カテゴリー:三十三間堂

  • 三十三間堂

    千手観音・三十三間堂見どころ(千体仏・本尊・・・)

    千手観音(三十三間堂見どころ)を詳しく紹介します。千手観音には本尊である千手観音坐像(国宝)と1,001体の千手観音立像(重要文化財)があり、千手観音立像は本尊・千手観音坐像の左右にある10段の階段状の仏壇にそれぞれに50体、合計1,000体が安置され、本尊の背後にも1体が安置されています。
  • 三十三間堂

    三十三間堂歴史年表(創建~現在)

    三十三間堂歴史(三十三間堂の歴史)を紹介しています。(簡単歴史)三十三間堂は元々988年(永延2年)太政大臣・藤原為光が造営した私邸があった場所とも言われています。その後1165年(長寛2年)後白河上皇が平清盛に資材協力を命じ、離宮・法住寺殿の一画に創建しました。
  • 三十三間堂

    【三十三間堂見どころポイント】簡単まとめ

    三十三間堂見どころ・簡単まとめ情報です。三十三間堂見どころ・蓮華王院本堂(国宝)は南北約120メートルで、内陣の柱間が「33」あることが名称の由来になっています。三十三間堂では毎年1月に通し矢(大的全国大会)が行われ、新成人の男女が60メートル先の直径約1メートルの的を狙います。(三十三間堂見どころ下記参照)
  • 妙法院

    妙法院(アクセス・見どころ・概要・・・)・三十三間堂

    妙法院(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。妙法院は古くは天台宗総本山比叡山延暦寺の三門跡(三千院・青蓮院)のひとつで、現在は天台宗の京都五箇室門跡(青蓮院・三千院・曼殊院・毘沙門堂)のひとつです。なお妙法院は三条実美ら尊皇攘夷派が京都から追放された「七卿落ち」の舞台です。
  • 三十三間堂

    三十三間堂(アクセス・見どころ・概要・・・)

    三十三間堂(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報。三十三間堂では毎年1月中旬頃に本堂西側の射程60メートルの特設射場で弓で的を射る通し矢(三十三間堂大的全国大会)が有名です。新成人が振袖袴姿で弓を射る姿が成人式の話題としてニュースによく流れています。
  • 三十三間堂お火焚き

    三十三間堂お火焚き(日程・時間・・・)

    三十三間堂お火焚き2015(日程・時間等)を紹介。お火焚きは毎年秋に行われます。お火焚きでは古札の供養が行われるだけでなく、山伏が氏子などの願いが込められた護摩木(火焚串)を護摩壇で焚き上げ、祈願成就を願います。
  • 三十三間堂お火焚き

    三十三間堂お火焚き祭2019/11/24(日程・・・)

    三十三間堂お火焚き祭(日程・時間等)を紹介。お火焚き祭は毎年11月下旬頃に行われています。お火焚き祭は三十三間堂の鎮守社・久勢稲荷大明神(くせいなりだいみょうじん)の行事です。お火焚き祭では忌火(いみび)により、山伏が信者などの願いが込められた護摩木や古いお札などを護摩壇で焚き上げ、祈願成就を願います。
  • 三十三間堂春桃会

    三十三間堂春桃会2021/3/3(日程・・・)

    三十三間堂春桃会2021(日程・時間等)を紹介。春桃会は毎年3月3日に行われています。春桃会は三十三間堂の「三」に因み、「三」が重なる3月3日の桃の節句に行われ、無事息災を祈願します。春桃会では華道・池坊による献花式・華展などが行われます。瀬戸内寂聴さんの青空説法などが行われることもあります。(要確認)
  • 三十三間堂

    三十三間堂初午祭(日程・時間・・・)

    三十三間堂初午祭(日程・時間・・・)を紹介しています。初午祭は毎年2月11日に行われます。初午祭(古札供養)では古いお札・お守りなどを焚き上げて供養したり、信者などの願いが込められた護摩木を焚き上げ、商売繁盛や家内安全などの祈願成就を願ったりします。
  • 三十三間堂通し矢

    三十三間堂通し矢2021/1/17(日程・・・)

    三十三間堂通し矢2021(日程・時間等)を紹介。通し矢は毎年1月15日に近い日曜日に行われています。通し矢では成人を迎えた男女の弓道有段者や称号者が約60メートル先の大的を射って腕を競います。大的は新成人の男女が1メートル、称号者が79センチです。決勝では新成人の男女が79センチ、称号者が50センチと小さくなります。
  • 三十三間堂楊枝のお加持

    三十三間堂楊枝のお加持2021/1/17(日程・・・)

    三十三間堂楊枝のお加持(日程・時間等)を紹介。楊枝のお加持は毎年1月15日に近い日曜日に行われています。楊枝のお加持では聖樹(霊木)とされる楊枝(やなぎ)で、本尊・千手観音坐像前で7日間祈祷した法水を参拝者に注ぎ、諸病を除きます。楊枝のお加持は第77代・後白河天皇の故事から頭痛に特に効くと言われています。

京都観光おすすめ

  1. 蹴上インクライン
  2. 醍醐寺
  3. 錦市場
  4. 竹林の道
ページ上部へ戻る