高台寺春の特別展2019/3/8~5/6

高台寺桜

高台寺春の特別展(日程・時間・・・)を紹介しています。高台寺春の特別展は毎年春に行われています。2019年(平成31年)の春の特別展は「泉琳桜と春の宴―山岸泉琳作品展」をテーマとして行われ、女流画家・山岸泉琳(やまぎしせんりん)の作品が展示されます。ちなみに春の特別展では例年日没頃からライトアップも行われています。(詳細下記参照)

【高台寺春の特別展2019 日程時間(要確認)】
高台寺春の特別展2019(桜・春)は2019年3月8日(金曜日)~5月6日(月曜日)9:00~22:00まで行われます。(受付21:30終了)なお日没後からはライトアップが行われます。

【高台寺春の特別展 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区高台寺下河原町526
最寄り駅・バス停・・・東山安井(徒歩約5分)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から高台寺は206系統(D2乗り場)
*四条河原町からは207系統
*四条烏丸からは207系統
*河原町丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は清水五条駅(徒歩約12分)・祇園四条駅(徒歩約12分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約15分)

スポンサーリンク


【高台寺春の特別展 歴史・簡単概要】
高台寺春の特別展(春の特別拝観・春の夜間特別拝観)は毎年春に行われています。春の特別展は例年3月に行われている京都・東山花灯路(ひがしやまはなとうろ)からゴールデンウィーク頃まで行われています。ちなみに春の特別展では例年日没頃からライトアップも行われています。なお春の特別展では例年テーマを設けて行われています。
2019年(平成31年)の春の特別展は「泉琳桜と春の宴―山岸泉琳作品展」をテーマとして行われ、女流画家・山岸泉琳(やまぎしせんりん)の作品が展示されます。高台寺には染井吉野・枝垂桜など約50本の桜の木が植えられ、方丈前庭・波心庭(はしんてい)前に枝垂桜があります。ちなみに桜は例年4月上旬頃に見ごろを迎えます。
山岸泉琳は東京銀座に生まれ、多摩美術大学で日本画を専攻しました。山岸泉琳は「現代における風流」をテーマに本阿弥光悦(ほんあみこうえつ)・俵屋宗達(たわらやそうたつ)・尾形光琳(おがたこうりん)が作り上げた琳派(りんぱ)の世界観を現代に描いています。山岸泉琳は高台寺本堂の襖絵「春景―枝垂れ桜」を製作しました。また高台寺の塔頭・円徳院に掛け軸を製作して納入しました。
波心庭は方丈前にある枯山水式庭園で、西の州浜に枝垂桜などが植えられています。方丈は1912年(大正元年)に再建され、本尊・釈迦如来坐像(宝冠釈迦)を安置しています。
京都・東山花灯路は京都の夜の風物詩を新たに創り出す為、2003年(平成15年)3月から東山エリアで始まりました。京都・東山花灯路は白壁・石畳・門前町などの東山の地理的条件を生かし、露地に行灯や生け花などを置き、京都の早春の季節感を演出します。

【高台寺 歴史・簡単概要】
高台寺(こうだいじ)は1606年(慶長11年)に関白・豊臣秀吉の正室・北政所(ねね)が1598年(慶長3年)に亡くなった秀吉の菩提を弔う為、曹洞宗の僧・弓箴善彊(きゅうしんぜんきょう)を開山として創建しました。北政所は当初実母・朝日局(吉子)が弔われている菩提寺・康徳寺(こうとくじ)に弔うとしたが、手狭だったことから岩栖院(がんせいいん)と敷地交換して現在の場所に創建しました。北政所は門前に伏見城の化粧御殿などを移して屋敷を構え、晩年の19年間を過ごして亡くなり、その後甥である備中足守藩第2代藩主・木下利房(きのしたとしふさ)が塔頭・円徳院(えんとくい)を創建しました。高台寺の名称は北政所が落飾後の1603年(慶長8年)に第107代・後陽成天皇から賜った院号・高台院湖月心尼(高台院快陽心尼)に由来しています。その後1624年(寛永元年)に臨済宗・建仁寺(けんにんじ)から建仁寺295世・三江紹益(さんこうじょうえき)を招き、曹洞宗から臨済宗に改めました。
高台寺は臨済宗建仁寺派の寺院です。
*参考・・・高台寺(アクセス・歴史・・・)ホームページ高台寺(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【高台寺春の特別展 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
高台寺(アクセス・見どころ・・・)情報
高台寺見どころ高台寺見所ランキング

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る