カテゴリー:5月

  • 京都競馬場京都芸術花火2019/5/29

    京都芸術花火2019は京都の風物詩です。京都芸術花火は例年5月に行われています。京都芸術花火では「音楽と花火のマリアージュ」と題し、全国から日本を代表する超一流花火師が京都競馬場を舞台に尺玉約30発・芸術玉など約1万3千発の花火が音楽(名曲)とともに打ち上げられます。
  • 三千院

    三千院御懺法講2018/5/30

    三千院御懺法講は京都の春の風物詩です。御懺法講は毎年5月30日に行われています。御懺法講では初期大乗仏教経典・法華経を読誦し、諸悪の行いを懺悔し、心の中にある三毒「むさぼり・怒り・愚痴」を取り除き、心を静め清らかにする天台宗の最も重要な法要です。御懺法講では先祖に対しても報恩・感謝を捧げます。
  • 両足院初夏の特別拝観2019/5/29~7/7

    両足院初夏の特別拝観は京都の風物詩です。初夏の特別拝観は毎年初夏に行われています。初夏の特別拝観では京都府の名勝に指定されている池泉回遊式庭園が公開されます。池泉回遊式庭園では例年5月下旬頃からサツキが咲き始め、例年6月上旬頃になると半夏生の葉が生い茂り、花の近くの葉が白い可憐な花が咲いたように池の周辺を彩ります。
  • 中秋の名月

    鞍馬寺五月満月祭2019/5/18

    鞍馬寺五月満月祭は京都の春の風物詩です。五月満月祭は毎年5月の満月の夜に行われています。五月満月祭では五月の満月に清水を供える五月満月の秘儀(ウエサクさい)により、全ての目覚めと平安を祈願します。五月の満月の夜には全てのものの目覚めの為に天界から強いエネルギーが降り注ぐとも言われているそうです。
  • 大将軍神社大祭

    大将軍神社大祭2016/5/29

    大将軍神社大祭2016は京都の春の風物詩です。大将軍神社大祭は毎年5月の最終日曜日に行われています。大祭は1年の内で、最も重要な神事です。大祭では太鼓を先頭に子供神輿・神輿などが氏子地区を巡行します。なお神輿の巡行は数年前に復活したそうです。
  • 十輪寺業平忌2019/5/28

    十輪寺業平忌は京都の春の風物詩です。業平忌は毎年5月28日に行われています。業平忌は十輪寺に隠棲したと言われる六歌仙・三十六歌仙の一人である在原業平(ありわらのなりひら)を偲ぶ法要です。業平忌では三味線に似た十輪寺伝統の三弦で法要が営まれます。また業平忌では一弦琴・邦舞・声明舞・生け花なども奉納されることがあります。(要確認)
  • 城南宮

    城南宮城南流鏑馬祭2016/5/28

    城南流鏑馬祭2016は京都の春の風物詩です。城南流鏑馬祭は3年に1度行われています。城南流鏑馬祭は東西に伸びる石畳の参道に砂を盛って設けられた約200メートルの馬場に置かれた約60センチ角の3つの的を射ます。なお3つの的には天下泰平・五穀豊穣・国家安泰の意味が込められています。
  • 採灯採灯大護摩供法要

    即成院採灯大護摩供法要2019/5/26

    即成院採灯大護摩供法要は京都の春の風物詩です。採灯大護摩供法要は毎年5月の第4日曜日に行われています。採灯大護摩供法要では山伏による問答・法弓の儀などの後、導師によって祈願文が読み上げられ、その後に護摩壇に点火し、護摩木・願い扇などが焚き上げられます。煙には罪・穢れを祓い清めるなどのご利益があるとも言われています。
  • 舞鶴市まいづる細川幽斎田辺城まつり2019/5/25・26

    まいづる細川幽斎田辺城まつりは京都の春の風物詩です。まいづる細川幽斎田辺城まつりは毎年5月の最終日曜日に行われています。まいづる細川幽斎田辺城まつりでは鎧武者御城下大行列・子ども歌舞伎・古今伝授・講談・園児絵燈籠などが行われたり、忍者隠密隊による忍者パフォーマンス・ステージが行われたりします。(要確認)
  • 錦天満宮春季大祭

    錦天満宮春季大祭2018/5/25

    錦天満宮春季大祭は京都の秋の風物詩です。春季大祭は毎年5月25日に行われています。春季大祭では商運隆盛・家内安穏・学問進学・災難除け などを祈願します。なお春季大祭では平安雅楽会による舞楽・蘭陵王(らんりょうおう)と納曽利(なそり)も奉納されます。なおイベントが行われることもあります。(要確認)
  • 還幸祭

    下御霊神社還幸祭2015/5/24

    還幸祭2015は京都の春の風物詩です。還幸祭は京都三大祭りのひとつである葵祭が行われる5月18日以降の日曜日に行われ、剣鉾・鳳輦・神輿などが氏子区域を巡幸します。なお還幸祭の前日の土曜日には宵宮が行われ、子供神輿も担がれます。
  • 虚空蔵法輪寺

    法輪寺電電宮大祭2019/5/23

    法輪寺電電宮大祭は京都の春の風物詩です。電電宮大祭は毎年5月23日に行われています。電電宮大祭では電電宮の神徳を賛えます。また電電宮大祭では電気・電波・電力・通信などの業界の発展・安全を祈願します。なお電電宮大祭では業界の貢献・功績のあった人なども表彰します。なお電電塔は1956年(昭和31年)に建立されました。

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る