丹波自然運動公園桜見ごろ(3月下旬~4月上旬頃)

丹波自然運動公園桜見ごろ(見頃)

丹波自然運動公園桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。丹波自然運動公園では桜の道や正門前を通る国道9号沿いにソメイヨシノが植えられ、桜と桜の道などの光景が美しいと言われています。国道9号沿いは走る自動車からも桜を見ることができます。花崗山に登ると京丹波を見渡すことができます。(詳細下記参照)

【丹波自然運動公園桜見ごろ(例年)・2023年開花満開予測】
丹波自然運動公園の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。ただ桜の開花状況や見ごろ(満開)はその年の気候などによって多少前後することがあります。なお京都の桜開花・満開・見ごろ情報は2023年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2023

【丹波自然運動公園桜見ごろ アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府船井郡京丹波町曽根崩下代
最寄り駅・バス停・・・自然運動公園前(徒歩すぐ)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR嵯峨野線園部駅からJRバス

スポンサーリンク

【丹波自然運動公園桜見ごろ(例年)・要点簡単解説】
丹波自然運動公園はあまり知られていない桜の名所です。丹波自然運動公園の桜見ごろは例年3月下旬頃から4月上旬頃です。
丹波自然運動公園では桜の道や正門前を通る国道9号沿いにソメイヨシノ(染井吉野)が植えられ、桜と桜の道などの光景が美しいと言われています。国道9号沿いは走る自動車からも桜を見ることができます。丹波自然運動公園では桜の道以外にも紅葉の道・竹の道・松の道などの散策道や公園内の起伏に富んだ地形を活かしたクロスカントリ-コース(2キロ・3キロ・4キロ)があり、お花見だけでなく、散策などを楽しむのがおすすめです。園内南東にある花崗山に登ると京丹波を見渡すことができます。
ソメイヨシノは幕末に染井村(豊島区巣鴨付近)の植木職人がエドヒガン(江戸彼岸)とオオシマザクラ(大島桜)を交配させて生み出したと言われています。その後明治時代初期から売り出されて全国各地に広まり、戦後の高度経済成長期に多く植えられたと言われています。ちなみにエドヒガン・オオシマザクラはいずれもヤマザクラ(山桜)などとともに日本国内に自生する10種のサクラ属の基本野生種とされています。ソメイヨシノは古くから桜の名所である奈良吉野山に因んで、ヨシノ(吉野)・ヨシノザクラ(吉野桜)と言われていたが、その後帝室博物館員が染井村からソメイヨシノと命名しました。ソメイヨシノは葉の出る前に径3~3.5センチの淡紅白色の花を咲かせます。花弁は広楕円形(こうだえんけい)で頂部に切れ込みがあります。なおメイヨシノはほぼ全てがクローンです。
国道9号は京都府京都市下京区から山陰地方を経て、山口県下関市に至る総延長約798.3キロ(実延長約751.1キロ)の一般国道です。国道9号は実延長が国道4号・国道1号に続いて、国内で3番目に長い国道です。国道9号は1885年(明治18年)に内務省告示第6号「国道表」で指定されたたのが始まりで、1952年(昭和27年)12月4日に新道路法によって一級国道9号として指定され、1965年(昭和40年)4月1日に一級・二級の区別が廃止されると一般国道9号になりました。国道9号には桂バイパスなどのバイパスがあり、西大橋(京都市)などが架けられ、千代原口トンネルなどが掘削されています。
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【丹波自然運動公園 歴史・簡単概要】
丹波自然運動公園(たんばしぜんうんどうこうえん)・京都府立丹波自然運動公園は国道9号沿いに整備された面積約52.7ヘクタールの都市公園(広域公園)です。丹波自然運動公園は京都府・兵庫県東部・大阪府北部・滋賀県西部・福井県南西部に広がる標高600~800メートルの丹波高地(たんばこうち)に位置しています。丹波自然運動公園は1970年(昭和45年)に京都府政100周年を記念する事業として開園しました。丹波自然運動公園には陸上競技場(3種公認)・多目的グラウンド・軟式野球場(3面)・球技場(ソフトボール、グラウンド・ゴルフなど)・テニスコート(16面)・体育館・パターゴルフ場(18ホール)・ファミリープール(夏季のみ)・子どもの広場(長さ45メートルのジャイアントスライダー・コンビネーション遊具など)・森の遊び場(アスレチック遊具)・芝生広場・ピクニックの丘・クロスカントリーコース・ゲートボール場(2面)・園内散歩道・宿泊施設・丹波天文館・公園センター・駐車場などがあります。丹波自然運動公園では2016年(平成28年)7月に誰でも利用できる京都府内最大級の木造公共施設・京都トレーニングセンターがオープンしました。
*参考・・・丹波自然運動公園(アクセス・マップ・歴史・見どころ・・・)

【丹波自然運動公園桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
丹波自然運動公園(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2023

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る