山住神社(アクセス・見どころ・歴史・・・)

山住神社

山住神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)山住神社には本殿はなく、神南備山(かむなびさん)前にご神体の巨石と祠が残されています。なお山住神社がある岩倉(磐座・岩座)の「岩(いわ)」は岩石で囲まれた神を祀る磐境(いわさか)、「倉(くら)」は神が宿る神座を表しているすです。

【山住神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区岩倉西河原町
最寄り駅・バス停・・・岩倉農協前(徒歩約3分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*四条河原町・三条京阪からは21系統、23系統
*国際会館前からは24系統
京都バス・アクセスダイヤ

*叡山電鉄鞍馬線の場合、最寄り駅は岩倉駅(徒歩約12分)

【山住神社 拝観時間・時間(要確認)】
自由

【山住神社 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
無料

スポンサーリンク


【山住神社 歴史・簡単概要】
山住神社(やまずみじんじゃ)は起源が明確ではありません。山住神社は794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都の際、東西南北に青龍・白虎・朱雀・玄武の四神を祀る岩倉(北岩倉・南岩倉・東岩倉・西岩倉)が設けられ、北岩倉が山住神社だったとも言われています。また山住神社は「日本三代実録」にると880年(元慶4年)に山城国正六国正六位・石座神授従五位下と記され、それ以前から祀られていたとも言われています。その後971年(天禄2年)に日野中納言・藤原文範(ふじわらのふみのり)が僧・真覚(しんかく)を開山として大雲寺(だいうんじ)を創建すると岩倉の産土神・石座明神が鎮守社として勧請され、現在石座神社(いわくらじんじゃ)となり、山住神社は山住の神と号したそうです。なお山住神社は現在石座神社の御旅所となり、石座神社の例大祭・岩倉火祭では神輿が渡御されます。

【山住神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】

【山住神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・不明

【山住神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【山住神社 おすすめ散策ルート】
山住神社からのおすすめ散策ルートは北にある浄念寺を経由し、石座神社に向かうルートです。20分ほど散策すれば、岩倉の自然を感じながら山住神社に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお山住神社は市街地からかなり離れ、周囲にはあまり観光スポットは多くない為、次の観光スポットに行き、その周辺を散策する方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る