祇園御霊会

祇園祭の起源である869年(貞観11年)の祇園御霊会では6月7日に神泉苑に長さ約2丈(約6メートル)の矛(ほこ)が当時の律令国の数と同じ66本が建てられ、14日に洛中の男女と郊外の百姓が牛頭天王(ごずてんのう)を神霊を遷した神輿が八坂神社から神泉苑に送って祀ったと記され、当初祇園御霊会は神輿を中心とした神事でした。

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から7月31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの7月1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2020日程(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020(山鉾巡行・宵山・・・)

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社(祇園社)から3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。その後970年(天禄元年)から毎年旧暦6月14日に行われるようになりました。
祇園祭歴史

スポンサーリンク


【祇園御霊会 歴史・簡単概要】
祇園祭は平安時代前期の869年(貞観11年)に行われた祇園御霊会が起源とされています。「八坂誌(やさかし)・1903年(明治36年)刊行」に収められている「祇園社本縁録」に「貞観11年、天下大疫之時 宝詐隆水 人民安全 疫病消滅鎮護の為 卜部日良麻呂 勅を奉じ 6月7日 66本の矛を建て 同14日 洛中男女及び郊外百姓を率いて 神輿を神泉苑に送りて祭るなり 是を祇園御霊会と号す」と記されています。6月7日に神泉苑に長さ約2丈(約6メートル)の矛(ほこ)が当時の律令国の数と同じ66本が建てられ、14日に洛中の男と郊外の百姓が牛頭天王(ごずてんのう)を神霊を遷した神輿が八坂神社から神泉苑に送って祀ったと記され、当初祇園御霊会は神輿を中心とした神事でした。ちなみに矛には先端に薄い金属製の矛を付けたもので、剣矛(けんぼこ)とも言われていたそうです。神輿は奈良時代の749年(天平勝宝元年)に第45代・聖武天皇による毘盧舎那仏(奈良の大仏)の造立・東大寺の建立を助ける為、大分・宇佐神宮(うさじんぐう・宇佐八幡宮)の宇佐八幡神(第15代・応神天皇)が金色の鳳凰(ほうおう)が屋根に輝く鳳輦(ほうれん)に乗って奈良に渡御したのが記録の初見です。神霊の渡御はかつて人馬によって行われていたが、平安時代の御霊信仰(ごりょうしんこう)とともに神輿が広まり、京都では八坂神社(祇園社)や今宮神社(いまみやじんじゃ)・北野天満宮(きたのてんまんぐう)、そして大阪の大阪天満宮(おおさかてんまんぐう)・滋賀の日吉大社(ひよしたいしゃ)などでも神輿が造られるようになったそうです。ちなみに鳳輦は屋根に鳳凰の飾りがあり、天皇の行幸など公的な外出に使われ、葱花(ネギの花・擬宝珠(ぎぼし))を載せた葱花輦(そうかれん)が私的な外出に使われました。また御霊信仰では人々を脅かす天変地異は政治的に失脚し、怨みを残して死んだり、非業の死を遂げたりした者などの死霊(しりょう)=怨霊(おんりょう)の仕業とされ、御霊による祟り(たたり)を防ぐ為に御霊会が行われるようになりました。祇園御霊会に先立つ863年(貞観5年)の御霊会では崇道天皇(早良親王)・伊予親王・藤原夫人(藤原吉子)・橘大夫(橘逸勢)・文大夫(文室宮田麻呂)・観察使(藤原仲成または藤原広嗣)の六柱の御霊(ごりょう)が祭られて鎮められました。ちなみに早良親王は第49代・光仁天皇の皇子で、第50代・桓武天皇の同母弟だったことから立太子されたが、785年(延暦4年)の造長岡宮使(ぞうながおかぐうし)・藤原種継(ふじわらのたねつぐ)暗殺事件で連座して皇太子を廃され、無実を訴える為に絶食し、淡路国に配流される途中で憤死しました。伊予親王は第50代・桓武天皇と藤原夫人(藤原吉子)の間に生まれて桓武天皇から寵愛され、皇族の重鎮になったが、第51代・平城天皇への謀反の嫌疑が掛けられ、生母・藤原夫人とともに川原寺(弘福寺)に幽閉されて飲食を止められ、生母とともに毒で自害しました。なお祇園御霊会では970年(天禄元年)以降に毎年行われるようになり、6月7日に神輿を八坂神社から迎えて馬長・田楽・獅子などが行われ、14日に神輿を八坂神社に送るようになりました。その後999年(長保元年)に山鉾巡行の原型が現れ、南北朝時代の1376年(永和2年)に神事が行われず、山鉾巡行だけが行われ、この時代から人々の関心が神事(神輿渡御)から山鉾巡行に移ってきたとも言われています。
●令制国・・・山城国・大和国・河内国・和泉国・摂津国・播磨国・美作国・備前国・備中国・備後国・安芸国・周防国・長門国・丹波国・丹後国・但馬国・因幡国・伯耆国・出雲国・石見国・隠岐国・紀伊国・淡路国・阿波国・讃岐国・伊予国・土佐国・筑前国・筑後国・豊前国・豊後国・肥前国・肥後国・日向国・大隅国・薩摩国・伊賀国・伊勢国・志摩国・尾張国・三河国・遠江国・駿河国・伊豆国・甲斐国・相模国・武蔵国・安房国・上総国・下総国・常陸国・若狭国・越前国・加賀国・能登国・越中国・越後国・佐渡国・近江国・美濃国・飛騨国・信濃国・上野国・下野国・陸奥国・出羽国

【祇園祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭見どころ(後祭)
祇園祭宵山2020祇園祭山鉾巡行2020

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る