三千院御懺法講2018/5/30(日程・時間・・・)

三千院

三千院御懺法講

三千院御懺法講(日程・時間・・・)を紹介しています。御懺法講は毎年5月30日に行われています。御懺法講では初期大乗仏教経典・法華経を読誦し、諸悪の行いを懺悔し、心の中にある三毒「むさぼり・怒り・愚痴」を取り除き、心を静め清らかにする天台宗の最も重要な法要です。御懺法講では先祖に対しても報恩・感謝を捧げます。(詳細下記参照)

【三千院御懺法講2018 日程時間(要確認)】
三千院御懺法講2018は2018年5月30日(火曜日)11:00から行われます。なお5月30日は庭園のみの拝観になります。

【三千院御懺法講 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区大原来迎院町540
最寄り駅・バス停・・・大原(徒歩約10分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から三千院は17系統(C3乗り場)、18系統(C3乗り場)
*四条河原町・三条京阪からは17系統
*四条烏丸からは17系統
京都バス・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【三千院御懺法講 歴史・簡単概要】
三千院御懺法講(おせんぼうこう)は1157年(保元2年)に第77代・後白河天皇が内裏・仁寿殿(じじゅうでん)で行った宮中御懺法講が起源と言われています。その後御懺法講は宮中や門跡寺院で行われていたが、三千院では一時途絶え、1989年(平成元年)に復興したそうです。御懺法講では初期大乗仏教経典・法華経を読誦し、諸悪の行いを懺悔し、心の中にある三毒「むさぼり・怒り・愚痴」を取り除き、心を静めて清らかにする最も重要な天台宗の法要です。また御懺法講では先祖に対しても報恩・感謝を捧げます。
御懺法講では声明懺法(しょうみょうせんぼう)と雅楽が合わせた古儀に則り、宮中法会を平安絵巻きさながらに再現します。
仁寿殿は御所のほぼ中央にある殿舎で、中殿とも後殿とも言われました。仁寿殿近くには公的な最重要儀式が行われた紫宸殿(ししんでん)や平安時代に天皇が居住した清涼殿(せいりょうでん)がありました。
三毒(さんどく)は仏教で克服すべき3つの煩悩である貪(とん)・瞋(じん)・癡(ち)を言います。貪(貪欲)が「むさぼり」・瞋(瞋恚)が「怒り」・癡(愚癡)が「愚痴」です。
声明は経典などに独特の節を付けたもので、天台声明が広く知られています。

【三千院 歴史・簡単概要】
三千院(さんぜんいん)は788年(延暦7年)に天台宗の開祖である伝教大師(でんぎょうだいし)・最澄(さいちょう)が比叡山に延暦寺(えんりゃくじ)を創建し、延暦年間(782年~806年)に比叡山東塔南谷の山梨の大木の下に一宇・円融房(えんにゅうぼう)を構え、自作の薬師如来像を本尊として安置したのが起源と言われています。860年(貞観2年)に承雲和尚(じょううんおしょう)が最澄作の薬師如来像を安置する伽藍を建立して円融院(えんにゅういん)と称したとも言われています。三千院は第3代天台座主の慈覚大師(じかくだいし)・円仁(えんにん)に引き継がれ、平安時代後期の1118年(元永元年)に第73代・堀河天皇の皇子・最雲法親王(さいうんほっしんのう)が入寺して以来、皇子・皇族が入寺して住持する宮門跡になりました。三千院は比叡山内から近江坂本に移り、1232年(貞永元年)の火災から京都・洛中で度々移り、名称も梨下房・円徳院・梨下門跡・梶井門跡と改めなした。なお1871年(明治4年)に大原の政所(まんどころ)を本坊と定め、名称を三千院(三千院門跡)に改めました。
三千院は天台宗の寺院です。天台宗の三門跡(青蓮院・妙法院)の中で一番歴史が古い。
*参考・・・三千院(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ三千院(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【三千院御懺法講 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
三千院(アクセス・見どころ・・・)情報
三千院見どころ

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る