仁和寺歴史簡単まとめ-修学旅行・観光の基礎知識

仁和寺見どころ

仁和寺歴史簡単まとめ

仁和寺歴史を簡単にまとめて紹介しています。仁和寺は886年(仁和2年)に第58代・光孝天皇が西山御願寺を創建することを発願したのが起源です。しかし翌887年(仁和3年)に光孝天皇が崩御し、888年(仁和4年)に第59代・宇多天皇が父・光孝天皇の遺志を引き継いで開基しました。

【仁和寺歴史以外の情報】
仁和寺見どころ(金堂・五重塔など)

★仁和寺歴史年表
【創建(起源・由来) 仁和寺】
●平安時代前期の886年(仁和2年)に第58代・光孝天皇(こうこうてんのう)が西山御願寺(にしやまごがんじ)を大内山の麓に創建することを発願したのが起源です。しかし翌887年(仁和3年)に光孝天皇が崩御し、888年(仁和4年)に子で、第59代・宇多天皇(うだてんのう)が父・光孝天皇の遺志を引き継いで開基し、光孝天皇の周忌御斎会が行われました。なお仁和寺は当初、西山御願寺と言われていたが、年号から年号寺・仁和寺になりました。

【平安時代 仁和寺】
●897年(寛平9年)に宇多天皇は第60代・醍醐天皇(だいごてんのう)に譲位し、899年(昌泰2年)に東寺(とうじ)一長者(いちのちょうじゃ)・益信(やくしん)を戒師として落髪し、宇多法皇になって仁和寺1世になりました。なお別当は宇多法皇の子孫が代々務めました。
●899年(昌泰2年)に円堂院(八角堂)が建立されました。
●904年(延喜4年)に宇多法皇は僧房・御室(御座所(ござしょ))を造営してて住み、御室御所(おむろごしょ)と言われるようになりました。その後皇族などが代々門跡(住職)を務める門跡寺院にもなりました。
●928年(延長6年)に観音堂が建立されたと言われています。
●931年(承平元年)に宇多法皇が崩御し、952年(天暦6年)4月に朱雀法皇(第61代・朱雀天皇(すざくてんのう))が仁和寺に移り、同年8月に崩御しました。
●957年(天徳元年)に仁和寺桜会が行われました。
●1010年(寛弘7年)に藤原道長(ふじわらのみちなが)の妻・倫子の御願によって観音院潅頂堂が建立されました。
●1119年(元永2年)に金堂・観音院・潅項院などが焼失し、同年12月に金堂が再建され、1122年(保安2年)に観音院・仏母院が再建されました。
●1130年(大治5年)に第74代・鳥羽天皇(とばてんのう)の中宮・待賢門院(たいけんもんいん)の御願によって法金剛院(ほうこんごういん)が建立されました。
●1135年(保延元年)に鳥羽法皇が仁和寺の修理を行い、1144年(天養元年)に鳥羽法皇の発願によって孔雀明王(くじゃくみょうおう)堂が建立されました。

スポンサーリンク

【鎌倉時代 仁和寺】
●1186年(文治2年)に守覚法親王が「三十帖冊子」を東寺の経蔵から仁和寺大聖院の経蔵に移しました。
●1211年(承元5年)に御影堂が創建されたと言われています。

【室町時代 仁和寺】
●室町時代中期に応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))が勃発し、仁和寺の伽藍の多くが焼失しました。仁和寺では守護大名・山名宗全(やまなそうぜん)が総大将となった西軍が陣を敷き、細川勝元(ほそかわかつもとが)が総大将となった東軍が攻撃したそうです。なお本尊・阿弥陀三尊(あみださんぞん)や聖教などは仁和寺の院家・真光院(しんこういん)に移されました。寺基は双ヶ丘の西麓にある西方寺に移されたと言われています。

【安土桃山時代 仁和寺】
●1591年(天正19年)に関白・豊臣秀吉(とよとみひでよし)から朱印地860石を与えられました。

【江戸時代 仁和寺】
●1617年(元和3年)に江戸幕府2代将軍・徳川秀忠(とくがわひでただ)から朱印地1,500石を与えられました。
●1634年(寛永11年)に第107代・後陽成天皇(ごようぜいてんのう)の第1皇子で、仁和寺第21世・覚深入道親王(かくしんがにゅうどうしんのう)が京都に上洛していた江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)に仁和寺再興を申し入れ、承諾されました。京都御所では御所造替と重なったことから金堂となる紫宸殿(ししんでん)・御影堂となる清涼殿(せいりょうでん)・御常御殿(おつねごてん)などの建物を賜り、1646年(正保3年)に伽藍の再建が完了しました。
●1827年(文政10年)に仁和寺第29世・済仁法親王(さいにんほうしんのう)が御室八十八ヶ所霊場を開設しました。
●1867年(慶応3年)に仁和寺第30世・純仁法親王(じゅんにんほっしんのう)が還俗し、仁和寺宮嘉彰親王(にんなじのみやよしあきらしんのう)になったことから門跡寺院の歴史が終わりました。

