上賀茂神社初詣2021/1/1~(日程・・・)

上賀茂神社初詣

上賀茂神社初詣(日程・時間・・・)を紹介しています。初詣は毎年元日の1月1日から始まります。初詣では例年約10万人程度が訪れるとも言われています。上賀茂神社は賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)を祀り、厄除・方除・開運・八方除・雷除・災難除・必勝・電気産業守護などのご利益があるとも言われています。(詳細下記参照)

【上賀茂神社初詣2021 日程時間(要確認)】
上賀茂神社初詣2021(●コロナによる実施の有無・変更要確認)は2021年(令和3年)1月1日(金曜日)00:00から始まります。
京都初詣ランキング

【上賀茂神社初詣 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市北区上賀茂岡本町
最寄り駅・バス停・・・上賀茂神社前(徒歩15分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは4系統(A2乗り場)
*四条河原町からは4系統、46系統
*四条烏丸からは46系統
*河原町丸太町からは4系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は北山駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク

【上賀茂神社初詣 歴史・簡単概要】
上賀茂神社初詣(はつもうで)は新年の元日1月1日から始まります。初詣は12月31日の夜から混雑します。初詣では例年約10万人程度が訪れるとも言われています。上賀茂神社は賀茂別雷大神(かもわけいかづちのおおかみ)を祀り、厄除・方除・開運・八方除・雷除・災難除・必勝・電気産業守護などのご利益があるとも言われています。上賀茂神社には賀茂玉依姫命(かもたまよりひめのみこと)を祀って縁結び・恋愛成就・家内安全・子授け・安産のご利益がある片山御子神社(かたやまみこじんじゃ・片岡社(かたおかしゃ))、高おかみ神(たかおかみのかみ)を祀って祈雨・止雨・潅漑・治水・舟運・心体健全・若返りのご利益がある新宮神社(しんぐうじんじゃ)、天鈿女命(あめのうずめのみこと)を祀って芸能上達・延命長寿のご利益がある大田神社(おおたじんじゃ)などがあります。
上賀茂神社では1月1日5:00に歳旦祭(さいたんさい)、1月5日9:00に新年竟宴祭(しんねんきょうえんさい)、1月5日9:00に舞楽奉納(ぶがくほうのう)、1月7日10:00に昭和天皇遥拝式(しょうわてんのうようはいしき)、1月7日に白馬奏覧神事(はくばそうらんじんじ)が行われます。(要確認)歳旦祭は年頭に新年を寿ぎ、古式の神饌を供して本年の安泰を祈願します。新年竟宴祭は新年の祭事を締めくくる饗宴です。舞楽奉納は新年を寿ぎ、篝火(かがりび)の焚かれる中、橋殿(はしどの)で舞楽が奉納されます。昭和天皇遥拝式では昭和天皇の聖徳を偲び、土屋(つちのや)から武蔵野陵を遙拝します。白馬奏覧神事は年の始めに白馬(青馬)を見て、一年の邪気を祓うという故事に則り、神前に七草粥を供え、神馬・神山号を神覧に供します。白馬奏覧神事では牽馬の儀や厄除七草粥の接待(有料)も行われます。なお上賀茂神社では1月に御棚会神事(みたなえじんじ)・御粥神事(みかゆじんじ)・武射神事(ぶしゃじんじ)・初卯神事(はつうじんじ)・成人奉告祭(せいじんほうこくさい)なども行われます。武射神事は除災の神事に宮中の射礼(じゃらい)の影響が加わえ、神職が裏に「鬼」と書かれた的を射ます。大的式・百々手式も奉納されます。
初詣は新年の年明け後に神社などに初めて参拝する風習で、初参り(はつまいり)とも言われます。初詣は各家の家長が旧年の大晦日から新年の元日に掛け、氏神である神社などに籠もって祈願する年籠り(としごもり)が起源とも言われています。その後年籠りは大晦日の除夜詣(じょやもうで)と元日の元日詣(がんじつもうで)に分かれ、元日詣が初詣になったと言われているそうです。なお初詣は陰陽道で幸運のもたらと言われている年神のやってくる方角・恵方(えほう)にある神社などがよいとされているそうです。
上賀茂神社見どころ上賀茂神社見所ランキング

【上賀茂神社 歴史・簡単概要】
上賀茂神社(かみがもじんじゃ)・賀茂別雷神社(かもわけいかづちじんじゃ)は起源が明確ではありません。上賀茂神社は社伝によると神代の昔に賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)が現社殿の北北西にある秀峰・神山(こうやま)に降臨したのが起源とも言われています。その後678年(天武天皇7年)に賀茂神宮が造営されたとも言われています。794年(延暦13年)の第50代・桓武天皇による平安京遷都以降は皇城鎮護の神・山城国一之宮として、桓武天皇を初めとする歴代天皇が行幸・奉幣祈願されたと言われています。807年(大同2年)に最高位である神階・正一位を賜って、葵祭(賀茂祭)が勅祭になり、810年(大同5年)には賀茂斎院が置かれ、第52代・嵯峨天皇の皇女・有智子内親王(うちこないしんのう)が初代斎王として仕え、以降歴代斎王が葵祭に奉仕しました。上賀茂神社は明治時代から戦後まで伊勢神宮に次ぐ、官幣大社の筆頭とされました。
上賀茂神社は下鴨神社(賀茂御祖神社)とともに古代氏族・賀茂氏の氏神を祀る神社です。
*参考・・・上賀茂神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ上賀茂神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【上賀茂神社初詣 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
上賀茂神社(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る