高山寺歴史年表(創建~現在)明恵上人

高山寺見どころ

高山寺歴史

高山寺歴史を紹介しています。高山寺はかつて山岳修行の場とも言われています。774年(宝亀5年)に第49代・光仁天皇の勅願によって創建されました。1206年(建永元年)に明恵上人が後鳥羽上皇の院宣によって賜り、華厳宗の根本道場として再興しました。
高山寺基本情報高山寺見どころ

【高山寺歴史 年表】
(歴史・創建前)
高山寺(こうざんじ・こうさんじ)は古代から山岳修行(さんがくしゅぎょう)の場として、小寺院が営まれていた場所とも言われています。度賀尾寺(とがのおじ)・都賀尾坊(とがのおぼう)などと言われる寺院があったとも言われています。

(歴史・創建)
奈良時代の774年(宝亀5年)に第49代・光仁天皇(こうにんてんのう)の勅願によって創建されました。高山寺は当初神願寺都賀尾坊(じんがんじとがのおぼう)と称していたが、814年(弘仁5年)に都賀尾十無尽院(とがのじゅうむじんいん)に改めました。その後平安時代後期に栂尾にあった神護寺(じんごじ)の別院になり、神護寺十無尽院(じんごじじゅうむじんいん)と称されました。

スポンサーリンク

(歴史・鎌倉時代)
鎌倉時代の1206年(建永元年)に華厳宗(けごんしゅう)の僧・明恵上人(みょうえしょうにん)が後鳥羽上皇(第82代・後鳥羽天皇(ごとばてんのう))の院宣により、神護寺十無尽院を賜って華厳宗の根本道場として再興しました。高山寺の名称は後鳥羽上皇から賜った勅額「日出先照高山之寺」に由来しています。なお「日出先照高山(日、出でて、まず高き山を照らす)」は華厳経の中にあり、「朝日が昇って、真っ先に照らされるのは高い山の頂上だ」ということから高山寺が光り輝く寺院になれとの意味が込められているとも言われています。
鎌倉時代の1216年(建保4年)に石水院が建立されました。

(歴史・その後)
その後度々兵火、火災や洪水などの災害に見舞われ、鎌倉時代の建物は石水院を残すだけになりました。なお応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))では山名宗全(やまなそうぜん)が総大将となった西軍が高山寺を占拠したとも言われています。
1868年(明治元年)に華厳宗本山・高山寺になり、真言宗(しんごんしゅう)兼学になりました。しかし1872年(明治5年)に真言宗の所轄になり、御室派(おむろは)に属することになりました。その後1966年(昭和41年)に仁和寺(にんなじ)の真言宗御室派から独立し、真言宗系単立寺院になりました。

【高山寺 建物】
●石水院(せきすいいん)は鎌倉時代に建立されました。石水院は後鳥羽上皇の学問所を賜り、明恵上人(みょうえしょうにん)の住房跡とも言われています。また経蔵として建立された建物を改めたとも言われています。
●金堂は江戸時代に建立されました。金堂は1634年(寛永11年)江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)が仁和寺・覚深法親王(かくしんほっしんのう)の御願により、仁和寺から移したと言われています。
●開山堂は享保年間(1716年~1735年)に再建されました。なお開山堂は明恵上人が晩年を過ごし、終焉の地とも言われています。
●茶室・遺香庵(いこうあん)は1931年(昭和6年)に明恵上人700年遠忌記念として、茶道家の懇志によって建てられました。

【高山寺 その他】
●紙本墨画鳥獣人物戯画(しほんぼくがちょうじゅうじんぶつぎが)は甲巻・乙巻・丙巻・丁巻の4巻からなり、甲巻・乙巻は平安時代後期(12世紀後半)、丙巻は鎌倉時代(12から13世紀)、丁巻は鎌倉時代(13世紀)に製作されたとも言われています。
●宝篋印塔(ほうきょういんとう)は明恵上人に帰依した富小路盛兼が寄進したと言われています。
●茶園の茶は臨済宗(りんざいしゅう)の開祖・明菴栄西(みょうあんえいさい)が南宋(中国)から持ち帰った種を明恵上人に贈られ、栂尾山に植え、宇治などに広まったとも言われています。なお茶園は日本最古の茶園と称しています。

【高山寺歴史 備考】
*参考・・・京都世界遺産・高山寺(アクセス・歴史概要・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 勧修寺ハス

    京都ハス名所・見ごろ(法金剛院・勧修寺・・・)

ページ上部へ戻る