【明治時代以降 仁和寺】
●1887年(明治20年)に御室御所が焼失しました。大正時代に再建されました。
●1924年(大正13年)に御室桜が国の名勝に指定されました。
●1994年(平成6年)に東寺はユネスコの世界遺産(文化遺産)「古都京都の文化財」に登録されました。

★仁和寺歴史上人物
【第59代・宇多天皇 仁和寺開基】
●第59代・宇多天皇は仁和寺の歴史上、開基です。第59代・宇多天皇は867年(貞観9年)に第58代・光孝天皇と皇太后・班子女王の皇子・定省として生まれました。父・光孝天皇は不祥事で退位させられた第57代・陽成天皇の大叔父にあたり、皇位が嫡流である陽成天皇の同母弟・貞保親王などに戻ることを考え、定省などの皇子・皇女は臣籍降下させられ、源定省と称しました。887年(仁和3年)に父・光孝天皇が重態になると関白・藤原基経の推挙によって親王に復し、同年8月に父・光孝天皇が崩御すると第59代・宇多天皇に即位しました。891年(寛平3年)に藤原基経が亡くなると親政を開始し、菅原道真などを重用し、寛平の治と言われました。遣唐使が停止され、官庁の統廃合なども行われました。897年(寛平9年)に皇太子・敦仁親王(第60代・醍醐天皇)に譲位し、899年(昌泰2年)に出家して法皇になり、仁和寺に入り、高野山・比叡山・熊野三山などを参詣しました。901年(昌泰4年)に菅原道真が大宰府に左遷されると内裏に押し掛けて抗議し、第60代・醍醐天皇と対立しました。なお第59代・宇多天皇は931年(承平元年)に崩御しました。

【覚深法親王 仁和寺中興】
●覚深法親王(覚深入道親王)は仁和寺の歴史上、中興です。覚深法親王は1588年(天正16年)に第107代・後陽成天皇と典侍・中山親子の第1皇子・良仁親王として生まれました。1594年(文禄3年)6月に次期天皇即位を前提として親王宣下を受け、その後将来の東宮御所に正親町上皇(第106代・正親町天皇)の御所を与えられました。しかし1598年(慶長3年)に後ろ盾とも言われる関白・豊臣秀吉が亡くなると第107代・後陽成天皇が良仁親王(覚深法親王)を皇位継承者から外す意向を示し、1600年(慶長5年)の関ヶ原の戦い後に江戸幕府初代将軍・徳川家康が良仁親王を廃し、第107代・後陽成天皇の正室・近衛前子が生んだ第3皇子・政仁親王(第108代・後水尾天皇)が次期天皇に即位することになりました。1601年(慶長6年)に仁和寺の院家・真光院に入って得度し、晋海から灌頂を受けました。1614年(慶長19年)に一品に叙せられて法中第一座の宣下を受け、その後仁和寺門跡になりました。なお覚深法親王は1648年(慶安元年)に亡くなりました。

【文化財・見どころ 仁和寺】
●金堂(国宝)は1613年(慶長18年)に1613年(慶長18年)に御所の紫宸殿として造営され、寛永年間(1624年~1645年)に移されてきました。
●五重塔(重要文化財)は1644年(寛永21年)に建立されました。
●御影堂(重要文化財)は慶長年間(1596年~1615年)に御所の清涼殿の一部として造営され、寛永年間(1624年~1645年)に移された部材を使って再建されました。
●観音堂(重要文化財)は1641年(寛永18年)~1645年(正保2年)に建立されました。
●経蔵(重要文化財)は1641年(寛永18年)~1645年(正保2年)に建立されました。
●茶室・遼廓亭(重要文化財)は1661年(寛文元年)~1750年(寛延3年)に建てられ、天保年間(1830年~1843年)に絵師・尾形光琳邸から移したとも言われています。
●茶室・飛濤亭(重要文化財)は1830年(天保元年)~1867年(慶応3年)に建てられました。
●九所明神(重要文化財)は寛永年間(1624年~1643年)に造営されました。
●鐘楼(重要文化財)は1644年(寛永21年)に建立されたと言われています。
●二王門(重要文化財)は1641年(寛永18年)~1645年(正保2年)に建立されました。
●中門(重要文化財)は1641年(寛永18年)~1645年(正保2年)に建立されました。
●本坊表門(重要文化財)は1596年(文禄5年)~1615年(慶長20年)に建立されました。
●御影堂中門(重要文化財)は1641年(寛永18年)~1645年(正保2年)に建立されました。
●御殿(登録有形文化財)は御所の御常御殿を移して建立されたが、1887年(明治20年)に焼失し、明治時代末期から大正時代初期に再建されました。

【仁和寺歴史 備考】
*参考・・・仁和寺(拝観料・アクセス・歴史概要・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る