葵祭歴史(葵祭とは賀茂大神の祟りが起源)

葵祭

葵祭歴史

葵祭歴史を簡単に紹介しています。葵祭とは古墳時代後期の欽明天皇の時代(539年~571年)に京都をはじめ全国が風水害に見舞われ、飢餓・疫病が流行し、賀茂大神の祟りであるとしたのが起源です。葵祭歴史は古墳時代後期に始まり、千年以上の歴史があります。ただ室町時代には約200年間途絶えたこともありました。

【葵祭2023日程(要確認)】

葵祭2023・路頭の儀は2023年(令和5年)5月15日(月曜日)に行われます。ただ悪天候の場合、翌16日(火曜日)に順延されます。
葵祭2023日程(行事・・・)

【葵祭:創始(起源・由来)】

  • 葵祭(あおいまつり)・賀茂祭(かもまつり)とは上賀茂神社によると神代の昔に主祭神・賀茂別雷命(かもわけいかづちのかみ)が現社殿の北北西にある秀峰・神山(こうやま)に降臨した際の神託により、奥山の賢木(さかき)を取って阿礼(あれ)に立て、綵色(いろあや)を飾ったり、走馬(そうま)を行ったり、葵楓(あおいかつら)の蔓(かずら)を装ったりして祭りを行ったのが起源とも言われています。

上賀茂神社歴史上賀茂神社

スポンサーリンク

【葵祭:古墳時代】

  • 古墳時代後期の第29代・欽明天皇の時代(539年~571年)に京都をはじめ全国が風水害に見舞われ、飢餓・疫病が流行し、賀茂大神(上賀茂神社・下鴨神社)の崇敬者である卜部伊吉若日子(うらべのいきわかひこ)に占わせられたところ賀茂大神の祟りであると奏した為、卜部伊吉若日子が勅命により、旧暦の4月吉日を選んで、馬に鈴を懸け、人は猪頭(いのがしら)を被り、駆競(くち・かけくらべ)して盛大に祭りを行いました。これが起源とも言われています。ちなみに風水害は治まり、五穀豊穣になったとも言われています。

下鴨神社歴史下鴨神社

【葵祭:奈良時代】

  • 698年(文武天皇2年)に多くの人出や騒乱などにより、騎射(流鏑馬)が禁止されたとも言われています。
  • 711年(和銅4年)に第43代・元明天皇が山城国司に無事に行われているかを検察するように勅を発したとも言われています。

【葵祭:平安時代】

  • 807年(大同2年)に勅祭になり、賀茂社(上賀茂神社・下鴨神社)が伊勢神宮に次ぐ神位を賜り、正一位に叙されました。
  • 三勅祭北祭南祭

  • 810年(大同5年)に賀茂斎院(さいいん・いつきのみや)が置かれ、第52代・嵯峨天皇の第8皇女・有智子内親王(うちこないしんのう)が賀茂社に奉仕する初代斎王として仕えました。ちなみに斎王は天皇の代理で、伊勢神宮に奉仕する伊勢斎王に倣ったと言われているそうです。伊勢斎王は未婚の皇女・女王から選ばれ、宮中の初斎院で1年間、野宮(ののみや)で1年間身を清め、伊勢に向かったそうです。
  • 賀茂斎院斎王

  • 819年(弘仁10年)に律令制度の中で最も重要な恒例祭祀(中紀)に準じて行われる国家的行事になりました。その為平安時代中期に祭りと言えば、葵祭のことを指すほど隆盛を極めたそうです。
  • 887年(仁和3年)に第59代・宇多天皇(867年~931年)が賀茂大神の神託により、天皇に即位できたとして、秋に臨時祭が行われるようになり、1870年(明治3年)まで続いたとも言われています。

【葵祭:鎌倉時代】

  • 1191年(建久2年)に第82代・後鳥羽天皇が華美となった葵祭を禁止したとも言われています。
  • 鎌倉時代・室町時代に隆盛を極めた葵祭が衰えました。

【葵祭:室町時代】

  • 1467年(応仁元年)からの応仁の乱(~1477年(文明9年))以降、約200年間途絶えました。

【葵祭:江戸時代】

  • 1694年(元禄7年)に京都西陣に生まれ、江戸幕府3代将軍・徳川家光の側室になった桂昌院(けいしょういん・お玉)の実子で、5代将軍・徳川綱吉が尽力し、約200年振りに再興されました。なお江戸時代には上賀茂神社から徳川将軍家に葵使(あおいつかい)が二葉葵(ふたばあおい)を献上していたそうです。

葵使

【葵祭:明治時代以降】

  • 1871年(明治4年)から1883年(明治16年)までは戊辰戦争・東京遷都などによって中断されました。
  • 1884年(明治17年)に第122代・明治天皇によって春日大社の春日祭・石清水八幡宮の石清水祭とともに日本三勅祭のひとつとして再び行われるようになりました。
  • 1943年(昭和18年)から1952年(昭和27年)まで行列が中止されました。
  • 1956年(昭和31年)に斎王代が創設されました。

斎王代

【葵祭:「源氏物語」】

  • 平安時代中期の女性作家・紫式部(むらさきしきぶ)が記した「源氏物語(げんじものがたり)」の「葵の巻」には光源氏の妻・葵の上と六条御息所が葵祭の斎王列を見物する為に車争いしたことが描かれています。

「源氏物語(車争い)」

【葵祭歴史 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
葵祭祭儀葵祭見どころ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る