高山寺明恵上人命日忌法要2017/1/19(日程・時間・・・)

高山寺

高山寺明恵上人命日忌法要

高山寺明恵上人命日忌法要(日程・時間・・・)を紹介しています。明恵上人命日忌法要は毎年1月19日に行われています。明恵上人命日忌法要では先ず開山堂で法要が行われ、その後開山堂の上にある墓所でも法要が行われます。恵上人命日忌法要では参拝者も焼香することができます。(詳細下記参照)

【高山寺明恵上人命日忌法要2017 日程時間(要確認)】
高山寺明恵上人命日忌法要2017は2017年1月19日(木曜日)10:30から行われます。

【高山寺明恵上人命日忌法要 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市右京区梅ヶ畑栂尾町8
最寄り駅・バス停・・・栂ノ尾(徒歩すぐ)

JRバスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅・四条大宮から高山寺は高雄京北線 栂ノ尾・周山行き
西日本JRバス・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【高山寺明恵上人命日忌法要 歴史・簡単概要】
高山寺明恵上人命日忌法要(みょうえしょうにんめいにちきほうよう)は明恵上人の命日に明恵上人を偲ぶ法要です。
明恵上人命日忌法要では先ず開山堂で法要が行われます。その後開山堂上にある明恵上人の墓所・御廟でも法要が行われます。御廟の覆屋の中には五輪塔を収められているそうです。恵上人命日忌法要では参拝者も焼香することができます。なお明恵上人命日忌法要では鎌倉時代に造られた明恵上人坐像(重要文化財)も開扉されます。
明恵上人は平安時代末期から鎌倉時代の華厳宗の僧で、高山寺中興の祖とも、華厳中興の祖とも言われています。明恵上人は1173年(承安3年)2月21日(旧暦の1173年(承安3年)1月8日)に父・平重国と母・湯浅宗重の娘の子として生まれ、1181年(養和元年)に神護寺で叔父・上覚(じょうかく)を師事し、1188年(文治4年)に出家して東大寺戒壇院で具足戒を受け、「摧邪輪(ざいじゃりん)」・「華厳仏光三昧観秘宝蔵」・「華厳唯心義」などを記しました。また明恵上人は40年の夢想を記録した「夢記」も記しました。
開山堂は明恵上人が晩年を過ごし、終焉の地とも言われています。開山堂は明恵上人坐像を安置しています。なお開山堂では命日忌法要だけでなく、1月8日に生誕会(たんじょうえ)も行われています。

【高山寺 歴史・簡単概要】
高山寺(こうざんじ・こうさんじ)は774年(宝亀5年)に第49代・光仁天皇の勅願によって創建され、神願寺都賀尾坊(じんがんじとがのおぼう)と称したのが起源とも言われています。814年(弘仁5年)に神願寺都賀尾坊から都賀尾十無尽院(とがのじゅうむじんいん)に名称を改めました。平安時代後期に神護寺(じんごじ)の別院になり、神護寺十無尽院(じんごじじゅうむじんいん)と称されました。ちなみに神護寺は824年(天長元年)に和気清麻呂(わけのきよまろ)の五男・真綱(まつな)と六男・仲世(なかよ)の要請により、いずれも和気氏の私寺であった神願寺と高雄山寺が合寺し、神護国祚真言寺(じんごこくそしんごんじ)に名称を改めたのが起源です。その後1206年(建永元年)に明恵上人(みょうえしょうにん)が後鳥羽上皇(第82代・後鳥羽天皇)の院宣により、神護寺十無尽院を賜り、華厳宗の根本道場として再興しました。高山寺の名称は後鳥羽上皇から賜った勅額「日出先照高山之寺(日、出でて、まず高き山を照らす)」に由来しています。なお高山寺は1994年(平成6年)世界遺産条約により、ユネスコ世界文化遺産(古都京都の文化財)のひとつに登録されました。
高山寺は真言宗系の単立の寺院です。
*参考・・・高山寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ高山寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【高山寺明恵上人命日忌法要 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
高山寺(アクセス・見どころ・・・)情報
高山寺見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る