地主神社歴史の簡単マトメ-修学旅行・観光の解説

地主神社(Jishu Shrine)

地主神社歴史の簡単マトメ-年表と重要人物

地主神社歴史を簡単にまとめてポイント解説します。地主神社は社伝によると神代の昔から祀られていたとも言われています。研究により、「恋占いの石」が縄文時代の遺物であることが確認されました。なお時代別に年表にまとめ、重要人物も紹介しています。

地主神社見どころ

【前史(蓬莱山(宝来山))】

★地主神社が建立されている場所は古来、蓬莱山(宝来山)と言われ、 不老長寿の霊山として信仰されていました。蓬莱山は京都盆地が湖だった数万年前から陸地で、信仰の場だったと言われています。

【地主神社創建(起源・由来)】

★地主神社は社伝によると神代(かみよ)の昔、つまり日本の建国前から祀られていたとも言われています。それを証明するようにアメリカの原子物理学者・ボースト博士は「恋占いの石」が縄文時代の遺物であることを確認しました。
★778年(宝亀9年)の清水寺創建前から土地神が祀られていたとも言われています。

スポンサーリンク(Sponsor Link)

【飛鳥時代(592年~710年)の出来事】

★701年(大宝元年)に本殿が建立されたとも言われています。本殿は法隆寺(ほうりゅうじ)と同じ双堂建築だったと言われています。

【奈良時代(710年頃~794年頃)の出来事】

★778年(宝亀9年)に清水寺が創建され、地主神社は鎮守社として建立されたとも言われています。

【平安時代(794年頃~1185年頃)の出来事】

★797年(延暦16年)に清水寺に自らの邸宅を寄進した坂上田村麻呂(さかのうえのたむらまろ)が第50代・桓武天皇(かんむてんのう)から征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)に任命され、太刀(たち)を地主神社に奉納したと言われています。
★811年(弘仁2年)に第52代・嵯峨天皇(さがてんのう)が地主神社に行幸された際、地主桜の美しさに3度車を返し、「御車返しの桜」の由来になりました。
★970年(天禄元年)に第64代・円融天皇 (えんゆうてんのう)による祭礼が臨時祭になり、以来例大祭・地主祭(じしゅまつり)の起源になりました。
★1082年(永保2年)に第72代・白河天皇(しらかわてんのう)が地主神社に行幸し、17日間参籠(さんろう)しました。
★1170年(嘉応4年)に白川女(しらかわめ)が地主桜を御所に献上しました。

【鎌倉時代(1185年頃~1333年頃)の出来事】

★1202年(建仁2年)に仏師・運慶(うんけい)が狛犬(こまいぬ)一対を地主神社に奉納しました。

【戦国時代(1336年頃~1573年頃)の出来事】

★1500年(明応9年)に宗祇(そうぎ)が地主神社で地主連歌(れんが)を興行しました。

【安土桃山時代(1573年頃~1603年頃)の出来事】

★1581年(天正9年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)が地主神社で花見の宴を行いました。

【江戸時代(1603年頃~1868年頃)の出来事】

★1603年(慶長8年)に歌舞伎(かぶき)の創始者・出雲阿国(いずものおくに)が地主神社で歌舞伎を奉納しました。
★1633年(寛永10年)に江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)が社殿を再建しました。
★1822年(文政5年)に清水寺の塔頭(たっちゅう)・成就院(じょうじゅいん)の蔵海が本殿の屋根を修復しました。

【明治時代以降(1868年頃~)の出来事】

★明治維新後の神仏分離令(しんぶつぶんりれい)により、清水寺から独立し、名称を地主権現社から地主神社に改めました。
★1994年(平成6年)に清水寺とともにユネスコの世界遺産(文化遺産)「古都京都の文化財」に登録されました。

【大国主命:地主神社祭神】

大国主命は日本最古の歴史書「古事記(こじき)・712年(和銅5年)編纂」・日本最古の正史「日本書紀(にほんしょき)・720年(養老4年)完成」によると天照大神(あまてらすおおかみ)の弟・素戔嗚命(すさのおのみこと)の六世の孫で、日本を創った神とされています。大国主命は国産み・神産みの伊邪那美命(いざなみのみこと)の死によって未完のまま放置されていた国土を高天原(たかまがはら)の神・天つ神(あまつかみ)の命により、少彦名神(すくなびこなのかみ)とともに完成させ、天照大神の使者が来ると国土を献上して隠退したとされています。なお大国主命は大己貴神(おおなむちのかみ)・八千矛神(やちほこのかみ)・葦原色許男命(あしはらのしこおのみこと)などとも言われています。

【地主神社 備考】
*参考・・・地主神社(歴史・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る