霊山観音

霊山観音

霊山観音(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)霊山観音のパワースポット・願いの玉(金色の如意宝珠)に手を当てて願い念じながら廻ると願いが叶うと言われています。なお霊山観音は高さ約24メートル・重さ約500トンで、鉄骨ショットコンクリート打工法で造られ、境内以外からも見ることができます。

【霊山観音 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区高台寺下河原町526-2
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約17分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約20分)

【霊山観音 拝観時間・時間(要確認)】
8:40~16:20 受付16:00終了

【霊山観音 拝観料金・料金(要確認)】
一般200円(線香付き)、高校生以下150円(線香なし)

スポンサーリンク


【霊山観音 歴史・簡単概要】
霊山観音(りょうぜんかんのん)は1955年(昭和30年)帝産グループ創設者・石川博資(いしかわひろすけ)が第二次世界大戦の戦没者・戦争犠牲者を追悼・慰霊する為に建立しました。観音坐像の下にある内陣には本尊・十一面観音が安置されています。また観音坐像の胎内には十二支の守り本尊(子・千手観音菩薩、丑寅・虚空蔵菩薩、卯・文殊菩薩辰巳・普賢菩薩、午・勢至菩薩、未申・大日如来、酉・不動明王、戌亥・阿弥陀如来)も安置されています。なお石川博資は1916年(大正5年)南米に渡り、中国・東南アジアを巡った後、1934年(昭和9年)帝国産金鉱業を皮切りに帝産グループを創設しました。
*参考・・・霊山観音(アクセス・歴史・・・)ホームページ霊山観音(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【霊山観音 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
霊山観音の見どころは霊山観音です。霊山観音は西向きに建立された坐像です。

【霊山観音 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-561-2205

【霊山観音 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
京都パワースポット

【霊山観音 おすすめ散策ルート】
霊山観音からのおすすめ散策ルートは二寧坂(二年坂)・産寧坂(三年坂)を経由し、清水寺に向かうルートです。30分ほど散策すれば、世界遺産である清水寺に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なおルート周辺には八坂の塔(法観寺)・坂本龍馬の墓(京都霊山護国神社)があり、それらを散策しながら清水寺に向かうのもいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る