三段池公園紅葉見ごろ(11月中旬~下旬頃)・紅葉名所

三段池公園紅葉見ごろ(紅葉見頃)

三段池公園紅葉見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。三段池公園には豊かな自然と松林に囲まれた園内にカエデ・モミジ・サクラなどが分布し、紅葉と三段池などの光景が美しいと言われています。なお三段池の周りには約1.3キロの散策道が整備され、散策しながら紅葉を楽しむこともできます。(詳細下記参照)

【三段池公園紅葉見ごろ時期・見ごろ予想】
三段池公園の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。ただ紅葉の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2019年9月4日、ウェザーニュースは近畿の紅葉の見ごろが平野部でやや遅めになると予想しました。紅葉の見ごろは嵐山が11月24日頃、大原三千院が11月16日頃、比叡山延暦寺が11月9日頃になります。
京都紅葉見ごろ2019京都紅葉ライトアップ2019京都紅葉見ごろ・イベント京都紅葉名所・見ごろ

【三段池公園紅葉・三段池公園 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府福知山市猪崎337-1
最寄り駅・バス停・・・福知山駅(徒歩約20分)

アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*JR山陰本線・福知山駅

スポンサーリンク


【三段池公園紅葉見ごろ時期・見どころ】
三段池公園は紅葉の名所です。三段池公園の紅葉見ごろは例年11月中旬頃から11月下旬頃です。三段池公園には豊かな自然と松林に囲まれた園内にカエデ・モミジ・サクラなどが分布し、紅葉と三段池・三段池に浮かぶ茶室などの光景が美しいと言われています。風のない日には紅葉が三段池の水面に映し出されます。芝生広場(大はらっぱ広場)の樹木は雄大な北海道の光景を思わせます。なお三段池の周りには約1.3キロの散策道が整備され、散策しながら紅葉を楽しむこともできます。
三段池は面積約4.8ヘクタールです。三段池は江戸時代初期(1649年(慶安2年)~1669年(寛文9年))に丹波福知山藩主・松平忠房(まつだいらただふさ)が灌漑用のため池として造りました。
紅葉狩りは平安時代に貴族から盛んになり、邸宅にモミジを植えたり、紅葉の名所に出掛けたりしたそうです。紅葉狩りでは紅葉した枝を折って、手のひらにのせて愛でることもあったそうです。その後室町時代に徐々に庶民にも広がり、江戸時代中期には庶民の行楽として人気になったと言われています。ちなみに奈良時代末期に成立したと言われている日本最古の和歌集「万葉集」にはモミジを詠んだ和歌が残されています。

【三段池公園 歴史・簡単概要】
三段池公園(さんだんいけこうえん)は福知山市にある標高約536.5メートルの烏ヶ岳(からすがたけ)・標高約544メートルの鬼ヶ城(おにがじょう)南部に開けた高台に位置する面積約55.9ヘクタールの都市公園(総合公園)です。ちなみに烏ヶ岳・鬼ヶ城は大江山(おおえやま)・赤石岳(あかいしだけ)・三岳山(みたけさん)・宝山(たからやま)・岩戸山(いわとやま)・姫髪山(ひめがみやま)・烏帽子山(えぼしやま)・ 鹿倉山(しかくらやま)とともに福知山親名山10選に選ばれています。三段池公園には須恵器(すえき)・埴輪(はにわ)が出土した稲葉山古墳(いなばやまこふん)があり、古くから人が住んでいたとも言われています。その後江戸時代初期に丹波福知山藩主・松平忠房(まつだいらただふさ)が灌漑用のため池・三段池を造りました。三段池公園は三段池を中心に松風亭(茶室)・円形広場(野外ステージ)・トリムの広場・ゆうぎ広場・青空広場・総合体育館・武道館・テニスコート・多目的グラウンド・芝生広場(大はらっぱ広場)・児童科学館・福知山市動物園・都市緑化植物園・城山・稲葉山古墳などがあり、三段池の周りに約1.3キロの散策道が整備されています。三段池公園には約1,000本の桜の木が植えられ、三段池の周りに約50本の桜の木があります。
*参考・・・三段池公園(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ三段池公園(アクセス・歴史・見どころ・・・)wikipedia

【三段池公園紅葉見ごろ時期 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
三段池公園(アクセス・見どころ・・・)情報

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る