東福寺紅葉見ごろ(11月中旬~下旬頃)・紅葉名所

東福寺

東福寺紅葉見ごろ(紅葉見頃)

東福寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。東福寺は20万平方メートル以上とも言われる広大な山内に渓谷・洗玉澗があり、その洗玉澗を中心に葉先が3つに分かれ、黄金色に染まる通天モミジ(紅葉)が約2,000本植えられています。通天モミジは東福寺三名橋とも言われる通天橋・臥雲橋からの眺めが素晴らしいと言われています。(詳細下記参照)

【東福寺紅葉見ごろ時期・見ごろ予想】
東福寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年10月24日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろを山がやや遅め、平野部が平年並と予想しました。京都の紅葉見ごろは嵐山が11月23日頃、大原三千院が11月15日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になるそうです。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【東福寺紅葉・東福寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区本町十五丁目778番地
最寄り駅・バス停・・・東福寺(徒歩約10分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から東福寺は208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸町からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JR奈良線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約10分)
*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は東福寺駅(徒歩約10分)
東福寺アクセス(電車・バス・・・)

スポンサーリンク


【東福寺紅葉見ごろ時期・見どころ】
東福寺は京都を代表する紅葉の名所です。東福寺の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。東福寺は京都で最も大きな禅寺とも言われる20万平方メートル以上とも言われる広大な山内に渓谷・洗玉澗(せんぎょくかん)があり、その洗玉澗を中心に葉先が3つに分かれ、黄金色に染まる通天モミジが約2,000本植えられています。通天モミジ(紅葉)は洗玉澗に架けられ、東福寺三名橋とも言われる通天橋(つうてんきょう)・臥雲橋(がうんきょう)からの眺めが素晴らしいと言われています。紅葉の時期によっては写真撮影が制限されることもあります。なお東福寺は紅葉と同様に青モミジも人気があります。
東福寺の塔頭である勝林寺・天得院では紅葉が見ごろを迎える時期にライトアップが行われることがあります。(要確認)
通天モミジは中国原産のムクロジ科の落葉高木・唐楓(とうかえで)のことです。通天モミジの名称は通天橋に由来しています。通天モミジは東福寺開山である聖一国師(しょういちこくし)・円爾弁円(えんにべんえん)が1235年(嘉禎元年)に宋(中国)に渡り、1241年(仁治2年)に帰国した際に持ち帰ったと言われています。通天モミジはかつて桜が遊興の場となることを恐れて伐採されたように1869年(明治2年)に一度全て伐採されたが、その後再び植えられたそうです。
洗玉澗には東福寺三名橋とも言われる通天橋・臥雲橋・偃月橋(えんげつきょう)が架けられ、標高約233メートルの稲荷山を源とする三ノ橋川(さんのはしがわ)が流れています。なお偃月橋(重要文化財)は1603年(慶長8年)に再建され、日本百名橋にも選ばれています。
通天橋は洗玉澗に架かる約26メートル木造橋廊です。通天橋は1380年(天授6年)に相国寺2世・春屋妙葩(しゅんおくみょうは)が洗玉澗を渡る労苦から僧を救う為に架けたと言われています。ただ通天橋は1959年(昭和34年)の台風で崩壊し、1961年(昭和36年)に再建されました。なお通天橋の名称は下から見上げると天にも通じるように高くそびえるように見えることに由来しています。
臥雲橋は洗玉澗に架かる木造橋廊です。臥雲橋は東福寺三名橋の内、一番西側にあります。
紅葉は最低気温が8度以下の日が続くと見ごろが近くなり、最低気温が5~6度になると一気に進むと言われています。なお紅葉は緑色の色素が分解され、赤色の色素が生成されることで起こります。黄葉は緑色の色素が分解され、黄色の色素だけが残ることで起こります。

看楓特別公開・東福寺紅葉
新緑遊行特別公開・東福寺青モミジ

【東福寺 歴史・簡単概要】
東福寺(とうふくじ)は平安時代中期の924年(延長2年)に公卿・藤原忠平(ふじわらのただひら)が創建した藤原氏の氏寺・法性寺(ほっしょうじ)があった場所です。東福寺は鎌倉時代中期の1236年(嘉禎2年)に摂政・九条道家(くじょうみちいえ)が高さ5丈(約15メートル)の釈迦像(しゃかぞう)を安置する寺院を創建することを発願し、臨済宗の僧である聖一国師(しょういちこくし)・円爾(えんに)を開山として仏殿を建立したのが起源です。仏殿の建立には1236年(嘉禎2年)から1255年(建長7年)までの約19年も掛かり、天台宗・真言宗・禅宗の三宗兼学の堂塔も建立されました。東福寺の名称は奈良における最大の寺院である華厳宗(けごんしゅう)大本山・東大寺(とうだいじ)と奈良で最も盛大を極めた法相宗(ほっそうしゅう)大本山・興福寺(こうふくじ)から1字ずつ取り、東福寺となりました。ただ1319年(元応元年)の火災で釈迦像は焼失し、1334年(建武元年)・1336年(延元元年)の火災によって伽藍の大部分を焼失しました。その後1346年(貞和3年)に関白・一条経道(いちじょうつねみち)が仏殿を再建したが、1881年(明治14年)の火災によって仏殿などが焼失しました。なお本堂(仏殿兼法堂)は1917年(大正6年)から再建が始まり、1934年(昭和9年)に完成しました。
東福寺は臨済宗東福寺派の大本山です。
*参考・・・東福寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ東福寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【東福寺紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
東福寺(アクセス・見どころ・・・)情報
東福寺見どころ東福寺見所ランキング

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 京都霊山護国神社
  2. 伴緒社祭
  3. 身代不動尊採燈大護摩供
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る