祇園祭お迎え提灯2018/7/10

祇園祭お迎え提灯

お迎え提灯2018は京都の夏の風物詩です。お迎え提灯は毎年7月10日に行われています。お迎え提灯では先ず行列は八坂神社から京都市役所まで巡行し、市役所で踊りなどを披露します。その後行列は市役所から御旅所を経由して八坂神社に戻り、西楼門前の石段下で神輿洗の神輿を迎えます。(詳細下記参照)

【お迎え提灯2018 日程時間(要確認)】
お迎え提灯2018は2018年(平成30年)7月10日(火曜日)16:30から行われます。なお順路は次の通りです。
●八坂神社(16:30)→石段下→四条通→河原町通→市役所前(17:30~18:30)→寺町通→御旅所→四条通→石段下(神輿を迎える)→東大路→神幸道→八坂神社(20:30)

【お迎え提灯2018・八坂神社 アクセス・マップ地図】
場所・・・京都府京都市東山区祇園町北側625番地
最寄り駅・バス停・・・祇園(徒歩すぐ)

市バスのアクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅から八坂神社は100系統(D1乗り場)、110系統(D1乗り場)、206系統(D2乗り場)
*四条河原町・四条烏丸・四条堀川・四条大宮からは46系統、201系統、203系統、207系統
*河原町丸太町・烏丸丸太町・堀川丸太町からは202系統
京都市バス・アクセスダイヤ京都バス・鉄道乗換案内システム「歩くまち京都」

*京阪電鉄本線の場合、最寄り駅は祇園四条駅(徒歩約5分)
*阪急電鉄京都線の場合、最寄り駅は河原町駅(徒歩約8分)

スポンサーリンク


【お迎え提灯 歴史・簡単概要】
祇園祭お迎え提灯(おむかえちょうちん)は江戸時代に北座・南座などの芝居小屋の役者が趣向を凝らした提灯に火を入れ、鳴物で神輿洗(みこしあらい)の神輿を迎えたのが起源とも言われています。その後お迎え提灯は長く途絶えていたが、1952年(昭和27年)に神輿洗に付随する祇園祭の行事として再興しました。なおお迎え提灯は祇園万燈会(ぎおんまとうえ)が主催しています。
お迎え提灯は神輿洗の神輿を迎える提灯行列です。お迎え提灯では先ず提灯・山鉾町の囃子方・児武者・小町踊・鷺踊・赤熊(しゃぐま)・祇園踊・馬長稚児(うまおさちご)などの行列が八坂神社から京都市役所まで巡行し、市役所で踊りなどを披露します。その後行列は市役所から御旅所を経由して八坂神社に戻り、西楼門前の石段下で神輿洗の神輿を迎えます。最後に八坂神社でも市役所と同じように踊りなどを奉納します。
神輿洗は祇園祭神幸祭に先立って、神輿を祓い清める儀式です。神輿洗では中御座神輿・東御座神輿・西御座神輿の内、八坂神社の主祭神・素戔嗚尊(すさのおのみこと)がのる中御座神輿を清めます。
南座は元和年間(1615~1623年)に京都所司代・板倉勝重が四条河原に公許した7つの劇場(芝居小屋)のひとつで、日本最古の劇場とも言われています。なお北座は四条通の拡張に伴い、1893年(明治26年)に廃座になりました。
囃子方は鉦(かね)・笛・太鼓で編成されています。
小町踊は元禄時代に京都で流行した風流踊(ふりゅうおどり)です。小町踊は7月7日に髪に造花を挿し、晴着などで美しく着飾った少女が小太鼓を敲き、歌を唄いながら踊り歩いたことから七夕踊りとも言われています。
鷺踊は約600年前に西陣の大舎人座の織物職人による笠鷺鉾(かささぎほこ)の周りで舞われていたが、江戸時代中期に途絶え、1956年(昭和31年)に山口津和野に伝わる鷺舞が京都に伝えられて復活しました。鷺踊では白絹の羽を纏い、鷺に扮した舞い手が優雅に踊ります。
神幸祭2018・祇園祭

