峰定寺紅葉見ごろ(11月上旬頃)・紅葉名所

峰定寺紅葉見ごろ

峰定寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。峰定寺は参道などの山内にイロハモミジ・ヤマモミジなどが植えられ、紅葉と標高約747メートルの大悲山南中腹の断崖に迫り出した舞台造(懸造)の本堂(重要文化財)との光景が素晴らしいと言われています。また紅葉と参道・仁王門(重要文化財)との光景も見どころです。(詳細下記参照)

【峰定寺紅葉見ごろ時期・見ごろ予想】
峰定寺の紅葉見ごろは例年11月上旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年10月24日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろを山がやや遅め、平野部が平年並と予想しました。京都の紅葉見ごろは嵐山が11月23日頃、大原三千院が11月15日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になるそうです。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【峰定寺紅葉・峰定寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市左京区花背原地町772
最寄り駅・バス停・・・大悲山口(徒歩約30分)

京都バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*叡山電鉄・出町柳駅からは広河原行き
京都バス・アクセスダイヤ

スポンサーリンク


【峰定寺紅葉見ごろ時期・見どころ】
峰定寺は紅葉の名所です。峰定寺の紅葉見ごろは例年11月上旬頃です。峰定寺は参道などの山内にイロハモミジ・ヤマモミジなどが植えられ、紅葉と標高約747メートルの大悲山(だいひざん)南中腹(標高約550メートル)の断崖に迫り出した舞台造(懸造)の本堂(重要文化財)との光景が素晴らしいと言われています。また紅葉と参道・仁王門(重要文化財)との光景も見どころです。なお峰定寺は仁王門から石段423段を登った先にある本堂までの参道が歴史的自然環境保全地域に指定されていることなどもあり、カメラ・荷物の持ち込み・雨天時の入山禁止などの制限があります。(要注意)
本堂は1350年(貞和6年)頃に再建されました。本堂は日本最古の舞台造建築とも言われています。本堂は寄棟造・柿(こけら)葺きの仏殿で、創建時に造仏されたとも言われる本尊・木造千手観音坐像(重要文化財)を安置しています。
仁王門は1350年(貞和6年)に再建されました。仁王門は入母屋造・柿(こけら)葺きの単層の八脚門です。なお仁王門は1163年(長寛元年)に良元が造仏した木造金剛力士立像(重要文化財)を安置しています。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【峰定寺 歴史・簡単概要】
峰定寺(ぶじょうじ)は1154年(久寿元年)に修験者であった三滝上人(みたきしょうにん)・観空西念(かんくうさいねん)が鳥羽上皇(第74代・鳥羽天皇)の勅願により、鳥羽上皇の念持仏である十一面千手観音像を本尊として創建したのが起源とも言われています。信西(しんぜい)こと藤原通憲(ふじわらのみちのり)と平清盛が本堂・仁王門を建立したとも言われています。1350年(貞和6年)に現在の仁王門が再建され、同じ頃に現在の本堂が再建されたと言われています。その後衰微し、1676年(延宝4年)に後西上皇(第111代・後西天皇)の皇子・聖護院宮道祐入道親王(どうゆうにゅうどうしんのう)が後西上皇の勅により、貴船成就院・元快が伽藍を再建し、本山修験宗の総本山・聖護院(しょうごいん)に属するようになりました。なお峰定寺は本尊・千手観音を安置し、樹齢約1,000年と言われる花背の三本杉を神木としています。
峰定寺は本山修験宗の寺院です。
*参考・・・峰定寺峰定寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【峰定寺紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
峰定寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 恵美須神社火焚祭
  2. 城南宮火焚祭
  3. 聖徳太子御火焚祭
  4. 白峯神宮御火焚祭
  5. 弘法市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る