祇園祭を行っている八坂神社は神仏習合時代に感神院(かんしんいん)とも称し、中御座の素戔嗚尊(すさのおのみこと)を牛頭天王(ごずてんのう)、東御座の素戔嗚尊の妻・櫛稲田姫命を頗梨采女、西御座の八柱御子神を八王子として祀っていました。ちなみに祇園祭は牛頭天王の祟りを鎮める869年(貞観11年)の祇園御霊会が起源と言われています。

【祇園祭 日程】
祇園祭は7月1日の吉符入(きっぷいり) から7月31日の疫神社(えきじんじゃ)の夏越祭(なごしさい)までの7月1ヶ月に渡って行われます。
祇園祭2020日程(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020日程一覧(山鉾巡行・宵山・・・)祇園祭2020(山鉾巡行・宵山・・・)

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社(祇園社)から3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。その後970年(天禄元年)から毎年旧暦6月14日に行われるようになりました。
祇園祭歴史

スポンサーリンク


【感神院 歴史・簡単概要】
祇園祭を行っている八坂神社は現在中御座に素戔嗚尊(すさのおのみこと)、東御座に素戔嗚尊の妻・櫛稲田姫命(くしなだひめのみこと)、西御座に素戔嗚尊の8人の子供である八柱御子神(やはしらのみこがみ)を祀っています。八柱御子神は八島篠見神(やしまじぬみのかみ)・五十猛神(いたけるのかみ)・大屋比売神(おおやひめのかみ)・抓津比売神(つまつひめのかみ)・大年神(おおとしのかみ)・宇迦之御魂神(うかのみたまのかみ)・大屋毘古神(おおやびこのかみ)・須勢理毘売命(すせりびめのみこと)の総称です。また東御座の同座にいずれも素戔嗚尊の妻である神大市比売命(かんおおいちひめのみこと)・佐美良比売命(さみらひめのみこと)、西御座の御座に稲田宮主須賀之八耳神(いなだのみやじのすがのやみのかみ)も祀っています。しかし1868年(明治元年)の神仏分離令前には八坂神社は感神院(かんしんいん)・祇園社・祇園感神院とも称し、中の座に素戔嗚尊と同一視され、神仏習合(しんぶつしゅうごう)の習合神で、お釈迦様が説法を行った祇園精舎(ぎおんしょうじゃ)を守護するとされる牛頭天王(ごずてんのう)、西の座に牛頭天王の后神で、櫛稲田姫命と同一視される頗梨采女(はりさいにょ・ばりうねめ)、東の座に牛頭天王の8人の王子である八王子(はちおうじ)を祀っていました。ちなみに祇園祭の起源である祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)は牛頭天王(ごずてんのう)の祟りとされています。八坂神社は神仏習合時代の当初奈良・興福寺(こうふくじ)の末寺であったが、974年(天延2年)に比叡山延暦寺(ひえいざんえんりゃくじ)の末寺になり、寺務を統括する別当(べっとう)は天台座主(てんだいざす)が兼任し、世襲の執行家である社家(しゃけ)に紀氏(きうじ)が任じられました。また八坂神社は比叡山延暦寺の守護神・日吉大社(ひえたいしゃ)の末社にされ、日吉神社の祭礼・日吉祭(山王祭・さんのうさい)が行われない場合、祇園御霊会も中止させられたり、延期させられたりしたと言われています。室町時代初期に執行家が宝寿院(ほうじゅいん)の院号を称する家系に統一されました。その後執行代として宝寿院の庶流(しょりゅう)である宝光院・神福院が誕生し、祇園の三院と言われました。その後竹坊・松坊・東梅坊・西梅坊・新坊の坊舎が誕生し、祇園の三院五坊と言われていたが、1868年(明治元年)の神仏分離令によって八坂神社の神宮寺・観慶寺(かんけいじ・祇園寺)が廃寺になり、薬師堂(本堂)・元三大師堂(がんざんだいしどう)・愛染堂(あいぞめどう)・観音堂・鐘楼・院坊などの仏教建造物は全て破却され、社僧は全員還俗しました。また神殿に祀られていた牛頭天王像が破壊され、本尊である十一面薬師如来立像・日光月光菩薩像・十二将神像・夜叉神明像が大蓮寺(だいれんじ)に移され、梵鐘が大雲院(だいうんいん)に移されたと言われています。
●素戔嗚尊は国産みで知られている父・伊奘諾尊(いざなぎのみこと)と母・伊奘冉尊(いざなみのみこと)の子で、天照大神(あまてらすおおみかみ)の弟です。素戔嗚尊は8つの頭と8本の尾を持つ八岐大蛇(やまたのおろち)を退治し、救った櫛稲田姫命(くしいなだひめのみこと)と結婚したとされています。
●牛頭天王は体が人だが、頭に牛のような角が生えていたことから后(きさき)になる者はいませんでした。鳥のお告げにより、后を求めて南海に旅に出た際、蘇民将来(そみんしょうらい)の兄で、富豪の巨端将来(こたんしょうらい)は宿を断り、貧しい蘇民将来は粟の粥で快くもてなした。その後牛頭天王は竜女と結ばれ、巨端将来には罰を与えて一族を滅ぼし、蘇民将来は牛頭天王の教えに従って、茅の輪(ちのわ)を腰に付けたところ疫病を逃れることができ、子々孫々まで繁栄したと言われ、祇園祭のちまき(粽)の護符「蘇民将来之子孫也」の由来になっています。

【祇園感神院 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
祇園祭宵山2020祇園祭山鉾巡行2020

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る