【祇園祭 歴史・簡単概要】
祇園祭(ぎおんまつり)は平安時代前期の869年(貞観11年)に京都をはじめ全国に疫病が流行し、牛頭天王(ごずてんのう)・素戔嗚尊(すさのおのみこと)の祟りであるとし、卜部日良麿(うらべのひらまろ)が禁苑(宮中の庭)である神泉苑に国の数と同じ66本の鉾を立て、悪霊を移して穢れを祓い、薬師如来の化身とされる牛頭天王(素戔嗚尊)を祀り、更に牛頭天王(素戔嗚尊)を主祭神とする八坂神社(祇園社)に3基の神輿を送り、病魔退散を祈願した祇園御霊会(ぎおんごりょうえ)が起源と言われています。その後970年(天禄元年)から毎年旧暦6月14日に行われるようになりました。
*参考・・・八坂神社・祇園祭(日程・行事・・・)ホームページ祇園祭(日程・行事・・・)wikipedia

【八坂神社 歴史・簡単概要】
八坂神社(やさかじんじゃ)は起源が明確ではありません。八坂神社は656年(斉明天皇2年)高麗から来日した調進副使・伊利之使主(いりしおみ)が新羅・牛頭山に座した素戔嗚尊(すさのおのみこと)=牛頭天王(ごずてんのう)を山城八坂郷に奉斎したのが起源とも、876年(貞観18年)南都の僧・円如が堂(観慶寺)を建立し、薬師千手等の像を奉安したのが起源とも言われています。869年(貞観11年)流行した疫病を鎮める御霊会(ごりょうえ)が神泉苑で行われたのが祇園祭の起源と言われ、970年(天禄元年)からは毎年御霊会が行われるようになりました。なお八坂神社は以前感神院(かんしんいん)・祇園社(ぎおんしゃ)という名称でした。
八坂神社は全国の八坂神社や素戔嗚尊を祭神とする神社の総本社です。
*参考・・・八坂神社(アクセス・歴史・・・)ホームページ八坂神社(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【京都市役所 歴史・簡単概要】
京都市役所(きょうとしやくしょ)は本庁舎(東館・西館)・西庁舎・北庁舎(中央棟・西棟・東棟)から構成されています。本庁舎(東館・西館)は武田五一・中野進一が設計し、東館が1927年(昭和2年)、西館が1931年(昭和6年)に完成しました。西庁舎は1931年(昭和16年)に完成し、4階の増築部分が1966年(昭和41年)に完成しました。北庁舎は西棟が1931年(昭和6年)、中央棟が1964年(昭和39年)、東棟が1974年(昭和49年)に完成しました。本庁舎は地上4階・地下1階建てのRC造で、東館・西館がシンメトリーになっています。西庁舎は地上4階建てのRC造です。北庁舎は中央棟が地上5階・地下1階建てのRC造、西棟が地上5階・地下1階建てのRC造、東棟が地上8階・地下2階建てのSRC造です。なお本庁舎は政令指定都市の市役所として、一番古いとも言われています。
*参考・・・京都市役所(アクセス・歴史・・・)ホームページ京都市役所(アクセス・歴史・・・)wikipedia

【お迎え提灯2018 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。(画像募集中・コンタクト参照)
祇園祭2018(山鉾巡行・宵山・ルート・・・)
祇園祭2018日程(山鉾巡行・・・)
祇園祭2018日程一覧(山鉾巡行・・・)
祇園祭見どころ(前祭)

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 時代祭

    2017年10月のイベント

    京都市内などで2017年10月に行われる寺社などのイベント・行事です。イベント・行事を見たり、参加し…

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 源光庵
    源光庵アクセスでは京都駅前(A3乗り場)から鷹峯源光庵前まで行く市バス6系統(所要時間約42分)がお…
  2. 永観堂
    永観堂アクセスでは京都駅から地下鉄烏丸線に乗って烏丸御池駅に向かい、烏丸御池駅で地下鉄東西線に乗り換…
  3. 東福寺
    東福寺アクセスでは京都駅から奈良駅を結ぶJR奈良線がおすすめです。東福寺の最寄り駅である東福寺駅は京…

スポンサーリンク

ピックアップ記事

  1. 錦市場

    錦市場

    錦市場アクセスでは四条通が目印です。錦市場がある錦小路通は四条通の北側約100メートルを四条通と並行…
  2. 竹林の道

    竹林の道

    竹林の道アクセスでは渡月橋から北に伸び、天龍寺前を通る府道29号線を天龍寺方面から北側にある清凉寺(…
ページ上部へ戻る