祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取り7/17

長刀鉾

祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取り

祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取りを紹介しています。山鉾巡行(前祭)場所取りでは先ず何を見るかを決めることが大変重要です。また場所取りでは直射日光(日差し)・トイレ・交通の便なども考慮するのがおすすめです。更に女性の方なら前の方の身長なども忘れずに考慮しましょう。(詳細下記参照)

●祇園祭2023最新情報。

【祇園祭山鉾巡行(前祭)2023 日程時間(要確認)】
祇園祭山鉾巡行(前祭)2023(●コロナによる実施の有無・内容要確認)は2023年(令和5年)7月17日(月曜日)9:00に四条烏丸を出発します。なお9:00に長刀鉾が四条烏丸を出発し、9:35頃に四条河原町、10:20頃に河原町御池、11:00頃に烏丸御池に到着する予定です。
祇園祭山鉾巡行(前祭)2023
●宵山屋台・山鉾巡行などの日程が確認できます。(下記リンク参照)
祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取り アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市・四条烏丸
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線

スポンサーリンク

【祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取り 原則】
山鉾巡行(前祭)は例年7月17日に行われます。山鉾巡行(前祭)では23基の山鉾が四条通(四条烏丸から四条河原町の約880メートル)・河原町通(四条河原町から河原町御池の約800メートル)・御池通(河原町御池から烏丸御池の約850メートル)を巡行し、新町通(約790メートル)などを通って山鉾町に戻ります。
場所取りでは先ず何を見るかを決めることが大変重要です。山鉾巡行(前祭)中には祇園囃子(ぎおんばやし)が奏でられ、くじ改め・辻回し・注連縄切り(長刀鉾)・稚児舞(長刀鉾)が行われます。くじ改めは四条堺町、注連縄切り(しめなわきり)は四条麩屋町、辻回し(つじまわし)は四条河原町・河原町御池・(新町御池)・(四条新町)などの交差点で行われ、それらが行われる場所に場所取りする必要があります。ちなみにくじ改め・注連縄切りでは四条通の北側か、南側か、どちらに場所取りするかを決める必要があります。辻回しでは交差点の北東・南東・北西・南西のどの角に場所取りするかを決める必要があります。辻回しでは場所取りした角により、期待通りにいかないこともあるかもしれません。ちなみに特に見たいものがなければ、人出が少ない場所や山鉾の通過時間が遅い場所に場所取りすることもおすすめです。ちなみに場所取りでは直射日光(日差し)・トイレ・交通の便なども考慮する必要があります。京都は蒸し暑さが厳しく、何時間も前から直射日光(日差し)に当たると熱中症のリスクが高まります。また水分を取り過ぎるとトイレも重要になります。更に女性など身長が高くない方は前の方の身長なども考慮しましょう。なお山鉾巡行(前祭)場所取りではできるだけ早く、数人で場所取りするのがおすすめです。
●2017年(平成29年)7月17日(月曜日・海の日)の山鉾巡行(前祭)では前年よりも3万人多い22万人の人出がありました。
●前祭山鉾・・・長刀鉾・函谷鉾・鶏鉾・菊水鉾・月鉾・放下鉾・保昌山・孟宗山・占出山・山伏山・霰天神山・郭巨山・伯牙山・芦刈山・油天神山・木賊山・太子山・白楽天山・蟷螂山・岩戸山・綾傘鉾・四条傘鉾・船鉾

【祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取り 時間】
場所取りの時間は曜日や天候にもよるが、くじ改め・注連縄切り・辻回しなど場所が限定されている場合、遅くても2時間以上前から場所取りするのがおすすめです。早ければ早いほどよい場所が取れます。ちなみに警察の指示があるまでは座っていられるように簡易のイスやレジャーシートを用意するのがおすすめです。以前神輿渡御である神幸祭(しんこうさい)で場所取りしていた際、近くに場所取りしていた若い女性が後ろに倒れるのを偶然目撃したことがあります。熱中症だけでなく、貧血などにも注意する必要があります。
●山鉾巡行(前祭)は四条烏丸から出発し、四条通・河原町通・御池通の順に巡行し、それぞれ通過時間が異なります。場所によっては2時間以上差があります。

【祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取り 穴場】
場所取りの穴場は以前新町通と言われていました。しかし最近は観光客が増加したり、穴場情報が浸透したりしたこともあり、以前ほど穴場ではなくなりました。新町通は山鉾巡行(前祭)の帰路に通過することから山鉾の通過時間が遅かったり、通りが狭く迫力があることから少しずつ人気が高まりました。なお山鉾巡行(前祭)では通過時間の差を利用し、山鉾巡行の出発場所近くの四条通で一度楽しんだ後、新町通などで再び楽しむ方もいるそうです。

【祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取り 失敗談】
辻回しを撮影する為、四条河原町の南東角に場所取りしたが、警察が黄色いテープで規制する前だったことから少し後ろに移動するように指示され、後から来た方の後ろになった。場所取りの為に荷物を置いていなくなった方は長時間場所を離れていたことから更に後ろに移動しなければならなくなったようです。
トイレは高島屋が利用できると思っていたが、営業時間前で利用できなかった。

【祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取り 裏技】
裏技は山鉾巡行(前祭)の出発前に山鉾が四条通に進んでくる光景を四条烏丸の西側で楽しむ方法です。この方法は早い時間帯に山鉾巡行を楽しめたり、出発後に通過する四条通・河原町通・御池通よりも人が込んでいないというものです。

【祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取り 基礎知識】
●四条通(しじょうどおり)は京都市内を東西に走っています。四条通は東端の八坂神社の石段下(東大路通)から西端の松尾大社(松尾橋)を結んでいます。四条通はかつて新京極通から天神川(てんじんがわ)近辺までは平安京(へいあんきょう)の四条大路(しじょうおおじ)でした。
四条通(アクセス・マップ・・・)
●河原町通(かわらまちどおり)は京都市内を南北に走っています。河原町通は北端の葵橋西詰と南端の十条通を結んでいます。河原町通は桃山時代の豊臣秀吉(とよとみひでよし)による京都改造後に開かれ、名称は鴨川(かもがわ)の河原だったことに由来しています。
河原町通(アクセス・マップ・・・)
●御池通(おいけどおり)は京都市内を東西に走っています。御池通は東端の川端通と西端の佐井通を結んでいます。御池通の名称はかつて禁苑(宮中の庭)だった神泉苑(しんせんえん)の前を走っていることに由来しています。
御池通(アクセス・マップ・・・)
●新町通(しんまちどおり)は京都市内を南北に走っています。新町通は北端の上賀茂橋と南端の十条通南を結んでいます。新町通には通りを横断する電線が張られておらず、大型の山鉾が通ることができます。
新町通(アクセス・マップ・・・)

【祇園祭山鉾巡行(前祭)場所取り 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る