銀閣寺見どころ2-修学旅行・観光の簡単解説

銀閣寺見どころ

銀閣寺見どころ簡単解説

銀閣寺見どころポイントを簡単にまとめて解説しています。銀閣寺は紅葉の名所とされ、秋には普段と異なった美しい光景を見ることができます。また椿の名所ともされています。承天閣美術館では春屋妙葩頂相自賛などの銀閣寺の文化財の一部が収蔵・展示されています。(銀閣寺見どころ下記参照)

●銀閣(国宝)・東求堂(国宝)・庭園(特別名勝・特別史跡)などの銀閣寺見どころは下記リンクから確認することができます。
銀閣寺見どころ

【銀閣寺 歴史・簡単概要】 京都世界遺産
東山(とうざん)・銀閣寺(ぎんかくじ)とは正式名称を東山慈照寺(じしょうじ)と言います。銀閣寺は平安時代中期に智証大師(ちしょうだいし)・円珍(えんちん)が創建し、寛仁年間(1017年~1020年)に天台座主第25世・明求(みょうぐ)が堂宇を再建したが、室町時代中期の応仁の乱(おうにんのらん)の兵火で焼失した浄土寺(じょうどじ)があった場所です。銀閣寺は1473年(文明5年)に室町幕府8代将軍・足利義政(あしかがよしまさ)は長子・義尚(よしひさ)に将軍職を譲り、浄土寺跡に東山山荘・東山殿(ひがしやまどの)の造営を始めたのが起源です。東山殿の名称は第103代・後土御門天皇(ごつちみかどてんのう)から賜りました。その後1490年(延徳2年)に義政が亡くなり、遺命によって東山殿が臨済宗(りんざいしゅう)相国寺(しょうこくじ)派の禅寺・慈照院に改められました。慈照院の寺号は義政の法号(ほうごう)・慈照院殿喜山道慶(じしょういんきざんどうけい)に由来しています。
京都世界遺産・銀閣寺歴史(起源・・・)

スポンサーリンク

【銀閣寺-八幡社・見どころ解説】
八幡社(はちまんしゃ)は銀閣脇にある小さな(ほこら)です。八幡社は鎮守社(ちんじゅしゃ)とも言われています。八幡社は江戸時代中期の地誌「雍州府志(ようしゅうふし)・1682年(天和2年)~1686年(貞享3年)」には「八幡をもつて鎮守とす」と記されているそうです。
(銀閣寺-八幡社・ポイント豆知識)
●八幡社は足利氏などの清和源氏(せいわげんじ)の守護神で、武神・八幡神(やはたのかみ・はちまんしん)を祀っています。

【銀閣寺-門・見どころ解説】
総門・中門は薬医門(やくいもん)、唐門は向唐門(むかいからもん)です。唐門には中に花頭窓(かとうまど・火灯窓)があります。総門は江戸時代後期の1800年(寛政12年)、中門・唐門は江戸時代前期の寛永年間(1624年~1645年)に建立されました。なお総門は本瓦葺の切妻造(きりづまづくり)、中門はこけら葺、唐門は檜皮葺(ひわだぶき)です。

【銀閣寺-書院・見どころ解説】
書院は1993年(平成5年)11月に10年の歳月を掛けて落慶しました。書院には旧庫裏(くり)の茶室・集芳軒(しゅうほうけん)が移築されました。書院には大広間に日本最後の文人とも言われる文人画家・儒学者である富岡鉄斎(とみおかてっさい)の襖絵が飾られています。なお書院は通常非公開です。

【銀閣寺-手水鉢・見どころ解説】
手水鉢(袈裟型手水鉢)は東求堂(国宝)と本堂(方丈)を繋ぐ廊下近くに置かれています。手水鉢には市松模様が彫られ、僧侶の袈裟の文様に似ているから袈裟型手水鉢と言われています。なお手水鉢は茶人・千利休(せんのりきゅう)も写しを造ったとも言われています。

【銀閣寺-仏像・見どころ解説】
仏像には観音菩薩坐像(洞中観音)・地蔵菩薩坐像・千体地蔵菩薩立像・阿弥陀如来立像・釈迦牟尼仏像・達磨大師(だるまだいし)坐像などがあります。また足利義政像・夢窓国師(むそうこくし)像などもあります。
(銀閣寺-仏像・ポイント豆知識)
●観音菩薩坐像(洞中観音)は室町時代に造仏されたと言われています。観音菩薩坐像は像高約54センチで、憂いのある表情をし、結跏趺坐(けっかふざ)に定印(じょうい)を結んでいます。観音菩薩坐像は背後に洞窟(岩屋)があることから洞中観音とも言われています。

【銀閣寺-紅葉・見どころ解説】
銀閣寺はモミジなどが分布する紅葉の名所です。紅葉は例年11月中旬から11月下旬頃に見ごろを迎えます。なお紅葉は展望所からよく見えると言われています。
銀閣寺紅葉見ごろ

【銀閣寺-椿・見どころ解説】
銀閣寺では参道に椿垣(生垣)が続き、椿の名所になっています。椿は例年3月中旬頃から4月上旬頃に見ごろを迎えます。銀閣寺にはやぶ椿・侘助椿(わびすけつばき)などが植えられています。
銀閣寺紅葉見ごろ

【銀閣寺-座禅会・講話と坐禅・見どころ解説】
行事・座禅会(ざぜんかい)は8月・12月を除く、毎月第3月曜日に行われています。講話と坐禅は1月・4月・5月・12月が第3日曜日、それ以外の月は第1日曜日に行われています。(要確認)坐禅は禅宗で宗旨(中心教義)とされ、修行法にもなっています。坐禅は坐ることを通し、仏教の開祖・お釈迦様の教えに目覚めることとされています。
(銀閣寺-座禅会・講話と坐禅・ポイント豆知識)
お釈迦様は35歳の旧暦の12月8日の夜明け前、ブッダガヤの菩提樹(ぼだいじゅ)の下で坐禅をして悟りを開きました。
銀閣寺座禅会(日程・・・)銀閣寺講話と坐禅(日程・・・)

【相国寺・見どころ解説】
銀閣寺は臨済宗相国寺派大本山・相国寺(しょうこくじ)の山外塔頭(さんがいたちゅう)です。塔頭は祖師や高僧の死後、その弟子が祖師・高僧を慕って寄り沿うように創建した小さな寺院です。なお相国寺は1382年(永徳2年)に室町幕府3代将軍・足利義満(あしかがよしみつ)が花の御所の隣接地に一大禅宗伽藍を建立することを発願したのが起源です。
本山・相国寺(アクセス・・・)

【銀閣寺-承天閣美術館・見どころ解説】
銀閣寺が所有する春屋妙葩頂相自賛(しゅんおくみょうはちんぞうじさん)などの文化財などは承天閣美術館(じょうてんかくびじゅつかん)に所蔵・展示されています。承天閣美術館は相国寺創建600年記念事業の一環として建設されました。
承天閣美術館(アクセス・・・)

【銀閣寺見どころ 備考(参考リンク)】
*参考・・・京都世界遺産・銀閣寺(アクセス・見どころ・・・)ホームページ

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る