カテゴリー:5月

  • 御蔭祭

    下鴨神社葵祭御蔭祭2020/5/12

    下鴨神社御蔭祭2020(葵祭)(日程・時間等)を紹介。御蔭祭は毎年5月12日に行われています。御蔭祭では葵祭に先立って、下鴨神社の祭神の荒御魂(あらみたま)を比叡山西麓にある御蔭神社から下鴨神社に迎える神事です。荒御魂を迎えた喜びを表す切芝神事では荒御魂を讃える舞楽・東游(あずまあそび)などが奉納されます。
  • 松尾祭還幸祭

    松尾大社松尾祭還幸祭2019/5/12

    松尾大社松尾祭還幸祭(日程・時間等)を紹介。松尾祭還幸祭(おかえり)は毎年4月20日以降の日曜日に行われる神幸祭(おいで)の3週間後の日曜日に行われています。松尾祭還幸祭では西七条御旅所・衣手神社・三宮神社に駐輿していた唐櫃と6基の神輿が唐橋西寺公園(旭の杜)・松尾大社朱雀御旅所を警手して松尾大社に戻ります。
  • 上賀茂神社葵祭御阿礼神事2020/5/12

    上賀茂神社御阿礼神事2020(葵祭)(日程・時間等)を紹介。御阿礼神事は毎年5月12日に行われています。御阿礼神事は古来の神迎えの神事です。御阿礼神事は5月15日に行われる葵祭に先立って、5月12日の夜に行われる上賀茂神社の祭儀中、最も古く重儀の神事です。ちなみに御阿礼とは神の出現・天降りのことを言うそうです。
  • 金比羅大祭

    安井金比羅宮春季金比羅大祭2019/5/10

    安井金比羅宮春季金比羅大祭(日程・時間等)を紹介。春季金比羅大祭は毎年5月10日に行われています。春季金比羅大祭は春季大祭と火焚神事に分かれています。火焚神事では氏子などの願いが込められた護摩木を護摩壇で焚き上げ、家内安全・無病息災などの祈願成就を願います。なおお茶席や模擬店が設けられます。(要確認)
  • 新日吉祭

    新日吉神宮新日吉祭2015/5/10

    新日吉祭2015(日程・時間等)を紹介。新日吉祭は毎年5月の第2日曜日に行われ、宮司による祝詞だけでなく、妙法院門跡の読経も行われます。なお新日吉祭では鳳輦(神輿)などが氏子地区を巡行し、厄除けの粽(ちまき)を配ります。
  • 金比羅大祭

    安井金比羅宮春季金比羅大祭2015/5/10

    春季金比羅大祭2015(日程・時間等)を紹介。春季金比羅大祭は毎年5月の第2日曜日に行われます。火焚神事では境内に護摩壇が設けられ、願い事を書いた護摩木が燃やされます。なお春季金比羅大祭ではお茶席(招待者のみ)や模擬店が設けられることもあります。
  • 観亀稲荷神社大祭

    観亀稲荷神社大祭・宵宮祭2019/5/14・15

    観亀稲荷神社大祭(日程・時間等)を紹介。大祭は毎年5月に行われています。大祭では誰もが安全に安心して暮らせ、祇園東界隈が更に繁栄・発展するように祈願します。宵宮祭では祇園東の舞妓・芸妓がビアカウンター・ゲームコーナーなどでもてなします。また舞妓・芸妓などによる提灯行列も祇園東一帯で行われます。(要確認)
  • 菅大臣神社例祭

    菅大臣神社例祭2015/5/9

    例祭2015(菅大臣祭)(日程・時間等)を紹介。例祭などは毎年5月の第2土曜日・日曜日に行われます。なお菅大臣神社例祭では例祭以外にも献茶式・観音供養・山伏お練り・護摩・奉納狂言などが行われます。
  • 松尾寺仏舞2019/5/8

    松尾寺仏舞(日程・時間等)を紹介。仏舞は毎年5月8日に行われています。仏舞では大日如来・釈迦如来・阿弥陀如来の三像の金色の面を付けた舞手6人が楽人の太鼓・篳篥などによる雅楽の調べに合わせて優雅に舞います。舞手6人はばちを持った手を上下させたり、立ち位置を入れ替えたりしながらゆったりと舞います。
  • 山蔭祭

    吉田神社山蔭祭2019/5/8

    吉田神社山蔭祭(日程・時間等)を紹介。山蔭祭は毎年5月8日に行われています。山蔭祭では料理・飲食業界の繁栄と発展などを祈願します。山蔭祭では烏帽子(えぼし)・狩衣(かりぎぬ)姿で、食材を穢れ(けがれ)の元となる手で直接触れず、包丁と菜箸のみで調理する生間流式庖丁(いかまりゅうしきぼうちょう)の奉納などが行われます。
  • 須賀神社神幸祭

    須賀神社神幸祭2016/5/8

    神幸祭2016(日程・時間等)を紹介。神幸祭は毎年5月の第2日曜日に行われています。神幸祭では剣鉾・稚児・鳳輦・子供神輿などが氏子地区を巡行します。なお神幸祭はささげ(大角豆)のツルにたくさんのさや豆が実るように氏子地区の子孫繁栄を願うことから角豆祭(ささげまつり)とも言われています。
  • 下鴨神社

    下鴨神社葵祭献茶祭2020/5/

    下鴨神社献茶祭(葵祭)(日程・時間等)を紹介。献茶祭は毎年5月に行われています。献茶祭は葵祭を祝い、祭神の御心を和める神わいの行事として行われています。献茶祭は表千家・裏千家・武者小路千家の三千家家元の交替で奉仕されます。献茶祭では家元が舞殿で濃茶(おこい)・薄茶(おうす)を点て、神前に献じられます。

京都観光おすすめ

  1. 竹林の道
    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側の清凉寺(嵯峨…
  2. 嵐山
    嵐山アクセスでは京都駅からJR嵯峨野線(JR山陰本線)を利用して嵯峨嵐山駅で降りるのが一般的です。ち…
ページ上部へ戻る