廬山寺節分会2020/2/3(日程・時間・・・)

廬山寺追儺式鬼法楽

廬山寺節分会

廬山寺節分会(日程・時間・・・)を紹介しています。節分会は毎年節分(立春の前日)に行われています。節分会では鬼法楽(鬼おどり・鬼踊り)・豆撒き・鬼のお加持・古札焼き式などが行われます。なお節分会では良源が鬼を退治したと言われる独鈷・三鈷(どっこ・さんこ)と宮中で使用したと言われる降魔面(ごうまめん)も特別開帳されます。(詳細下記参照)

【廬山寺節分会2020 日程時間(要確認)】
廬山寺節分会2020は2020年(令和2年)2月3日(月曜日)7:00~19:00まで行われます。なお14:15~14:45と豆撒き終了後の16:00過ぎ~17:00まで鬼のお加持、15:00から鬼法楽(鬼踊り)、16:00頃から豆撒き、17:00から古札焼き式が行われます。
京都節分祭・節分会2020

【廬山寺節分会 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市上京区寺町通広小路上ル北之辺町397
最寄り駅・バス停・・・府立医大病院前(徒歩約3分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から廬山寺は4系統(A2乗り場)、17系統(A2乗り場)、205系統(A2乗り場)
*四条河原町からは3系統、37系統、205系統
*四条烏丸からは3系統
*河原町丸太町からは3系統、37系統、205系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*地下鉄烏丸線の場合、最寄り駅は丸太町駅(徒歩約10分)

スポンサーリンク


【廬山寺節分会 歴史・簡単概要】
廬山寺節分会(せつぶんえ)・追儺式鬼法楽(ついなしきおにほうらく)は廬山寺を開山した元三大師(魔滅大師・豆大師)・良源が護摩の力により、悪鬼を退散させた故事に因んで行われます。節分会は千年以上の歴史があるとも言われています。
節分会では鬼法楽(鬼おどり・鬼踊り)・豆撒き・鬼のお加持・古札焼き式などが行われます。なお節分会では良源が鬼を退治したと言われる独鈷・三鈷(どっこ・さんこ)と宮中で使用したと言われる降魔面(ごうまめん)も特別開帳されます。
鬼法楽では人間の善根を毒する三毒(貪欲・怒り・愚痴)の化身で、松明と宝剣を持った赤鬼・大斧を持った青鬼・大槌を持った黒鬼が足拍子をとりながら大師堂内に入るが、厄除け開運・福寿増長のご利益があると言われている護摩供の秘法や追儺師(ついなし)の邪気払いの法弓、そして蓬莱師・福娘・年男・寺侍などによる蓬莱豆(ほうらいまめ)・福餅撒きにより、鬼は逃げ去ります。ちなみに蓬莱豆を紅白一粒ずつ食べると寿命が延び、福餅を食べると開運出世するご利益があるとも言われています。
鬼のお加持では邪気払われた鬼により、体の悪い部分を撫でてもらうと病気平癒・身体健全のご利益があるとも言われています。
節分(せつぶん・せちぶん)は元々は季節が変わる節目で、立春・立夏・立秋・立冬の前日を差していたが、江戸時代以降は立春の前日だけを指す場合が多くなりました。節分には邪気悪霊(鬼)が外から入ってくるのを防ぐ為、「鬼は外・福は内」と言いながら福豆を撒き、年の数だけ福豆を食べて厄除けをします。豆撒きは平安時代中期の第59代・宇多天皇(867年~931年)の時代に鞍馬山の鬼が都を荒らしたことから毘沙門天のお告げにより、鬼の穴を祈祷で封じ、鬼の目を炒り豆で打ちつぶしたということに由来しているそうです。なお豆などの穀物には魔除けの呪力や生命力を持つという穀霊が宿っているとも言われています。ちなみに豆は鬼の目を表す「魔目(まめ)」から鬼を滅する「魔滅」を意味するようになったそうです。
追儺は平安時代初期から大晦日に宮中で行われている鬼払いの儀式です。追儺は鬼やらい・鬼遣らい・儺(な)やらい・鬼儺・大儺(たいだ)・駆儺(くだ)などとも言われています。追儺では黄金四つ目の面を付け、右手に矛、左手に楯を持った方相氏(ほうそうし)などが大内裏の中を「鬼やらう」と大声を掛けながら鬼を追い払って回りました。ただその後方相氏は追い払う側から追い払われる側に変わったそうです。なお追儺は文武天皇(697年~707年) の時代に中国から伝わったとも言われています。
鬼は目に見えない邪気を表す陰(おん)に由来するとも、姿が見えずに怖いものを表す隠(おぬ)に由来するとも言われています。その為人智を超え、人に危害を与える災害・疾病・飢饉などは鬼の仕業と考えられました。

【廬山寺 歴史・簡単概要】
廬山寺(ろざんじ)は天慶年間(938年~947年)に比叡山天台18世座主である元三大師(がんざんだいし)・良源(りょうげん)が船岡山の南に創建したのが起源です。その後1245年(寛元3年)に浄土宗の開祖・法然上人(ほうねんしょうにん)の弟子・覚瑜(かくゆ)が船岡山の南麓に再興し、中国の廬山に因んで名称を廬山天台講寺に改めました。しかし応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失し、その後関白・豊臣秀吉の命によって現在の場所に移されました。なお1794年(寛政6年)に第119代・光格天皇が仙洞御所(せんとうごしょ)の女院・閑院宮を移して、仏殿(本堂)・尊牌殿(御黒戸)を再建しました。
廬山寺は円浄宗の本山です。
*参考・・・廬山寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ廬山寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【廬山寺節分会 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
節分会では「福」と書かれた福餅を取ると魔除けの破魔矢(はまや)などと交換できるそうです。(要確認)
廬山寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る