地主神社歴史年表(創建~現在)

地主神社

地主神社歴史

地主神社歴史(地主神社の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)地主神社は清水寺が創建される以前から土地神が祀られていた場所とも言われています。また地主神社は社伝によると神代(かみよ)の昔、つまり日本の建国以前に造営されたと言われています。

【地主神社歴史 年表】
(地主神社歴史 創建前)
地主神社(じしゅじんじゃ)は奈良時代末期の778年(宝亀9年)に創建された清水寺以前から土地神が祀られていた場所とも言われています。

(地主神社歴史 創建)
地主神社は起源が明確ではありません。地主神社は社伝によると神代(かみよ)の昔、つまり日本の建国以前に造営されたと言われています。それを証明するようにアメリカの原子物理学者・ボースト博士は「恋占いの石」が縄文時代の遺物であることを確認しました。

(地主神社歴史 飛鳥時代)
701年(大宝元年)本殿が造営されたとも言われています。また778年(宝亀9年)清水寺が創建され、地主神社は鎮守社として造営されたとも言われています。

スポンサーリンク


(地主神社歴史 平安時代)
797年(延暦16年)清水寺に自らの邸宅を仏殿として寄進した坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が桓武天皇(かんむてんのう)から征夷大将軍に任命され、太刀を奉納したとも言われています。
970年(天禄元年)円融天皇によって祭礼が臨時祭になり、以来例大祭・地主祭(じしゅまつり)の起源になりました。
1082年(永保2年)白河天皇が行幸しました。平安時代には嵯峨天皇・円融天皇も行幸したと言われています。

(地主神社歴史 その後時代)
安土桃山時代に関白・豊臣秀吉が花見を行い、歌舞伎の創始者・出雲阿国(いずものおくに)が歌舞伎を奉納したとも言われています。
1633年(寛永10年)江戸幕府3代将軍・徳川家光が社殿を再建しました。
明治維新後の神仏分離令により、清水寺から独立しました。

【地主神社歴史 建物】
●本殿は1633年(寛永10年)江戸幕府3代将軍・徳川家光が再建しました。
●拝殿は1633年(寛永10年)徳川家光が再建しました。
●総門は1633年(寛永10年)徳川家光が造営しました。

【地主神社歴史 その他】
●雲龍図・丸竜は絵師・狩野永徳(かのうえいとく)の次男である絵師・狩野元信(かのうもとのぶ)が描きました。
●桜は平安時代から地主桜(地主の桜)と言われています。地主桜は811年(弘仁2年)嵯峨天皇が行幸した際、地主桜の美しさに3度車を返したことから「御車返しの桜」とも言われています。
●恋占いの石はアメリカの原子物理学者・ボースト博士が縄文時代の遺物であることを確認しました。

【地主神社歴史 地主祭】
地主祭(神幸祭)は970年(天禄元年)円融天皇の行幸の際、勅命によって行われた臨時祭が起源です。地主祭では神官・白川女などが氏子町内を巡行します。

【地主神社歴史 清水寺】
清水寺は778年(宝亀9年)延鎮上人(えんちんしょうにん)が「木津川の北流に清泉を求めて行け」という霊夢により、音羽山に庵を結んだのが起源です。
地主神社歴史・清水寺

【地主神社歴史 備考】
*参考・・・地主神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ地主神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia
地主神社基本情報地主神社見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る