カテゴリー:紅葉見ごろ

  • 常照皇寺

    常照皇寺紅葉見ごろ2021(11月上旬頃)

    常照皇寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。常照皇寺は境内全体に紅葉を見ることができ、山門・勅額門・勅使門と続く参道や奥庭にモミジが敷き詰められた光景が美しいと言われています。紅葉は見ごろを迎えた時期に重なり合うように見え、「十二単」とも称されているそうです。
  • 毘沙門堂紅葉

    毘沙門堂紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    毘沙門堂紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。毘沙門堂は周囲にモミジなどが植えられ、2つの中島がある池を中心とした回遊式庭園・晩翠園や勅使門前の参道(石段)に現れる敷モミジ・紅葉トンネルが美しいと言われています。なおもみじまつりが行われます。(要確認)
  • 祇王寺紅葉

    祇王寺紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    祇王寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。祇王寺はカエデと竹林に囲まれ、緑の苔に覆われた苔の庭に真っ赤なじゅうたんを織り成すように赤い紅葉が降り積もる光景が美しいと言われています。ちなみに赤い紅葉は境内ややぶき屋根の草庵(本堂)などにも降り積もます。
  • 常寂光寺紅葉

    常寂光寺紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    常寂光寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。常寂光寺は小倉山の中腹に創建され、境内に200余本のカエデが植えられ、山門から続く紅葉のトンネルなどが素晴らしと言われています。藤原忠平は「小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ」と詠んでいます。
  • 二尊院

    二尊院紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    二尊院紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。二尊院は小倉百人一首にも詠われた小倉山の麓に創建され、約100メートルの参道が紅葉の馬場とも謳われる光景が美しいと言われています。藤原忠平は「小倉山 峰のもみぢ葉 心あらば 今ひとたびの みゆき待たなむ」と詠んでいます。
  • 天龍寺庭園・天龍寺見どころ

    天龍寺紅葉見ごろ2021(11月中旬頃)

    天龍寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。天龍寺はカエデなどが植えられ、紅葉の名所である嵐山や小倉山の南麓に位置する亀山を借景にした曹源池庭園の眺めが美しいと言われています。紅葉の見ごろに曹源池庭園の早朝参拝を行っています。(要確認)
  • 三千院紅葉

    三千院紅葉見ごろ2021(11月中旬頃)大原

    三千院紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。三千院にはカエデなどが植えられ、紅葉と約50メートルの参道・杉木立に囲まれた有清園や聚碧園との光景が美しいと言われています。三千院がある大原は「日本の紅葉の名所100選」に選ばれた京都を代表する紅葉の名所です。
  • 嵐山紅葉

    嵐山紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    嵐山紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。嵐山は楓などが植えられ、紅葉と渡月橋(とげつきょう)・大堰川(おおいがわ)との光景が美しいと言われています。嵐山では例年紅葉が見ごろを迎える直前の11月の第2日曜日に嵐山もみじ祭が行われます。また例年12月には嵐山・嵯峨野一帯で嵐山花灯路も行われます。
  • 源光庵

    源光庵紅葉見ごろ2021(11月上旬~中旬頃)

    源光庵紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。源光庵は本堂前や本堂裏の鶴亀の庭などに楓が植えられ、それぞれに仏意(禅の教え)が込められた本堂の丸い窓「悟りの窓」と四角い窓「迷いの窓」からの紅葉の景色が人気があります。丸い窓「悟りの窓」は直径約1.5メートルです。
  • 永観堂見どころ

    永観堂紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    永観堂紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。永観堂は放生池畔などに約3,000本の楓が植えられ、御影堂裏の急傾斜の岩壁には岩垣もみじがあります。ライトアップされた紅葉の光景や放生池の水鏡に映し出される紅葉・極楽橋の光景が美しいと言われています。
  • 東福寺見どころ

    東福寺紅葉見ごろ2021(11月中旬~下旬頃)

    東福寺紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)を紹介。東福寺は山内に渓谷・洗玉澗があり、洗玉澗を中心に葉先が3つに分かれ、黄金色に染まる通天モミジが約2,000本植えられています。通天モミジは通天橋・臥雲橋からの眺めが美しいと言われています。

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る