彦根城桜ライトアップ2019/3/30~4/18

彦根城桜ライトアップ(日程・時間・・・)を紹介しています。桜ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時期に行われています。彦根城には内堀沿いを中心に染井吉野など約1,200本の桜の木が植えられ、玄宮園前・表門橋・大手橋京橋口周辺がライトアップされ、花見ぼんぼりも飾られます。なお屋形船が夜間特別運航されます。(要確認)(詳細下記参照)

【彦根城桜ライトアップ2019 日程時間(要確認)】
彦根城桜ライトアップ2019は2019年3月30日(土曜日)~4月18日(木曜日)18:00~21:00まで行われます。桜の状況によって変動する場合があります。
京都桜ライトアップ2020

【彦根城桜ライトアップ アクセス・地図】
場所・・・滋賀県彦根市金亀町1-1
最寄り駅・バス停・・彦根駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR琵琶湖線

スポンサーリンク


【彦根城桜ライトアップ 歴史・簡単概要】
彦根城ライトアップは毎年桜が見ごろを迎える時期に行われています。ちなみに桜は例年3月下旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。なおライトアップは毎年4月1日から20日まで行われている彦根城桜まつりの一環として行われています。
彦根城には内堀沿いを中心に染井吉野など約1,200本の桜の木が植えられ、玄宮園前・表門橋・大手橋京橋口周辺がライトアップされ、花見ぼんぼりも飾られます。なおライトアップ期間中の土曜日・日曜日・祝日には屋形船が夜間特別運航されます。(要確認)
染井吉野は江戸時代末期に東京染井村の植木職人が江戸彼岸と大島桜を交配させて生み出したと言われています。その後明治時代初期から日本各地に広まりました。なお染井吉野は当初桜の名所である奈良吉野山に因んで、吉野・吉野桜と言われていたが、その後染井村から染井吉野と言われるようになりました。
桜(染井吉野)は2月1日以降の最高気温(毎日)の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になるとも言われています。また地域によって若干差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になるとも言われています。なお京都市内には二条城内に標準木があり、5~6輪以上咲くと開花宣言が出されます。ちなみに京都では例年3月27日頃に開花し、4月7日頃に満開になります。(2010年までの30年平均)

【彦根城 歴史・簡単概要】
彦根城(ひこねじょう)は1604年(慶長9年)に江戸幕府初代将軍・徳川家康の命により、豊臣政権の五奉行の一人である石田三成(いしだみつなり)の居城・佐和山城(さわやまじょう)を一掃する為に着工され、1622年(元和8年)に完成しました。彦根城は当初湖畔の磯山に築城される予定だったが、井伊直継(いいなおつぐ・直勝)の時代に彦根山に築城されることになりました。彦根城には佐和山城・安土城(あづちじょう)・長浜城(ながはまじょう)・大津城(おおつじょう)の石垣・用材が使われ、天守は大津城・天秤櫓(てんびんやぐら)は長浜城から移されました。ちなみに彦根山は金亀山(こんきやま)とも言われ、彦根城は金亀城(こんきじょう)とも言われました。その後彦根城は徳川・譜代大名である井伊氏14代の居城となりました。明治時代に廃城令によって破却される危機にあったが、1878年(明治11年)に第122代・明治天皇が北陸巡幸した際、保存するようにと大命が下されました。なお彦根城は特別史跡・琵琶湖国定公園第1種特別地域に指定されています。
*参考・・・彦根城(アクセス・歴史・・・)彦根城(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【彦根城桜ライトアップ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
彦根城(アクセス・見どころ・・・)情報
京都桜見ごろ2020

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 祇園祭(後祭)
  2. 久世駒形稚児社参
  3. ちまき(粽)
ページ上部へ戻る