平安神宮初詣2022/1/1~(日程・・・)

平安神宮初詣

平安神宮初詣(日程・時間・・・)を紹介しています。初詣は毎年元日の1月1日から始まります。初詣は12月31日の夜から混雑します。初詣では例年約20万人程度が訪れるとも言われています。平安神宮には厄除けのご利益があるとも言われています。また家内安全・商売繁盛などのご利益があるとも言われています。(詳細下記参照)

【平安神宮初詣2022 日程時間(要確認)】
平安神宮初詣2022(●コロナによる実施の有無・変更要確認)は2022年(令和4年)1月1日(土曜日)00:00から始まります。
京都初詣ランキング

【平安神宮初詣 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区岡崎西天王町97
最寄り駅・バス停・・・岡崎公園 美術館・平安神宮前(徒歩約3分)、岡崎公園 ロームシアター京都・みやこめっせ前(徒歩約3分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは5系統(A1乗り場)、100系統(D1乗り場)
*四条河原町からは5系統
*四条烏丸からは5系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄鴨東線の場合、最寄り駅は神宮丸太町駅(徒歩約15分)
*地下鉄東西線の場合、最寄り駅は東山駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク

【平安神宮初詣 歴史・簡単概要】
平安神宮初詣(はつもうで)は新年の元日1月1日から始まります。初詣は12月31日の夜から混雑します。初詣では例年約20万人程度が訪れるとも言われています。平安神宮には厄除けのご利益があるとも言われています。また家内安全・商売繁盛・交通安全・心願成就などのご利益があるとも言われています。
平安神宮では1月1日6:00に歳旦祭(さいたんさい)、1月3日8:00に元始祭(げんしさい)が行われます。(要確認)歳旦祭では一年の幕開けに皇室の弥栄・世界の安泰、そして京都市民などの平安が祈念されます。歳旦祭では巫女(みこ)による「浦安の舞(うらやすのまい)」が奉納されます。「浦安の舞」は国家安泰を祈願する舞とも言われています。元始祭では今年の政治(まつりごと)に先立って行われます。なお平安神宮では1月15日9:30に成人祭(日程注意)、1月30日10:00に孝明天皇祭も行われ、いずれも巫女による「平安の舞」が奉納されます。
初詣は新年の年明け後に神社などに初めて参拝する風習で、初参り(はつまいり)とも言われます。初詣は各家の家長が旧年の大晦日から新年の元日に掛け、氏神である神社などに籠もって祈願する年籠り(としごもり)が起源とも言われています。その後年籠りは大晦日の除夜詣(じょやもうで)と元日の元日詣(がんじつもうで)に分かれ、元日詣が初詣になったと言われているそうです。なお初詣は陰陽道で幸運のもたらと言われている年神のやってくる方角・恵方(えほう)にある神社などがよいとされているそうです。
「浦安の舞」は第124代・昭和天皇が1933年(昭和8年)に詠んだ「天地(あめつち)の 神にぞ祈る 朝なぎの 海のごとくに 波たたぬ世を」が歌詞になっています。なお「浦安」は心中の平穏と日本国の別称「浦安国」を意味しています。
平安神宮見どころ平安神宮見所ランキング

【平安神宮 歴史・簡単概要】
平安神宮(へいあんじんぐう)は1895年(明治28年)3月15日に平安京遷都1100年を記念して行われた内国勧業博覧会の目玉として、平安京遷都当時の宮城である大内裏(だいだいり)の一部を復元し、第50代・桓武天皇を祀る神社として創建されました。平安神宮は当初かつての平安京大内裏があった千本丸太町に計画されたが、用地買収に失敗し、現在の場所である岡崎に実物の8分の5の規模で復元されました。ちなみに1893年(明治26年)に地鎮祭が行われ、1894年(明治28年)に本殿・大極殿・応天門・蒼龍楼・白虎楼などが完成し、1895年(明治27年)には地鎮式が行われました。その後1895年(明治28年)10月に平安神宮の創建と平安遷都1100年祭を盛大に奉祝する為に時代祭(じだいまつり)が始まり、1940年(昭和15年)には第121代・孝明天皇が祭神に加えられました。なお平安神宮は東本殿に平安京遷都を行った桓武天皇(737年~806年)、西本殿に平安京有終の天皇である孝明天皇(1831年~1867年)を祀っています。
*参考・・・京都・平安神宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ京都・平安神宮(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【平安神宮初詣 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
京都・平安神宮(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る