見ごろに桜ライトアップが行われています。なお円山公園は国の名勝に指定されています。
*参考・・・円山公園(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【円山公園桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
円山公園(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023(清水寺・円山公園・東寺・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る