カテゴリー:5月

  • 上賀茂やすらい祭(日程・時間・・・)

    上賀茂やすらい祭(日程・時間等)を紹介。やすらい祭は京都三大祭りのひとつに数えられている葵祭と同じ5月15日に行われ、上賀茂やすらい堂・梅ヶ辻やすらい堂・太田神社・上賀茂神社・上賀茂地区を廻った後に上賀茂やすらい堂に戻ります。
  • 上賀茂神社細殿(拝殿)・上賀茂神社見どころ

    上賀茂神社賀茂祭2021/5/15(日程・・・)

    上賀茂神社賀茂祭(日程・時間等)を紹介。賀茂祭は毎年5月15日に行われています。賀茂祭は上賀茂神社の年間最大の祭典とも言われています。賀茂祭は賀茂の大神に古式に則って、二葉葵(双葉葵)と桂を編んだ葵桂(あおいかつら・きっけい)を始め様々な神饌を供し、国家の安泰・国民の平安を祈願します。
  • 上賀茂神社細殿(拝殿)・上賀茂神社見どころ

    上賀茂神社葵祭社頭の儀2021/5/15(日程・・・)

    上賀茂神社葵祭社頭の儀(日程・時間等)を紹介。社頭の儀は毎年5月15日に行われています。社頭の儀では天皇の勅使が内蔵使から祭文(さいもん)・宣命(せんみょう)を受け取って奏上し、幣物(へいもつ)を奉納します。神職は祭文・幣物を受け取って神前に献じ、神宣(しんせん)・返祝詞(かえしのりと)を返します。
  • 下鴨神社

    下鴨神社葵祭社頭の儀2021/5/15(日程・・・)

    下鴨神社葵祭社頭の儀(日程・時間等)を紹介。社頭の儀は毎年5月15日に行われています。社頭の儀ではでは天皇の勅使が内蔵使から祭文(さいもん)・宣命(せんみょう)を受け取って奏上し、幣物(へいもつ)を奉納します。神職は祭文・幣物を受け取って神前に献じ、神宣(しんせん)・返祝詞(かえしのりと)を返します。
  • 繁昌祭

    繁昌神社繁昌祭2016/5/14(日程・・・)

    繁昌神社繁昌祭(日程・時間・・・)を紹介しています。繁昌祭は毎年5月中旬頃に行われます。繁昌祭では午後からは堤灯・神輿などが綾小路通・室町通・松原通・新町通に囲まれた氏子地区を巡行します。なお午前中には湯立神楽も奉納されます。なお巡行中には「繁昌の鈴」も配られます。(要確認)
  • 堅田供御人行列鮒奉献奉告祭

    下鴨神社堅田供御人行列鮒奉献奉告祭2021/5/14(日程・・・)

    下鴨神社堅田供御人行列鮒奉献奉告祭(日程・時間等)を紹介。堅田供御人行列鮒奉献奉告祭は毎年5月14日に行われています。堅田供御人行列鮒奉献奉告祭では先ず供御人行列が滋賀堅田地域を巡行します。その後下鴨神社の糺の森から本殿まで巡行し、唐櫃(からびつ)で運んだ鮒・鮒寿司などを奉献します。
  • 妙法院

    妙法院五月会2021/5/14(日程・・・)

    妙法院五月会(日程・時間等)を紹介。五月会は毎年5月14日に行われています。五月会は6本の牙を持つ象に乗った本尊・普賢菩薩の縁日として行われます。五月会では通常非公開とされている妙法院が一般公開され、法要・法華三昧が行われたり、奥書院(玉座・御座之間)・庭園(旧積翠園南側)・不動尊像(重文)などが公開されたりします。
  • 春季大祭

    市比売神社春季大祭2021/5/13(日程・・・)

    市比売神社春季大祭(日程・時間等)を紹介。春季大祭は毎年5月13日に行われています。春季大祭では日本全土の安泰・五穀豊穣を祈願します。ちなみに春季大祭では平安時代に藤原経清と源為家が行った競弓(くらべゆみ)に倣い、男女に分かれて6本ずつ矢を射る斎矢(いみや)・試弓(ためしゆみ)神事が奉納されます。
  • 新日吉祭

    新日吉神宮新日吉祭2021/5/9(日程・・・)

    新日吉神宮新日吉祭(日程・時間等)を紹介。新日吉祭は毎年5月の第2日曜日に行われています。新日吉祭の神幸祭(しんこうさい)では剣鉾を先頭に鳳輦(神輿)・獅子・稚児などが氏子地区を巡行し、厄除けの粽(ちまき)を配ります。なお新日吉祭は神仏混淆の珍しい祭りで、妙法院(みょうほういん)の読経(法楽の儀)も行われます。
  • 山王宮日吉神社宮津祭2020/5/13~15(日程・・・)

    山王宮日吉神社宮津祭(日程・時間等)を紹介。宮津祭は毎年5月13日から15日に行われています。宮津祭では神輿を中心に全町の平安を願って宮津の市街地を巡り、太神楽・浮太鼓が付き、太鼓の音が威勢よく鳴り響きます。山王宮日吉神社の神輿は「ヨイッサ、ヨイッサ」の掛け声とともに宮津湾の対岸の波路御旅所まで約12キロを巡ります。
  • 春季大祭

    市比売神社春季大祭(日程・時間・・・)

    市比売神社春季大祭2015(日程・時間等)を紹介。春季大祭は毎年5月13日に行われ、藤原経清と源為家が行った「競弓」に倣い、「斎矢・試弓神事」が行われます。また昭和天皇が国の平和を願って詠まれた歌に合わせ、「浦安の舞」が奉納されます。
  • 庖勝一條流奉納式

    得浄明院庖勝一條流奉納式(日程・時間・・・)

    得浄明院庖勝一條流奉納式(日程・時間等)を紹介。庖勝一條流奉納式は毎年5月13日に行われています。庖勝一條流奉納式では殺生を戒める仏教の教えに従い、魚などの食材を使わずに野菜・豆腐などを穢れ(けがれ)の元となる手で直接触れず、包丁と真魚箸(まなばし)だけを使って調理し、盆の上に文字を形付けます。
ページ上部へ戻る