天龍寺歴史年表(創建~現在)

天龍寺

天龍寺歴史

天龍寺歴史(天龍寺の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)天龍寺は元々平安時代初期に檀林皇后が創建した壇林寺があった場所でした。その後1339年(暦応2年)夢窓疎石の勧めにより、足利尊氏が後醍醐天皇を弔う為に離宮・亀山殿を寺に改めたのが起源です。

【天龍寺歴史 年表】
(天龍寺歴史・創建以前)
天龍寺(てんりゅうじ)は平安時代初期の承和年間(834年~847年)に第52代・嵯峨天皇の后である檀林皇后(だんりんこうごう)・橘嘉智子(たちばなのかちこ)が創建した日本最初の禅寺・壇林寺(だんりんじ)があった場所でした。しかし壇林寺は荒廃し、その後は第60代・醍醐天皇の皇子・前中書王兼明親王(さきのちゅうしょおうかねあきらしんのう)の亀山山荘、後嵯峨上皇(第88代・後嵯峨天皇)の仙洞御所、亀山上皇(第90代・亀山天皇)の離宮・亀山殿(かめやまどの)が造営されました。亀山は天龍寺近くの小倉山が亀の甲に似ていることに由来するそうです。

(天龍寺歴史・創建)
1335年(建武2年)南朝初代で、第96代・後醍醐天皇が亀山殿内に臨川寺(りんせんじ)を創建したが、その後1339年(暦応2年)に吉野・金輪王寺で亡くなります。1339年(暦応2年)足利尊氏が後醍醐天皇を弔う為に夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石を開山として、離宮・亀山殿を天龍寺に改めて創建しました。尊氏は後醍醐天皇による建武の新政と対立し、天皇から尊氏追討の命が出されていたが、夢窓疎石の強い勧めによって創建したそうです。天龍寺は当初元号から暦応資聖禅寺(れきおうししょうぜんじ)と称したが、その後尊氏が弟で、副将軍と称された足利直義(あしかがただよし)が見たという大堰川から天に昇る金龍の夢から天龍資聖禅寺(てんりゅうししょうぜんじ)に改められました。なお名称の変更には最初の年号寺である比叡山延暦寺などの反発があったとも言われています。
1341年(暦応4年)足利直義によって五山十刹の第2位に列せられ、1358年(正平13年)室町幕府第2代将軍・足利義詮(あしかがよしあきら)によって京都五山の第2位に列せられ、1386年(元中3年)には京都五山(天龍寺・相国寺・建仁寺・東福寺・万寿寺)の第1位に列せられました。

スポンサーリンク


(天龍寺歴史・その後)
応仁の乱の兵火などによって度々焼失し、応仁の乱後はしばらくは災禍に見舞われることはありませんでした。しかし江戸時代末期の1815年(文化12年)に焼失し、1864年(元治元年)の禁門の変(蛤御門の変)では長州藩の兵が天龍寺に立て篭もったことから幕府軍などから攻撃され、多くの伽藍が焼失しました。なお現在の伽藍の多くは明治時代以降に再建されました。

【天龍寺歴史 庭園】
●曹源池庭園(そうげんちていえん)は夢窓国師(むそうこくし)・夢窓疎石(むそうそせき)が最晩年に作庭したと言われています。曹源池庭園は1799年(寛政11年)の「都林泉名勝図会(みやこりんせんめいしょうずえ)」に描かれています。

【天龍寺歴史 文化財】
●法堂は1864年(元治元年)の禁門の変(蛤御門の変)によって焼失し、江戸時代後期に建立された雲居庵禅堂(選佛場)を明治時代に移して再建されました。なお雲龍図・八方睨みの龍は1997年(平成9年)天龍寺開山夢窓国師650年遠諱記念事業として、日本画家・版画家である加山又造(かやままたぞう)が描きました。
●大方丈は1899年(明治32年)、小方丈は1924年(大正13年)に建立されました。
●庫裏(くり)は1899年(明治32年)に建立されました。
●多宝殿は1934年(昭和9年)に建立されました。
●龍門亭(りゅうもんてい)は2000年(平成12年)開山夢窓国師650年遠諱記念事業として建てられました。
●勅使門は慶長年間(1596年~1614年)に建てられた御所・明照院の禁門を1641年(寛永18年)に移しと言われています。
●中門は慶長年間(1596年~1614年)に建立されたと言われています。中門は天龍寺山内では古い建物のひとつです。
●祥雲閣(しょううんかく)・甘雨亭(かんうてい)は1934年(昭和9年)多宝殿を建立した際の記念事業として建てられました。
●八幡社は1344年(康永3年)に夢窓疎石の霊夢によって造営されたと言われています。八幡社はかつて亀山山頂に祀られていたが、1875年(明治8年)に現在の場所に移されました。
●百花苑(ひゃっかえん)は1983年(昭和58年)北門を建立した際に整備されました。

【天龍寺歴史 苔寺(西芳寺)】
天龍寺の塔頭のひとつが苔寺(こけでら)です。なお苔寺は聖徳太子の別荘に聖徳太子作の阿弥陀如来像を安置したのが起源とも、奈良時代に行基が聖武天皇の勅願より、別荘を寺院に改め、行基作の弥陀三尊を安置したのが起源とも言われています。ちなみに苔寺は天龍寺と同じく、世界遺産です。
天龍寺歴史・苔寺

【天龍寺歴史 塔頭】
天龍寺には苔寺以外にも塔頭があり、節分の日に天龍寺七福神めぐりが行われています。
●妙智院(みょうちいん)は室町時代に竺雲等連(じくうんとうれん)が堺の貿易商・雲栖軒奇峯道夏居士の外護によって創建しました。
天龍寺歴史・妙智院
●寿寧院(じゅねいいん)は貞治年間(1362年~1367年)に龍湫周沢(りゅうしゅうしゅうたく)が創建しました。
天龍寺歴史・寿寧院
●永明院(ようめいいん)は1413年(応永20年)太岳周祟(たいがくしゅうそう)が創建しました。
天龍寺歴史・永明院
●松厳寺(しょうげんじ)は1353年(正平8年)公家・四辻善成(よつつじよしなり)が晦谷祖曇(まいこくそどん)を開山として開基しました。
天龍寺歴史・松厳寺
●慈済院(じさいいん)は1363年(正平18年)天龍寺第2世・無極志玄(むごくしげん)が開基しました。
天龍寺歴史・慈済院
●弘源寺(こうげんじ)は1429年(永享元年)室町幕府管領・細川持之が夢窓疎石の法孫・玉岫禅師(ぎょくしゅうえいしゅ)を招聘して創建しました。
天龍寺歴史・弘源寺
●三秀院(さんしゅういん)は1363年(正平18年)不遷法序(ふせんほうじょ)が創建しました。
天龍寺歴史・三秀院

【天龍寺歴史 備考】
*参考・・・天龍寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ天龍寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia
天龍寺基本情報天龍寺見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る