菊水鉾(ちまき販売・ご利益・マップ)祇園祭山鉾

菊水鉾

菊水鉾

菊水鉾(概要・マップ・ちまき販売・・・)を紹介しています。菊水鉾ちまき販売は例年7月13日から16日です。(要確認)13~16日(10:00~22:00)ただ売り切れあり。なお菊水鉾ちまきのご利益は不老長寿・商売繁盛です。

【祇園祭ちまき販売(前祭) 販売日・時間(要確認)】
祇園祭ちまき販売(前祭)は例年7月14日~16日です。一部の山鉾町では7月13日から始まります。●ちまきの飾り方は疫病神が進入してくる玄関の軒下などに吊るします。ちまきの処分は山鉾町や八坂神社に納めます。
祇園祭ちまき販売(前祭)2022

【菊水鉾 マップ・アクセス】
場所・・・京都府京都市中京区室町通四条上る菊水鉾町
最寄り駅・バス停・・・四条駅(徒歩約4分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは地下鉄烏丸線
祇園祭山鉾マップ(前祭)

【菊水鉾 ちまきなどの授与品】
ちまき(粽)・手拭・扇子・お守りなど

【菊水鉾 搭乗】
ちまき(粽)などの授与品を購入すると搭乗することができます。

【菊水鉾 ご利益】
不老長寿・商売繁盛

スポンサーリンク

【菊水鉾 歴史・簡単概要】
菊水鉾(読み方:きくすいほこ)は室町時代末期町内に千利休の師である茶人・武野紹鴎(たけのじょうおう)の大黒庵があり、その屋敷にあった名水・菊水井(きくすいい)に由来しています。武野紹鴎は24歳の時に京に上洛し、三条西実隆(さんじょうさねたか)から古典や連歌、藤田宗理などから茶の湯を学び、菊水井を求めて大黒庵を構え、36歳の時に堺に帰るまで住したと言われています。なお武野紹鴎は四畳半の侘び茶を更に簡素化した小座敷・侘敷(わひしき)を創作しました。
菊水鉾は1864年(元治元年)の大火で焼失したが、1952年(昭和27年)に88年振りに再興され、1953年(昭和28年)には完工祭が行われました。
*参考・・・菊水鉾(祇園祭山鉾前祭)

【菊水鉾 特徴・懸装品】
●稚児人形は甘菊の露を飲んで、700歳の長寿を保ったと言われている能楽・菊慈童(きくじどう)の舞姿をしています。
●鉾頭は金色の透かし彫の十六弁菊華(菊花)です。
●真木の天王座には彭祖(ほうそ)を祀っています。
●屋根は唐破風造(からはふづくり)で、破風に鳳凰の懸魚(けぎょ)を飾り、軒下に翠簾(すいれん)を掲げています。なお屋上の夷(えびす)は元夷山の御神体です。
●胴掛に唐獅子図(皆川月華作)、前懸に飛鶴図(皆川月華作)、見送に孔雀図(皆川月華作)が作られ、その後下水引(山鹿清華作)や二番水引(皆川泰蔵作)も作られ、1963年(昭和38年)には天井絵(三輪晁勢)も描かれました。更に金具(小林尚珉作)、天水引(三輪晁勢筆)、下水引(皆川月華作)、深山菊水図綴織見送(岩澤重夫筆)なども作られ、昭和の鉾としての偉容を示しています。

【菊水鉾 行事(要確認)】
●菊水鉾出囃子では菊水鉾・四条傘鉾が河原町オーパ(OPA)で祇園囃子を披露します。四条傘鉾では赤熊(しゃぐま)を付けた棒振りも行われます。
祇園祭出囃子
●菊水鉾曳き初めでは7月17日の山鉾巡行(前祭)に先立って、組み立てられたばかりの菊水鉾を本番さながらに動かします。
祇園祭菊水鉾曳き初め
●菊水鉾お茶席では甘菊(あまぎく)の露を飲んで、700歳の長寿を保ったと言われている能楽・菊慈童(きくじどう)の舞姿を表した稚児人形に因んだ和菓子・したたりが出されるそうです。
祇園祭菊水鉾お茶席
●菊水鉾日和神楽では囃子方が祇園囃子を奏でながら山鉾町から八坂神社御旅所に向かい、祇園囃子を奉納して晴天を祈願します。
祇園祭日和神楽(前祭)

【菊水鉾 備考(要確認)】
菊水鉾の鉾建て・・・7/10 9:00~
菊水鉾の曳き初め・・・7/12 15:00~
菊水鉾の一般搭乗・拝観・・・7/13 14:00~
日程・時間は変更になっている場合があります。必ず確認して下さい。
祇園祭2022日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る