萬福寺

萬福寺

萬福寺(アクセス・見どころ・拝観料金・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)萬福寺を創建した隠元隆琦禅師(いんげんりゅうきぜんじ)は中国・明朝時代の臨済宗を代表する僧で、黄檗山・萬福寺の住職をしていたが、日本からの度重なる招請に応じ、1654年(承応3年)63歳の時に弟子を伴ってに来日しました。

【萬福寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府宇治市五ヶ庄三番割34
最寄り駅・バス停・・・JR黄檗駅(徒歩約5分)、黄檗駅(徒歩約5分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からはJR奈良線
*祇園四条駅からは京阪電鉄本線・宇治線

【萬福寺 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~17:00 受付16:30終了

【萬福寺 拝観料金・料金(要確認)】
個人
大人・大学生・高校生500円、中学生・小学生300円

団体(30名以上)
大人450円、大学生・高校生300円、中学生250円、小学生200円

スポンサーリンク


【萬福寺 歴史・簡単概要】
萬福寺(まんぷくじ)・万福寺は第108代・後水尾天皇の生母・中和門院の別邸・大和田殿があった場所です。萬福寺は1661年(寛文元年)に中国僧・隠元隆琦禅師(いんげんりゅうきぜんじ)が創建しました。隠元は1654年(承応3年)に来日したが、中国からの帰国を要請する手紙が届き、帰国を希望しました。しかし元妙心寺住持・龍渓性潜(りゅうけいしょうせん)らが日本に留まることを強く希望しました。また1658年(万治元年)に隠元が江戸幕府第4代将軍・徳川家綱に拝謁し、家綱が隠元に帰依したことから1660年(万治3年)に山城国宇治に土地が与えられ、萬福寺が創建されるようになり、1679年(延宝7年)頃に伽藍がほぼ完成したと言われています。ちなみに伽藍・仏像などは明時代末期頃の中国様式で造られ、儀式の作法・言葉・食事なども中国式でだったそうです。なお萬福寺は本尊・釈迦如来を安置しています。
萬福寺は黄檗宗大本山の寺院です。
*参考・・・萬福寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ萬福寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【萬福寺 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
萬福寺の見どころは重要文化財である天王殿などの伽藍です。伽藍は西を正面にして、左右相称に配置されています。
萬福寺見どころ

重要文化財・・・総門、三門、天王殿、大雄宝殿、法堂、鐘楼、鼓楼、伽藍堂、祖師堂、斎堂、禅堂、東方丈、西方丈、祠堂、大庫裏、威徳殿、紙本淡彩西湖図4幅、西湖図4幅、虎渓三笑図8幅など

【萬福寺 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・0774-32-3900

【萬福寺 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】

【萬福寺 おすすめ散策ルート】
萬福寺からのおすすめ散策ルートは、蔵林寺・黄檗山緑樹院を経由し、黄檗公園に向かうルートです。20分ほど散策すれば、宇治の自然を感じながら黄檗公園に行くことができ、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお萬福寺周辺にあまり観光スポットが多くない為、次の観光スポットに向かい、その周辺を散策した方がいいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 青葉まつり

    2019年6月のイベント

  2. 祇園祭

    祇園祭2019日程

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 貴船祭
  2. 信長忌
  3. 祇園放生会
  4. 蛍火の茶会
  5. 田植祭
  6. 青葉まつり
  7. 竹伐り会式

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る