東寺歴史年表(創建~現在)弘法大師・空海

東寺見どころ

東寺歴史

東寺歴史を紹介しています。東寺は796年(延暦15年)に第50代・桓武天皇の発願により、西寺とともに国家鎮護の官寺として、羅城門の東に建立されました。823年(弘仁14年)に真言宗の宗祖である弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇から東寺を賜りました。
京都世界遺産・東寺基本情報東寺見どころ

【東寺歴史 年表】
(歴史・創建)
東寺(とうじ)・教王護国寺(きょうおうごこくじ)は平安時代初期の796年(延暦15年)に第50代・桓武天皇(かんむてんのう)の発願により、西寺(右大寺(うだいじ))とともに国家鎮護の官寺(左大寺(さだいじ))として、都の入口である正門・羅城門(らじょうもん)の東に建立されました。東寺と西寺は左右対照に建立され、東寺は平安京の左京・西寺は平安京の右京、または東寺は東国・西寺は西国を守る意味が込められているとも言われています。その後796年(延暦15年)に金堂が建立されたと言われています。
823年(弘仁14年)に真言宗(しんごんしゅう)の宗祖である弘法大師(こうぼうだいし)・空海(くうかい)が第52代・嵯峨天皇(さがてんのう)から東寺を賜り、真言密教の根本道場になりました。東寺は「教えの王、国を護る」から教王護国寺とも言われたそうです。その後825年(天長2年)に講堂の建立が許され、826年(天長3年)に五重塔(塔婆)の造営を勧請し、828年(天長5年)に日本最初の私立学校・綜芸種智院(しゅげいしゅちいん)を創立しました。

スポンサーリンク

(歴史・鎌倉時代)
平安時代後期に源平合戦などによって衰微するが、鎌倉時代に弘法大師信仰が高まり、皇族から庶民まで信仰されたと言われています。特に後白河法皇(第77代・後白河天皇(ごしらかわてんのう))の第6皇女・宣陽門院(せんようもんいん)が篤く信仰し、荘園を寄進したり、毎朝食事を捧げる生身供(しょうじんく)を創始したりしました。なお生身供は現在も御影堂(大師堂)で行われているそうです。

(歴史・その後)
1486年(文明18年)の火災(放火)により、金堂などの伽藍の多くを焼失しました。また1596年(文禄5年)の慶長伏見大地震(けいちょうふしみじしん)により、講堂などの伽藍を損壊しました。その後1598年(慶長3年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)の正室・北政所(きたのまんどころ)が講堂を修理し、1603年(慶長8年)に豊臣秀吉の子・豊臣秀頼(とよとみひでより)の寄進によって金堂が再建され、1644年(寛永21年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)の寄進によって五重塔が再建されました。
1868年(明治元年)の鳥羽・伏見の戦い(とば・ふしみのたたかい)の際、仁和寺宮嘉彰親王(にんなじのみやよしあきらしんのう)が征夷大将軍・西郷隆盛(さいごうたかもり)が総大将になった新政府軍の本陣が敷かれ、江戸幕府征討の錦の御旗(にしきのみはた)が立ちました。なお南大門などを焼失しました。

【東寺 建物】
●金堂は1603年(慶長8年)に関白・豊臣秀吉の子・豊臣秀頼の寄進によって再建されました。
●五重塔は1644年(寛永21年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光の寄進によって再建されました。
●大師堂(御影堂・不動堂)の後堂は1380年(天授6年)に再建され、前堂は1390年(元中7年)に増築されました。
●講堂は1491年(延徳3年)に再建されました。
●宝蔵は東寺山内の最古の建築物と言われています。
●灌頂院は1585年(天正13年)の伏見大地震によって損壊し、1634年(寛永11年)に徳川家光が改築しました。

【東寺 門】
●蓮花門は1191年(建久2年)北面の武士だった文覚上人(もんがくしょうにん・遠藤盛遠(えんどうもりとお))が再建しました。蓮花門は東寺山内の最古の門で、宝蔵に次いで古いと言われています。
●慶賀門は鎌倉時代初期に建立されました。
●北総門は鎌倉時代後期に建立されました。
●東大門は鎌倉時代前期に文覚上人が再建し、1605年(慶長10年)に関白・豊臣秀吉の子・豊臣秀頼が補修したと言われています。
●南大門は1601年(慶長6年)に三十三間堂の西大門として建立され、1895年(明治28年)に東寺に移されました。

【東寺 塔頭】
●観智院(かんちいん)は1308年(延慶元年)に後宇多法皇(第91代・後宇多天皇(ごうだてんのう))が御影堂(西院)に参籠した際に僧侶の住房として計画したとも言われています。その後1359年(延文4年)頃に東寺の学僧・杲宝(ごうほう・こうほう)が創建しました。
観智院
●宝菩提院(ほうぼだいいん)は1279年(弘安2年)に東寺第三長者・亮禅(りょうぜん)を開祖として創建されたと言われています。
宝菩提院

【東寺歴史 備考】
*参考・・・京都世界遺産・東寺(アクセス・歴史概要・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る