カテゴリー:5月

  • 西本願寺唐門

    西本願寺唐門開門2017/5/21

    唐門開門2017は2018年(平成30年)から始まる唐門の修復工事を前に浄土真宗の開祖・親鸞聖人の降誕会に合わせて行われます。ちなみに唐門の開門は34年振りになるそうです。なお唐門はかつては1年に1回儀式の為に開門されていたが、1984年(昭和59年)以降は開門されなくなったそうです。
  • 先斗町鴨川をどり

    先斗町鴨川をどり2018/5/1~24

    先斗町鴨川をどり2018(鴨川おどり2018)は京都の春の風物詩です。鴨川をどりは京都の五花街のひとつである先斗町(先斗町歌舞会)が毎年5月1日から24日まで先斗町歌舞練場で行っています。なお鴨川をどり2018は演目(真夏の夜の夢より~空想い・花姿彩京七小町)・料金などが次のように決まりました。
  • 葵祭

    葵祭2019/5/15

    葵祭は上賀茂神社・下鴨神社の祭礼です。葵祭は千年以上の歴史があり、日本三勅祭に数えられました。かつて平安時代の平安京でお祭りと言えば、葵祭を指すほど隆盛を極めていました。なお葵祭のハイライト・路頭の儀では十二単を身に着けた斎王代など人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿(こし)1丁が巡行します。
  • 葵祭

    葵祭路頭の儀2019/5/15

    葵祭2019・路頭の儀は京都の春の風物詩です。葵祭・路頭の儀は5月15日に行われます。ただ悪天候の場合には翌16日に順延されます。路頭の儀では下鴨神社・上賀茂神社で天皇のお言葉が書かれた祭文を奏上し、幣物を奉納する社頭の儀を行う為、勅使などが行列を組んで下鴨神社・上賀茂神社に向かいます。
  • 葵祭

    葵祭2019/5/15

    葵祭2019は京都の春の風物詩です。葵祭・路頭の儀(行列)は5月15日に行われます。葵祭・路頭の儀では十二単などの煌びやかな平安衣装を身に着け、腰輿(およよ)に乗った斎王代など人約500名・馬約40頭・牛4頭・牛車2台・輿1丁が京都御所から下鴨神社を経由し、上賀茂神社に向かいます。
  • 葵祭

    葵祭2016/5/15

    葵祭(賀茂祭)は欽明天皇(540年~571年)の時代に全国が風水害に見舞われて飢餓・疫病が流行し、賀茂大神の崇敬者・卜部伊吉若日子に占わせられたところ賀茂大神の祟りであると奏した為、4月吉日を選んで、馬に鈴を懸け、人は猪頭(いのがしら)を被り、駆競(くち)して盛大に祭りを行ったことが起源と言われています。
  • 葵祭

    葵祭ルート2019/5/15

    葵祭ルート2019をGoogleマップで紹介しています。葵祭ルートは京都御所・下鴨神社・上賀茂神社の全長約8キロです。葵祭ルートは午前中の京都御所から下鴨神社と午後の下鴨神社から上賀茂神社に分かれます。葵祭の行列は一般道である丸太町通・河原町通・下鴨本通・北大路通・賀茂川堤なども通ります。
  • 京都競馬場京都芸術花火2018/5/30

    京都芸術花火2018は京都の風物詩です。京都芸術花火は文化庁の京都への全面的移転決定を記念して行われます。京都芸術花火では「音楽と花火のマリアージュ」と題し、全国から日本を代表する超一流花火師が京都競馬場を舞台に尺玉約30発・芸術玉など約1万3千発の花火が音楽(名曲)とともに打ち上げられます。
  • 三千院

    三千院御懺法講2018/5/30

    三千院御懺法講は京都の春の風物詩です。御懺法講は毎年5月30日に行われています。御懺法講では初期大乗仏教経典・法華経を読誦し、諸悪の行いを懺悔し、心の中にある三毒「むさぼり・怒り・愚痴」を取り除き、心を静め清らかにする天台宗の最も重要な法要です。御懺法講では先祖に対しても報恩・感謝を捧げます。
  • 大将軍神社大祭

    大将軍神社大祭2016/5/29

    大将軍神社大祭2016は京都の春の風物詩です。大将軍神社大祭は毎年5月の最終日曜日に行われています。大祭は1年の内で、最も重要な神事です。大祭では太鼓を先頭に子供神輿・神輿などが氏子地区を巡行します。なお神輿の巡行は数年前に復活したそうです。
  • 城南宮

    城南宮城南流鏑馬祭2016/5/28

    城南流鏑馬祭2016は京都の春の風物詩です。城南流鏑馬祭は3年に1度行われています。城南流鏑馬祭は東西に伸びる石畳の参道に砂を盛って設けられた約200メートルの馬場に置かれた約60センチ角の3つの的を射ます。なお3つの的には天下泰平・五穀豊穣・国家安泰の意味が込められています。
  • 十輪寺業平忌2018/5/28

    十輪寺業平忌は京都の春の風物詩です。業平忌は毎年5月28日に行われています。業平忌は十輪寺に隠棲したと言われる六歌仙・三十六歌仙の一人である在原業平(ありわらのなりひら)を偲ぶ法要です。業平忌では三味線に似た十輪寺伝統の三弦で法要が営まれます。また業平忌では一弦琴・邦舞・声明舞・生け花なども奉納されることがあります。(要確認)

京都観光 イベント・行事

  1. 三十三間堂通し矢

    2019年1月のイベント

    京都市内などで2019年1月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加した…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 八坂神社節分祭
    京都節分祭・豆まき情報を紹介しています。節分祭・豆まきは毎年節分(立春の前日)(節分の日)を中心に行…
  2. 弘法市
    弘法市(初弘法・終い弘法)は京都の風物詩です。弘法市は弘法大師・空海の月命日(ご縁日)である毎月21…
  3. 天神市
    天神市(初天神・終い天神)は京都の風物詩です。天神市は北野天満宮の祭神・菅原道真の誕生日が845年(…
  4. 吉田神社節分祭
    吉田神社節分祭2019は京都の初春の風物詩です。節分祭は毎年節分(立春の前日)とその前日・後日に行わ…
  5. 八坂神社節分祭
    八坂神社節分祭2019は京都の初春の風物詩です。節分祭は毎年節分(立春の前日)とその前日に行われてい…

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  3. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る