興正寺梅見ごろ(2月中旬~3月中旬頃)

興正寺

興正寺梅見ごろ

興正寺梅見ごろ(イベント・・・)情報を紹介しています。興正寺には二階建ての楼門である三門近くに紅梅・白梅が植えられ、梅と三門・御影堂(ごえいどう)・阿弥陀堂・灯籠などの光景が美しいと言われています。三門からのぞくと右側に紅梅、左側に白梅が植えられ、紅梅は白梅と比べると早咲きになります。(詳細下記参照)

【興正寺梅見ごろ(要確認)】
興正寺の見ごろは例年2月中旬頃から3月中旬頃です。なお梅の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。
京都梅見ごろ2020京都梅名所

【興正寺梅・興正寺 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市下京区堀川通七条上ル花園町70番地
最寄り駅・バス停・・・西本願寺前(徒歩すぐ)、七条堀川(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅からは9系統(B1乗り場)西七、28系統(D3乗り場)西、50系統(B2乗り場)西、75系統(C5乗り場)西、206系統(A3乗り場)七、208系統 (B3乗り場)七
*四条堀川からは9系統西七、28系統西七
*堀川丸太町からは9系統西七
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*JRの場合、最寄り駅は京都駅(徒歩約15分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は大宮駅(徒歩約20分)

スポンサーリンク

【興正寺梅見ごろ】
興正寺はあまり知られてない梅の名所です。興正寺の見ごろは例年2月中旬頃から3月中旬頃です。興正寺には二階建ての楼門である三門近くに紅梅・白梅が植えられ、梅と三門・御影堂(ごえいどう)・阿弥陀堂・灯籠などの光景が美しいと言われています。三門からのぞくと右側に紅梅、左側に白梅が植えられ、紅梅は白梅と比べると早咲きになります。
御影堂は1912年(明治45年)に宗祖650回大遠忌を期して建立されました。御影堂は堂内中央に親鸞聖人40歳の姿と言われる木像、左右に興正寺歴代の御影、九字名号(南無不可思議光如来(なむふかしぎこうにょらい、なもふかしぎこうにょらい))・十字名号(帰命尽十方無碍光如来(きみょうじんじっぽうむげこうにょらい))を安置しています。なお御影堂は入母屋造の本瓦葺です。
三門は1912年(明治45年)に宗祖650回大遠忌を期して建立されました。三門は二階建ての楼門で、3つに仕切られた入り口があり、門扉に牡丹唐草に抱牡丹紋の彫刻が施されています。
梅は中国原産のバラ科サクラ属の落葉高木です。梅は630年(舒明2年)から838年(承和5年)に派遣された遣唐使(けんとうし)が唐(中国)から日本に伝えたと言われています。梅には500種以上の品種があるが、野梅系(やばいけい)・紅梅系(緋梅系)・豊後系(ぶんごけい)に大きく分類されるそうです。
花見と言うと現在は桜を連想するが、奈良時代には中国から伝わった梅だったそうです。しかし平安時代になると梅から桜に変わり、奈良時代末期頃成立の「万葉集」では梅を読んが和歌が桜よりも多かったが、平安時代前期成立の「古今和歌集」では桜を詠んだ和歌の方が梅よりも多くなります。

【興正寺 歴史・簡単概要】
興正寺(こうしょうじ)は寺伝によると1211年(建暦元年)に承元の法難(じょうげんのほうなん・建永の法難(けんえいのほうなん))によって越後(新潟)に流罪となった浄土真宗の宗祖・親鸞聖人(しんらんしょうにん)が勅免され、翌1212年(建暦2年)に京都に戻って山科に一宇を建立したのが起源とも言われています。興正寺の寺号は第84代・順徳天皇が名付け、「正しき法を興し、さかえさす(正法を興隆する)」という願いが込められています。その後東山の渋谷に移り、本尊・阿弥陀如来像が光明を放ったという霊験から南朝初代で、第96代・後醍醐天皇から寺号・佛光寺を賜ったと言われています。室町時代に佛光寺第14世・蓮教上人(れんきょうしょうにん)が本願寺(ほんがんじ)第8世・蓮如上人(れんにょしょうにん)に帰依して佛光寺を弟・経誉(きょうよ)に譲り、山科に興正寺を再建しました。その後興正寺は本願寺とともに度々移り、1569年(永禄12年)に本願寺第11世・顕如上人(けんにょしょうにん)の次男で、興正寺第17世・顕尊(けんそん)が入寺して本願寺の脇門跡に任ぜられました。1591年(天正19年)に関白・豊臣秀吉の命によって本願寺とともに現在の場所に移りました。
興正寺は真宗興正派の本山です。
*参考・・・興正寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ興正寺(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【興正寺梅見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
興正寺(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

ページ上部へ戻る