伏見万灯流し2019/8/10(日程・時間・・・)

伏見万灯流し

伏見万灯流し2019(日程・時間・・・)を紹介しています。伏見万灯流しは毎年8月上旬頃の土曜日に行われています。1868年(明治元年)の鳥羽伏見の戦いでの犠牲者の慰霊とお盆の先祖供養・家内安全の為、寺田屋浜から伏見城の外堀である濠川(ほりかわ)に数千基の灯ろうが流されます。なお献灯することもできます。(詳細下記参照)

【伏見万灯流し2019 日程時間(要確認)】
伏見万灯流し2019は2019年(令和元年)年8月10日(土曜日)18:30から行われます。

【伏見万灯流し2019・寺田屋浜(伏見三十石船乗り場) アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市伏見区
最寄り駅・バス停・・・中書島駅(徒歩約5分)、伏見桃山駅(徒歩約10分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京阪電鉄本線

*近鉄京都線の場合、最寄り駅は桃山御陵前駅(徒歩約10分)
*JR奈良線の場合、最寄り駅は桃山駅(徒歩約18分)

長建寺(アクセス・見どころ・・・)情報

スポンサーリンク


【伏見万灯流し 歴史・簡単概要】
寺田屋浜伏見万灯流し(ふしみまんとうながし)は2004年(平成16年)に1868年(明治元年)の鳥羽伏見の戦いでの犠牲者を慰霊する為に始まりました。
伏見万灯流しでは先ず長建寺の住職による法要が行われ、その後鳥羽伏見の戦いでの犠牲者の慰霊とお盆の先祖供養・家内安全の為、寺田屋浜から1592年(文禄元年)に関白・豊臣秀吉が築城した伏見城の外堀である濠川(ほりかわ)に数千基の灯ろうが流されます。
鳥羽伏見の戦いは1868年(明治元年)1月27日に勃発し、明治新政府軍と旧幕府軍が戦った戊辰戦争(ぼしんせんそう)の緒戦になりました。鳥羽伏見の戦いでは会津藩・桑名藩などの旧幕府軍約1万5千人と薩摩藩・長州藩などの明治新政府軍約5千人が戦ったが、装備と士気に勝る明治新政府軍が旧幕府軍を退却させ、大坂城にいた江戸幕府15代将軍・徳川慶喜は海路で江戸に戻りました。なお鳥羽伏見の戦いでは明治新政府軍約110人、旧幕府軍約280人が戦死したとも言われています。
寺田屋浜は坂本龍馬ゆかりの寺田屋近くにあり、かつては三十石船の船着場があったそうです。なお寺田屋は1866年(慶応2年)3月9日、坂本龍馬が伏見奉行・林肥後守忠交の捕方に襲われたが、風呂に入っていたお龍の機転により、左右の親指に負傷はしたが、難を逃れた船宿です。
*参考・・・伏見大手筋商店街facebook

【長建寺 歴史・簡単概要】
長建寺(ちょうけんじ)は1699年(元禄12年)伏見奉行・建部政宇(たけべまさのき)が壕川を開拓する際、深草大亀谷の即成就院(そくじやうじゆいん)の塔頭・多門院を分離したのが起源です。その為長建寺の名称は建部姓の「建」一字と長寿の願いの「長」が由来になっています。なお即成就院(即成院)は992年(正暦3年)恵心僧都(えしんそうず)・源信(げんしん)が伏見に建立した光明院が起源とも、寛治年間に藤原頼通の子・橘俊綱が伏見山の山荘に阿弥陀如来・二十五菩薩像を安置したのが起源とも言われています。
長建寺は真言宗醍醐派の寺院です。
*参考・・・長建寺長建寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【伏見万灯流し2019 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
伏見万灯流しでは献灯することもできます。(要確認)
寺田屋(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 永観堂紅葉ライトアップ

    2019年11月のイベント(紅葉ライトアップ・火焚祭・・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 城南宮火焚祭
  2. 聖徳太子御火焚祭
  3. 白峯神宮御火焚祭
  4. 弘法市
  5. 天神市

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る