カテゴリー:天龍寺

  • 天龍寺

    天龍寺見所ランキング(庭園・法堂・・・)

    天龍寺見所ランキングを簡単に紹介します。天龍寺見所ランキングは1位が前庭・曹源池庭園(そうげんちていえん)から構成されている庭園(特別名勝・史跡)、2位が直径9メートルの二重円の中に八方睨みの龍が描かれている法堂、3位が山内・山外に建立されている苔寺(西芳寺)・三秀院など塔頭(たっちゅう)です。
  • 天龍寺

    天龍寺歴史年表(創建~現在)

    天龍寺歴史(天龍寺の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)天龍寺は元々平安時代初期に檀林皇后が創建した壇林寺があった場所でした。その後1339年(暦応2年)夢窓疏石の勧めにより、足利尊氏が後醍醐天皇を弔う為に離宮・亀山殿を寺に改めたのが起源です。
  • 南芳院

    南芳院・天龍寺(アクセス・見どころ・歴史・・)

    南芳院にはかつて妙心寺開山・関山慧玄(かんざんえげん)が天龍寺・夢窓疏石(むそうそせき)を訪問する際、油掛地藏尊の前を流れる川で足を洗っていた「洗脚石」が保存されていました。なお「洗脚石」は現在妙心寺の塔頭・大龍院にあります。
  • 等観院

    等観院・天龍寺(アクセス・見どころ・歴史・・)

    等観院の開山とも言われている天龍寺20世・徳叟周佐(とくそうしゅうさ)は夢窓国師・夢窓疏石を師事し、その法を嗣ぎ、天龍寺・南禅寺の住持などを歴任しました。なお等観院の「等観」は仏教用語で、「ものごとを見極め、何事も等しく観る」という意味だそうです。
  • 金剛院

    金剛院・天龍寺(アクセス・見どころ・歴史・・)

    金剛院縁の光厳法皇は持明院統の後伏見天皇の第3皇子で、南北朝時代の北朝初代天皇とされています。なお持明院統(北朝)の光明天皇と大覚寺統(南朝)の後醍醐天皇が並立したことから南北朝時代が約60年続きます。
  • 天龍寺

    天龍寺見どころ・簡単まとめ(庭園・・・)

    天龍寺見どころ・簡単まとめ情報です。(修学旅行から一人旅まで)天龍寺見どころ・曹源池庭園(特別名勝・史跡)は大方丈・小方丈に面した曹源池を中心とした広さ約1,200坪の池泉回遊式庭園です。天龍寺は1815年(文化12年)の火災や1864年(元治元年)の禁門の変で焼失し、曹源池庭園が最大の天龍寺見どころです。
  • 三秀院

    三秀院・天龍寺(アクセス・見どころ・歴史・・)

    三秀院の東向大黒天は節分に行われる天龍寺七福神めぐりのひとつです。なお東向大黒天以外には妙智院の宝徳稲荷・弘源寺の毘沙門天・松厳寺の福禄寿・寿寧院の赤不動明王・慈済院の水摺大弁財天・永明院の恵比寿があります。
  • 慈済院

    慈済院・天龍寺(アクセス・見どころ・歴史・・)

    慈済院の水摺大弁財天は節分に行われる天龍寺七福神めぐりのひとつです。なお水摺大弁財天以外には三秀院の東向大黒天・弘源寺の毘沙門天・松厳寺の福禄寿・妙智院の宝徳稲荷・寿寧院の赤不動明王・永明院の恵比寿があります。
  • 松厳寺

    松厳寺・天龍寺(アクセス・見どころ・歴史・・)

    厳寺を創建した四辻善成は和学者であり、歌人で、「源氏物語」の注釈書のである「河海抄(かかいしょう)」や源氏の秘説を集めた「珊瑚秘抄語(さんごひしょう)」を記しています。なお松厳寺の福禄寿天は節分に行われる天龍寺七福神めぐりのひとつです。
  • 永明院

    永明院・天龍寺(アクセス・見どころ・歴史・・)

    永明院の恵比寿は節分に行われる天龍寺七福神めぐりのひとつです。なお恵比寿以外には三秀院の東向大黒天・弘源寺の毘沙門天・松厳寺の福禄寿・妙智院の宝徳稲荷・慈済院の水摺大弁財天・寿寧院の赤不動明王があります。
  • 寿寧院

    寿寧院・坂本龍馬(アクセス・見どころ・概要・・・)

    寿寧院の赤不動明王は節分に行われる天龍寺七福神めぐりのひとつです。なお赤不動明王以外には三秀院の東向大黒天・弘源寺の毘沙門天・松厳寺の福禄寿・妙智院の宝徳稲荷・慈済院の水摺大弁財天・永明院の恵比寿があります。
  • 妙智院

    妙智院・天龍寺(アクセス・見どころ・歴史・・)

    妙智院の宝徳稲荷は節分に行われる天龍寺七福神めぐりのひとつです。なお宝徳稲荷以外には三秀院の東向大黒天・弘源寺の毘沙門天・松厳寺の福禄寿・寿寧院の赤不動明王・慈済院の水摺大弁財天・永明院の恵比寿があります。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る