晴明神社初詣2022/1/1~(日程・・・)

晴明神社初詣

晴明神社初詣(日程・時間・・・)を紹介しています。初詣は毎年元日の1月1日から始まります。初詣では例年大勢の参拝者が訪れるとも言われています。晴明神社は平安時代の陰陽師・安倍晴明を祀り、魔除け・厄除けにご利益があるとも言われています。魔除け・厄除けの果物とされる厄除桃も設置されています。(詳細下記参照)

【晴明神社初詣2022 日程時間(要確認)】
晴明神社初詣2022(●コロナによる実施の有無・変更要確認)は2022年(令和4年)1月1日(土曜日)00:00から始まります。
京都初詣ランキング

【晴明神社初詣 アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市上京区晴明町806番地1
最寄り駅・バス停・・・一条戻橋・晴明神社前(徒歩約2分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から晴明神社は9系統(B1乗り場)
*四条河原町からは12系統
路線・時刻表・運賃チェック

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は今出川駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク

【晴明神社初詣 歴史・簡単概要】
晴明神社初詣(はつもうで)は新年の元日1月1日から始まります。初詣は12月31日の夜から混雑します。初詣では例年大勢の参拝者が訪れるとも言われています。晴明神社は平安時代の陰陽師(おんみょうじ)・安倍晴明(あべのせいめい)を祀り、魔除け・厄除けにご利益があるとも言われています。祭神・安倍晴明は生前に天皇から貴族・庶民に至るまでその悩み・苦しみを取り払ったとも言われています。晴明神社には祭神・安倍晴明がお稲荷さまの生まれ変わりとも言われて末社・齋稲荷社(いつきいなりしゃ)が祀られています。更に魔除け・厄除けの果物とされる厄除桃が本殿前に設置され、病気平癒のご利益があるとも言われる晴明井が二の鳥居近くにあります。
晴明神社では1月1日8:00に歳旦祭(さいたんさい)が行われます。(要確認)歳旦祭では1月1日6:00に晴明井から汲み上げた若水を神前に供え、四方を拝してその年の国家の安泰を祈願します。
初詣は新年の年明け後に神社などに初めて参拝する風習で、初参り(はつまいり)とも言われます。初詣は各家の家長が旧年の大晦日から新年の元日に掛け、氏神である神社などに籠もって祈願する年籠り(としごもり)が起源とも言われています。その後年籠りは大晦日の除夜詣(じょやもうで)と元日の元日詣(がんじつもうで)に分かれ、元日詣が初詣になったと言われているそうです。なお初詣は陰陽道で幸運のもたらと言われている年神のやってくる方角・恵方(えほう)にある神社などがよいとされているそうです。

【晴明神社 歴史・簡単概要】
晴明神社(せいめいじんじゃ)は平安時代中期の1007年(寛弘4年)に第66代・一条天皇(いちじょうてんのう)の命により、1005年(寛弘2年)に亡くなった陰陽師・安倍晴明(あべのせいめい)の遺業を讃え、その屋敷跡に社殿を造営したのが起源と言われています。ちなみに安倍晴明は第8代・孝元天皇(こうげんてんのう)の皇子・大彦命(おおびこのみこと)の御後胤とも言われ、天体の星や雲の動きを観察し、宮殿の異変や遠方での吉凶を言い当てたとも言われています。晴明神社は当初東は堀川通・西は黒門通・北は元誓願寺通・南は中立売通という広大な社地を有していたが、度重なる兵火や関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の命によって社地は縮小し、社殿も荒廃しました。幕末以降氏子が中心になって社殿を整備し、1950年(昭和25年)には社地も拡張されました。なお晴明神社は安倍晴明御霊神を祀り、魔除け・厄除けのご利益があるとも言われています。
*参考・・・京都・晴明神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【晴明神社初詣 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
晴明神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る