美山かやぶきの里コスモス見ごろ(9月中旬~10月中旬頃)

美山かやぶきの里コスモス

美山かやぶきの里コスモス見ごろ(例年)・見どころ

美山かやぶきの里コスモス見ごろ(時期・イベント・・・)を紹介しています。美山かやぶきの里では茅葺き民家や田んぼの周辺にコスモスやキバナコスモスが分布し、ピンク・紫・白・黄色など色とりどりの花を咲かせます。コスモス・キバナコスモスと茅葺き民家などの里山の光景が美しいと言われています。美山かやぶきの里では自転車で散策するのもおすすめです。(詳細下記参照)

【美山かやぶきの里 コスモス見ごろ(例年)】
美山かやぶきの里のコスモス見ごろは例年9月中旬頃から10月中旬頃です。なおコスモス見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
京都コスモス名所・見ごろ

【美山かやぶきの里コスモス見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府南丹市美山町北
最寄り駅・バス停・・・北・かやぶきの里

アクセス路線は次の通りです。
*JR園部駅・JR日吉駅から南丹市営バス

*京阪京都交通(園部美山周遊バス・予約制)の場合、JR園部駅からかやぶきの里

スポンサーリンク

【美山かやぶきの里 コスモス見ごろ(例年)・見どころ解説】
美山かやぶきの里はコスモス(秋桜)の名所です。美山かやぶきの里のコスモス見ごろは例年9月中旬頃から10月中旬頃です。美山かやぶきの里は日本海側に近く、標高が約250メートルあることから京都市内よりも早く見ごろを迎えます。美山かやぶきの里は京都市内(京都駅)よりも気温が約1.5度低くなります。
美山かやぶきの里では茅葺き民家や田んぼの周辺にコスモスやキバナコスモスが分布し、ピンク・紫・白・黄色など色とりどりの花を咲かせます。コスモス・キバナコスモスと茅葺き民家などの里山の光景が美しいと言われています。美山かやぶきの里では面積約2ヘクタールの休耕田にソバ(蕎麦)が植えられ、白いソバの花とコスモス・キバナコスモスを一緒に楽しめる場合があります。また彼岸花・ススキも一緒に楽しめる場合があります。美山かやぶきの里では自転車で散策するのもおすすめです。
ソバは2002年(平成14年)から休耕田で栽培されています。ソバは例年8月上旬頃に種を撒き、例年9月中旬頃から花を咲かせるそうです。ソバは例年11月下旬頃に地元の蕎麦屋(お食事処きたむら)で味わうことができるそうです。
コスモスはキク科コスモス属の春まき一年草の植物です。コスモスは熱帯アメリカ(メキシコ)原産です。1789年にメキシコからスペインのマドリード王立植物園に送られ、1791年にアントニオ・ホセ・カヴァニレスがコスモス(Cosmos)と名付け、1887年(明治20年)頃に美術学校教師・ラグザーがイタリアから日本に伝えたと言われています。コスモスは高さ1~2メートルで、葉は二回羽状複葉(うじょうふくよう)で、裂片(れつへん)
が線形の葉を対生しています。花は茎の上部から出た枝の先端に径4~8センチの頭状花(とうじょうか)がつき、頭状花周辺に8個の舌状花(ぜつじょうか)が大きく開きます。頭状花は黄色、舌状花は白色・紅色・淡紅色・紅紫色などがあり、大輪咲き・八重咲き・コラレット咲きなどの園芸種があります。コスモスは元来短日植物で秋に開花するが、最近は品種改良が進み、日長に関係なく播種後70日ほどで開花する早咲き品種などもあります。コスモスは秋の季語になっています。
キバナコスモスはキク科コスモス属の多年草または一年草です。キバナコスモスはメキシコ原産です。標高1,600メートル以下の地域に自生し、18世紀末にスペイン・マドリードの植物園に送られ、大正時代に日本に輸入されたと言われています。キバナコスモスは夏から秋に直径3~5センチの黄色・オレンジ色の一重咲き・八重咲き花を咲かせます。

【美山かやぶきの里 歴史・簡単概要】
美山かやぶきの里(みやまかやぶきのさと)は京都府南丹市美山町にあるかやぶき屋根の山村集落です。美山町はかつて北桑田郡(きたくわだぐん)に属していたが、2006年(平成18年)の合併によって南丹市(なんたんし)になりました。旧・美山町は京都府内で一番大きな町村(約340.47平方キロ)で、町域の中央部を丹波高地(たんばこうち)に属する標高約775.9メートルの三国岳(みくにだけ)西側の杉尾峠(すぎおとおげ)を源とする一級河川・由良川(ゆらがわ・美山川)が流れ、由良川沿いに茅葺き民家約250棟が立ち並んでいました。美山町の知井地区・北村は茅葺き(かやぶき)民家の多く、50戸の内の39戸が茅葺き民家です。茅葺き民家は約220年前の江戸時代(1603年~1868年)後期から150年前の明治時代(1868年~1912年)に建てられました。北村は1993年(平成5年)に茅葺き民家と周囲の水田・山林を含む集落全体127.5ヘクタールが国の重要伝統的建造物群保存地区として選定されました。また美山・かやぶきの里を訪ねるみちとして、美しい日本の歩きたくなるみち500選にも選ばれています。ちなみに北村では「有限会社かやぶきの里」を設立し、茅葺き民家の維持管理や観光施設としての運営を組織的に行っているそうです。また北村にはかやの里・美山民俗資料館などの施設もあります。なお北村では冬季にかやぶきの里雪灯廊を行っています。また5月と12月に火災予防講習と放水銃の一斉点検の為に一斉放水も行っています。
*参考・・・美山かやぶきの里 北村ホームページ

【美山かやぶきの里コスモス見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
美山かやぶきの里(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 嵐山紅葉

    嵐山紅葉見ごろ2021遅め(11月中旬~下旬頃)

ページ上部へ戻る