仁和寺歴史年表(創建~現在)宇多天皇

仁和寺見どころ

仁和寺歴史

仁和寺歴史を紹介しています。仁和寺は886年(仁和2年)に第58代・光孝天皇が西山御願寺を創建することを発願したのが起源です。しかし翌887年(仁和3年)に光孝天皇が崩御し、888年(仁和4年)に第59代・宇多天皇が父・光孝天皇の遺志を引き継いで開基しました。
京都世界遺産・仁和寺基本情報仁和寺見どころ仁和寺見所ランキング

【仁和寺歴史 年表】
(歴史・創建)
仁和寺(にんなじ)は平安時代の886年(仁和2年)に第58代・光孝天皇(こうこうてんのう)が西山御願寺(にしやまごがんじ)を創建することを発願したのが起源です。しかし翌887年(仁和3年)に光孝天皇が崩御し、888年(仁和4年)に第59代・宇多天皇(うだてんのう)が父・光孝天皇の遺志を引き継いで開基しました。なお仁和寺は当初西山御願寺と言われていたが、年号から年号寺・仁和寺になりました。

(歴史・平安時代)
897年(寛平9年)に第59代・宇多天皇は第60代・醍醐天皇(だいごてんのう)に譲位し、東寺(とうじ)一長者(いちのちょうじゃ)・益信(やくしん)を戒師として落髪し、宇多法皇になって仁和寺1世になりました。904年(延喜4年)に宇多法皇は僧房・御室(御座所(ござしょ))を建てて住み、御室御所(おむろごしょ)と言われました。その後皇族などが代々門跡(住職)を務める門跡寺院にもなりました。
957年(天徳元年)に仁和寺桜会が行われました。

スポンサーリンク

(歴史・室町時代)
室町時代に衰退し、応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失しました。仁和寺に守護大名・山名宗全(やまなそうぜん)が総大将となった西軍が陣を敷き、細川勝元(ほそかわかつもとが)が総大将となった東軍が攻撃したそうです。

(歴史・その後)
1634年(寛永11年)に第107代・後陽成天皇(ごようぜいてんのう)の第1皇子である仁和寺第21世・覚深入道親王(かくしんがにゅうどうしんのう)が江戸幕府3代将軍・徳川家光(とくがわいえみつ)に再興を申し入れ、江戸幕府によって伽藍が再建されました。その際1613年(慶長18年)に造営された御所の紫宸殿(ししんでん)・清涼殿(せいりょうでん)・御常御殿(おつねごてん)などを賜って移しました。
1867年(慶応3年)に仁和寺第30世・純仁法親王(じゅんにんほっしんのう)が還俗し、仁和寺宮嘉彰親王(にんなじのみやよしあきらしんのう)になったことから門跡寺院の歴史が終わりました。

【仁和寺 建物】
●金堂は1613年(慶長18年)に造営された御所の紫宸殿を寛永年間(1624年~1643年)に移しました。
●五重塔は1644年(寛永21年)に建立されました。
●御影堂は慶長年間(1596年~1614年)に造営された御所・清涼殿の一部を賜って寛永年間(1624年~1643年)に再建されました。
●観音堂は1641年(寛永18年)~1645年(正保2年)に建立されました。
●経蔵は1641年(寛永18年)~1645年(正保2年)に建立されました。
●茶室・遼廓亭(りょうかくてい)は1661年(寛文元年)~1750年(寛延3年)に建てられ、天保年間(1830年~1843年)に絵師・尾形光琳(おがたこうりん)邸から移したとも言われています。
●茶室・飛濤亭(ひとうてい)は1830年(天保元年)~1867年(慶応3年)に建てられました。
●九所明神(くしょみょうじん)は寛永年間(1624年~1643年)に造営され、1212年(建暦2年)に現在の場所に移されました。
●鐘楼は1644年(寛永21年)に建立されたと言われています。
●二王門は1641年(寛永18年)~1645年(正保2年)に建立されました。
●中門は1641年(寛永18年)~1645年(正保2年)に建立されました。
●表門は1596年(文禄5年)~1615年(慶長20年)に建立されました。
●御影堂中門は1641年(寛永18年)~1645年(正保2年)に建立されました。
●御殿は御所・御常御殿を移して建立されたが、1887年(明治20年)に焼失し、明治時代末期から大正時代初期に再建されました。
●霊宝館は1927年(昭和2年)に建設されました。
●勅使門は1887年(明治20年)に焼失し、1913年(大正2年)に再建されました。

【仁和寺 その他】
●御室桜(おむろざくら)がある仁和寺は平安時代から桜の名所で、957年(天徳元年)に仁和寺桜会が行われました。
●御室八十八ヶ所霊場は1827年(文政10年)に仁和寺第29世・済仁法親王(さいにんほうしんのう)が四国八十八箇所巡りができない人々の為に発願したのが起源です。

【仁和寺歴史 備考】
*参考・・・京都世界遺産・仁和寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ京都世界遺産・仁和寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る