豊国神社(アクセス・見どころ・歴史・・・)

豊国神社

豊国神社

豊国神社(アクセス・見どころ・歴史概要・・・)情報を紹介しています。(2014年末から未更新の場合あり)豊国神社は豊臣秀吉を祀っているが、1662年(寛文2年)京都で起きた地震では豊国神社周辺は被害がなかったこともあり、地震除けの流行神として参詣者が集まったそうです。なお大阪や愛知にも豊臣秀吉を祀る豊国神社があります。

【豊国神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区大和大路正面茶屋町530
最寄り駅・バス停・・・博物館・三十三間堂前(徒歩約5分)、東山七条(徒歩約7分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)、208系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は七条駅(徒歩約5分)

【豊国神社 拝観時間・時間(要確認)】
9:00~16:30
年中無休

【豊国神社 拝観料金・料金(要確認)】2019年10月から改定の場合あり
個人
宝物館・・・大人300円、大学生・高校生200円、中学生・小学生100円

団体(20名以上)
宝物館・・・大人240円、大学生・高校生160円、中学生・小学生80円

スポンサーリンク


【豊国神社 歴史・簡単概要】
豊国神社(とよくにじんじゃ・ほうこくじんじゃ)は1598年(慶長3年)に亡くなり、火葬されることなく、伏見城内に安置されていた関白・豊臣秀吉の遺体が遺命により、東山阿弥陀ヶ峰に葬られ、その麓に廟所が建立されたのが起源です。その後大坂夏の陣により、豊臣家が滅亡すると江戸幕府初代将軍・徳川家康が後水尾天皇の勅許を得て、秀吉の神号「豊国大明神」を剥奪し、豊国神社を取り壊して、秀吉の霊を方広寺大仏殿裏手南東に建てた五輪石塔に移しました。なお1868年(明治元年)明治天皇の指示により、1880年(明治13年)方広寺大仏殿跡に社殿が再興されました。
*参考・・・豊国神社豊国神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【豊国神社 見どころ・文化財(非公開の場合あり)】
豊国神社の見どころは国宝である唐門です。唐門は南禅寺金地院にあったが、豊国神社の再建の為に移築されました。なお金地院の前には二条城、その前は伏見城にあったと言われています。

国宝・・・唐門
重要文化財・・・紙本着色豊国祭図、黄地菊桐文付紗綾胴服、唐櫃、鉄燈篭、薙刀直シ刀

【豊国神社 連絡先(現在確認中)】*電話は控えて下さい。迷惑になります。
電話番号・・・+81-75-541-5361

【豊国神社 (アクセス・御朱印・駐車場・・・)備考】
豊国神社・例祭と献茶祭
京都刀剣ゆかりの地

【豊国神社 おすすめ散策ルート】
豊国神社からのおすすめ散策ルートは南側にあるJRの線路を越え、京都五山(天龍寺・相国寺・建仁寺・万寿寺)のひとつ東福寺に向かうルートです。東福寺の周辺には泉涌寺などもあり、京都観光・旅行を楽しむことができます。なお豊国神社の周辺には方広寺・三十三間堂・智積院・妙法院・国立博物館などもあり、それらを散策してから東福寺に向かうといいかもしれません。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. うるし祭
  2. 京都霊山護国神社
  3. 伴緒社祭
  4. 恵美須神社火焚祭
  5. 城南宮火焚祭

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る