祇園祭と雑色(ぞうしき)

祇園祭と雑色(ぞうしき)

祇園祭は約10年間続いた応仁の乱によって33年間も中絶しました。1500年(明応9年)の祇園祭再興の際に行われたくじ取り式では室町幕府の侍所開闔・松田豊前守頼亮とともに侍所の下級役人である雑色が重要な役割を果たしました。

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から7月31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの7月1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2024日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑(しんせんえん)に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来(やくしにょらい)の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散(びょうまたいさん)を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。970年(天禄元年)から毎年に行われるようになりました。
祇園祭歴史年表・由来(869年~)

【祇園祭と雑色(ぞうしき)】
祇園祭は1467年(応仁元年)から1477年(文明9年)までの約10年間続いた応仁の乱(おうにんのらん)によって33年間も中絶しました。1500年(明応9年)の祇園祭再興の際に行われたくじ取り式では室町幕府の侍所(さむらいどころ)開闔・松田豊前守頼亮(まつだぶぜんのかみよりすけ)とともに侍所の下級役人である雑色(ぞうしき)が重要な役割を果たしました。「祇園会山鉾事(八坂神社文書)」に「今度御再興巳後、山鉾次第町人等諍論之間、鬮取次第也、前々日町人等来愚邸鬮取之、雑色等来入申付之、 頼亮」と記され、くじ取り式に町人が松田豊前守頼亮の自宅に集まり、雑色らの立ち会いのもとで行われたと記されています。祇園祭の山鉾巡行では山鉾の先陣争いが激化し、警察機能などを管掌する侍所がくじ取り式を行うことにより、事前に混乱を避ける意味合いがあったと言われています。「祇園会山鉾事」の続きには松田豊前守頼亮の孫で、室町幕府の奉行人・松田頼隆が1560年(永禄3年)に書き写した奥書があり、神輿渡御のしんがりに雑色らが鎧直垂で付き従っていたことが記されています。ちなみに神輿渡御には犬神人・獅子舞・社人・輿に乗った神子・馬に乗った神主なども付き従っていました。江戸時代のくじ取り式では雑色が立ち会って行われ、京都所司代(きょうとしょしだい)の花押(かおう、華押)などが記されたくじ証が渡されていました。そして雑色は山鉾巡行のくじ改めでは床机を置いてくじ証を確認しました。雑色は祇園祭の諸行事の検分や警護なども行っていました。旧暦5月20日の吉符入では八坂神社の神職と打ち合わせを行い、長刀鉾(なぎなたほこ)などの役員に古例に違うことなくを行うように指示しました。また雑色は神輿洗(みこしあらい)・神輿渡御(神幸祭(しんこうさい)・還幸祭(かんこうさい))への供奉なども行いました。

【雑色 祇園祭】
雑色は律令制において、諸官庁に隷属していた下級の役人です。雑色は鎌倉時代・室町時代に幕府の雑役に当たった下級役人です。雑色は江戸時代初期に京都所司代の支配下に属し、1668年(寛文8年)に東西町奉行所が置かれると町奉行所の支配下になりました。雑色は1601年(慶長6年)に京都所司代・板倉勝重が京都支配機構の末端に組み入れました。雑色は町代ととも半官半民の立場で行政を支えました。雑色には上雑色と下雑色がありました。上雑色は五十嵐家・荻野家・松村家・松尾家の世襲制で、名字を許され、身分が士分格とされ、四座雑色と言われました。上雑色は元々、五十嵐家・荻野家の二家だったが、室町時代中期の室町幕府8代将軍・足利義政の時代頃に松村家・松尾家が加えられたと言われています。下雑色は上雑色四家にそれぞれ二家が付き、下雑色の下に見座・中座などが付きました。上雑色四家は四条室町の交差点を基点に北西(乾)を五十嵐家、北東(艮)を荻野家、南西(坤)を松村家、南東(巽)を松尾家が管轄しました。雑色は公武行事の警護・年中行事の警護・寺社などの行事の見廻りなどの職務がありました。その職務の中には祇園祭の諸行事の検分や警護なども含まれています。

【祇園祭と雑色(ぞうしき) 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2024日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場(Nishiki Market)
  2. 竹林の道(Bamboo Forest Path)
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る