祇園祭稚児(神のお使い・神の化身・鉾稚児)

長刀鉾

祇園祭稚児

祇園祭稚児とは長刀鉾・久世駒形・綾傘鉾の稚児です。長刀鉾稚児とは神のお使いとされ、山鉾巡行(前祭)で長刀鉾に搭乗して注連縄切り・太平の舞を行います。久世駒形稚児とは神の化身とされ、神幸祭・還幸祭で馬に乗って中御座神輿を先導します。綾傘鉾稚児は山鉾巡行(前祭)で綾傘鉾を先導します。(祇園祭稚児の費用・選び方・家柄などは掲載しておりません。)

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2023日程一覧(宵山屋台・山鉾巡行・・・)

【祇園祭 基礎知識】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王を祀り、更に牛頭天王を主祭神とする八坂神社から3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。
祇園祭歴史年表・由来(869年~)

スポンサーリンク

【長刀鉾稚児 祇園祭】
長刀鉾稚児とは現在祇園祭の鉾(大型の山鉾)の中で唯一の生稚児(いきちご)です。稚児は正五位少将・十万石大名の位を授かると神のお使いとされ、公の場では地面に足をつけず、男性強力(ごうりき)の肩に担がれて移動します。正五位少将・十万石大名の位は高い長刀鉾の上から貴人などを見下ろしても不遜にならないようにという意味があります。稚児には7月17日の祇園祭山鉾巡行(前祭)の際、神域との結界を開放し、山鉾巡行をスタートさせる注連縄切りや山鉾巡行のコースを清め祓う太平の舞を行う役割があります。
長刀鉾稚児(歴代稚児・・・)
●稚児は例年6月上旬頃に10歳前後の男子から選ばれ、禿(かむろ)の男子2名とともに発表されます。かつて長刀鉾町から選ばれていたが、最近は京都市内から選ばれているそうです。なお祇園祭ではかつて船鉾・大船鉾以外の鉾には生稚児が搭乗していました。しかし江戸時代後期の1788年(天明8年)に天明の大火で被災した函谷鉾(かんこほこ)が1839年(天保10年)に再興された際に生稚児に代わって稚児人形が使われるようになってからは他の鉾でも徐々に稚児人形に代わり、1929年(昭和4年)に放下鉾(ほうかほこ)が稚児人形に代わって以来、生稚児を乗せる鉾は長刀鉾だけになりました。
●稚児は例年7月1日に八坂神社を訪れ、選ばれたことを報告し、神事の無事を祈願します。本殿を時計回りに3周し、正面と背面(裏正面)で立ち止まって祈願します。
●稚児は例年7月5日に長刀鉾町の会所二階で稚児舞(太平の舞)を披露します。稚児舞は祇園祭山鉾巡行(前祭)中、注連縄切りの際や町名が変わる度に披露されます。
●稚児は例年7月13日に八坂神社を訪れ、正五位少将・十万石大名の位を授かります。7月17日の祇園祭山鉾巡行(前祭)後に八坂神社を訪れ、位を返します。

【久世駒形稚児 祇園祭】
久世駒形稚児とは素戔嗚尊(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)の荒御魂(あらみたま)の鎮まる馬の頭を象った御神体・駒形を胸に掛け、神の化身とされています。ちなみに神のお使いとされる長刀鉾稚児は八坂神社の境内で馬などの乗り物から降りなければならないが、久世駒形稚児は下馬することなく、馬に乗ったまま本殿に乗り付けることができます。なお稚児には7月17日の祇園祭神幸祭(しんこうさい・おいで)と7月24日の祇園祭還幸祭(かんこうさい・おかえり)の際、素戔嗚尊(牛頭天王)の神霊をのせた中御座神輿を馬に乗って先導します。
●稚児は綾戸国中神社(あやとくなかじんじゃ)の氏子関係者から2名が選ばれています。綾戸国中神社(国中神社)は素盞嗚尊の愛馬(天幸駒)の頭を彫刻したものを素盞嗚尊の形見として祀ったことから牛頭天皇社とも言われました。
●稚児は古来から祇園祭神幸祭の先導役とされ、古文書には「御神幸の七月十七日に訓世の駒形稚児の到着なくば、御神輿は八坂神社から一歩も動かすことならぬ。若し此の駒故なくしてお滞りあるときは、必ず疫病流行し人々大いに悩む。」と記されています。
●稚児は例年7月13日に八坂神社を訪れ、神事の無事を祈願します。

【綾傘鉾稚児 祇園祭】
綾傘鉾稚児とは鉾稚児と言われています。稚児6人は7月17日の祇園祭山鉾巡行(前祭)の際、地上を歩いて綾傘鉾の先導役を勤めます。稚児が6人の理由は綾傘鉾を復興させる際、古文書に描かれた絵を参考にしたことに由来しています。ただかつては綾傘鉾に搭乗していたそうです。なお綾傘鉾では例年幼稚園・保育園年長から小学校中学年頃までの健康な男児で、 綾傘鉾保存会役員・後援会の推薦がある方から稚児を選んでいます。(要確認)
●稚児は例年7月7日に八坂神社を訪れ、選ばれたことを報告し、神事の無事を祈願します。本殿を時計回りに3周し、正面と背面(裏正面)で立ち止まって祈願します。

【稚児人形 祇園祭】
祇園祭ではかつて船鉾・大船鉾以外の鉾に生稚児が搭乗していたが、現在は長刀鉾を除いて稚児人形に代わりました。函谷鉾の稚児人形は嘉多丸(かたまる)、放下鉾の稚児人形は三光丸(さんこうまる)、菊水鉾(きくすいほこ)の稚児人形は菊丸(きくまる)、月鉾(つきほこ)の稚児人形は於兎丸(おとまる)、鶏鉾(にわとりほこ)の稚児人形は名称不詳です。三光丸は稚児舞を披露できるように作られています。

【依り代 祇園祭】
稚児には山鉾と同じように神霊が依り憑く(よりつく)依り代(よりしろ)という日本の古神道に由来していのかもしれません。日本ではあらゆる森羅万象(しんらばんしょう)に神霊が宿り、森羅万象が依り代になると言われています。そして神霊の依る人を巫(かんなぎ)と言い、依巫(よりまし)・憑巫(よりまし)・尸童(よりまし)とも言われました。尸童は童児を表わしていました。巫は古神道で神霊を鎮める、神霊の依り代になって、神霊を自らの身体に神を宿しました。

【祇園祭稚児 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭2023日程(ちまき販売・宵山屋台・・・)

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る