日向大神宮節分厄除大祭2019/2/3

日向大神宮

日向大神宮節分厄除大祭は京都の初春の風物詩です。節分厄除大祭は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分厄除大祭では厄除け・招福を祈願します。節分厄除大祭では諸祈願成就祈祷の献火神事や古札の焼納が行われます。節分の日に天の岩戸をくぐり抜けると一年の罪・穢れが祓い清められ、福を招くとも言われる「ぬけ参り」も行うことができます。(詳細下記参照)

【日向大神宮節分厄除大祭2019 日程時間(要確認)】
日向大神宮節分厄除大祭2019は2019年(平成31年)2月3日(日曜日)16:00から行われます。
京都節分祭・節分会2019

【日向大神宮節分厄除大祭 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市山科区日ノ岡一切経谷町29
最寄り駅・バス停・・・蹴上駅(徒歩約15分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*烏丸御池からは地下鉄東西線
地下鉄・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【日向大神宮節分厄除大祭 歴史・簡単概要】
日向大神宮節分厄除大祭(せつぶんやくよけたいさい)では厄除け・招福を祈願します。節分厄除大祭では諸祈願成就祈祷の献火神事や古札の焼納が行われます。また節分厄除大祭では立春の前日である節分の日に天の岩戸をくぐり抜けると一年の罪・穢れが祓い清められ、福を招くとも言われる「ぬけ参り」も終日行うことができます。ちなみに天の岩戸は厄除け・開運のご利益があるとも言われ、パワースポットとして知られています。
天の岩戸には天照大神(あまてらすおおかみ)が天の岩戸に隠れた際、岩戸を手で開けたと言われている手力雄尊(たぢからおのみこと)を祀る戸隠神社(とがくしじんじゃ)があります。
節分(せつぶん・せちぶん)は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
鬼は目に見えない邪気を表す陰(おん)に由来するとも、姿が見えずに怖いものを表す隠(おぬ)に由来するとも言われています。その為人智を超え、人に危害を与える災害・疾病・飢饉などは鬼の仕業と考えられました。

【日向大神宮 歴史・簡単概要】
日向大神宮(ひむかいだいじんぐう)は社伝によると顕宗天皇の時代に日向高千穂の峰の神蹟から天照大神の神霊を移したのが起源とも言われています。その後天智天皇が神田を寄進し、神域の山を日御山(ひのみやま)と名付けたとも言われています。しかし応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、篤志家が社殿を再建したとも言われています。1614年(慶長19年)江戸幕府初代将軍・徳川家康が失った社領を戻し、寛永年間に野呂左衛門尉源宗光が再興したとも言われています。なお日向大神宮は内宮に天照大御神(あまてらすおおみかみ)・外宮に邇邇芸命(ににぎのみこと)を祀り、伊勢神宮への代参で参拝者を集めたことから「京都のお伊勢さん」と言われました。
*参考・・・日向大神宮(アクセス・歴史・・・)ホームページ日向大神宮(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【日向大神宮節分厄除大祭 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
日向大神宮(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 流鏑馬神事

    ゴールデンウィークイベント2019

    京都ゴールデンウィークイベント2019では2019年4月27日~5月6日に京都市内などで行われている…
  2. 紅しだれコンサート

    2019年4月のイベント

    京都市内などで2019年4月に行われる主なイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加したりする…
  3. 葵祭

    葵祭2019日程

    葵祭2019日程(葵祭り)を紹介しています。葵祭日程では前儀が5月1日から始まります。葵祭2019で…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 松尾祭神幸祭
    松尾大社松尾祭2019は京都の春の風物詩です。松尾祭は神幸祭が毎年4月20日以降の日曜日、還幸祭が毎…
  2. 稲荷祭氏子祭
    伏見稲荷大社稲荷祭2019は京都の春の風物詩です。稲荷祭は神幸祭が毎年4月20日前後の日曜日、還幸祭…
  3. 壬生狂言
    壬生寺壬生狂言2019(壬生大念仏狂言)は京都の春の風物詩です。壬生狂言は毎年4月29日から5月5日…
  4. 曲水の宴
    城南宮曲水の宴(春)2019は京都の春の風物詩です。曲水の宴(春)は毎年4月29日に行われています。…
  5. 岡崎疏水十石舟めぐり
    岡崎疏水十石舟めぐり2018は京都の春の風物詩です。十石舟めぐりは毎年春に行われています。十石舟めぐ…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る