京の冬の旅2018

成就院

京の冬の旅2018は幕末・明治維新や西郷隆盛ゆかりの寺院など15ヶ所で行われます。常林寺・成就院(清水寺の塔頭)・泉涌寺(舎利殿)・東福寺(禅堂・経蔵)・即宗院(東福寺の塔頭)・伏見稲荷大社(御茶屋)・相国寺(法堂・方丈)・豊光寺(相国寺の塔頭)・林光院(相国寺の塔頭)・宝鏡寺・妙覚寺・妙心寺(三門)・東海庵(妙心寺の塔頭)・東寺(五重塔)・大黒寺が対象です。

【京の冬の旅2018 日程時間(要確認)】
京の冬の旅2018は2018年1月6日(土曜日)~3月18日(日曜日)10:00~16:00まで行われます。ただ寺院により、公開期間・時間・休止日などが異なります。(要確認)
●1ヶ所につき大人600円(東寺五重塔・泉涌寺舎利殿800円)なお団体割引あり。
京の冬の旅(公式ホームページ)

【京の冬の旅2018 マップ・地図】

【歴史・簡単概要】
京の冬の旅・非公開文化財特別公開は1967年(昭和42年)に始まり、冬の京都の魅力を発信しています。なお2018年(平成30年)は幕末・明治維新や西郷隆盛ゆかりの寺院など15ヶ所で行われます。

スポンサーリンク


【常林寺】京の冬の旅初公開
●常林寺は若い頃の勝海舟が常宿にしていました。1月10日(水曜日)から公開です。毎週日曜日は13:00まで拝観休止です。(要確認)
常林寺(萩の寺)は1573年(天正元年)に念仏専修僧・魯道が寺町荒神口に創建したのが起源です。江戸時代に浄土宗の総本山・知恩院の門を警備する役番になりました。1671年(寛文11年)に寺町の火災によって焼失し、その後現在の場所に移りました。
常林寺・京の冬の旅

【成就院】
●成就院では尊皇攘夷派の僧侶・月照が住職となり、幕末に西郷隆盛や勤皇の志士が集って密談しました。1月27日(土曜日)から公開です。2月22日(木曜日)・23日(金曜日)は拝観休止です。(要確認)
成就院は応仁の乱(1467年(応仁元年)~1477年(文明9年))の兵火によって焼失した清水寺を再興した清水寺本願職・願阿上人の住房が起源です。その後成就院と名付けられて清水寺の塔頭になり、伽藍の整備や財政の維持・管理などを担当しました。
成就院・京の冬の旅

【泉涌寺】京の冬の旅初公開
●泉涌寺では慶長年間(1596年~1615年)に京都御所の建物を移して改めた舎利殿が公開されます。1月10日(水曜日)から公開です。(要確認)
泉涌寺は天長年間(824年~834年)に真言宗の開祖である弘法大師・空海が草庵を結んで法輪寺と名付けたのが起源とも、856年(斉衡3年)に左大臣・藤原緒嗣が神修上人を開山として山荘を寺院に改めて法輪寺と称したのが起源とも言われています。
泉涌寺・京の冬の旅
泉涌寺見どころ

【東福寺】京の冬の旅初公開
●東福寺では日本最古最大の禅堂(重要文化財)と初公開の経蔵が公開されます。
東福寺は924年(延長2年)に公卿・藤原忠平が創建した藤原氏の氏寺・法性寺があった場所です。東福寺は1236年(嘉禎2年)に摂政・九条道家が高さ5丈(約15メートル)の釈迦像を安置する寺院を創建することを発願し、聖一国師・円爾を開山として仏殿を建立したのが起源です。
東福寺・京の冬の旅
東福寺見どころ

【即宗院】
●即宗院には1869年(明治2年)に建立された西郷隆盛筆による「薩摩藩士東征戦亡の碑」があります。
即宗院は関白・藤原兼実(九条兼実)が営んだ山荘「月輪殿」があった場所です。即宗院は1387年(嘉慶元年)に島津氏6代当主で、九州薩摩藩・島津氏久が東福寺第54世・剛中玄柔禅師を開山として創建し、薩摩藩の菩提寺にしたのが起源です。
即宗院・京の冬の旅

【伏見稲荷大社】京の冬の旅9年振りの公開
●伏見稲荷大社ではかつて仙洞御所にあった御茶屋(重要文化財)が公開されます。1月10日(水曜日)から公開です。(要確認)
伏見稲荷大社は社伝によると711年(和銅4年)2月初午の日に伊侶巨秦公が勅命を受け、伊奈利山(稲荷山)の三つの峯の平らな場所に稲荷大神を祀ったことが起源と言われています。その後827年(天長4年)に弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇から東寺(教王護国寺)を賜った際に東寺の鎮守社になりました。
伏見稲荷大社・京の冬の旅
伏見稲荷大社見どころ

【相国寺】
●相国寺では鳴き龍(狩野光信筆)が描かれた日本最古の法堂(重要文化財・本堂)・方丈が公開されます。1月10日(水曜日)から公開です。(要確認)
相国寺は1382年(永徳2年)に室町幕府3代将軍・足利義満が室町第・花の御所の東に一大禅宗伽藍を建立することを発願したのが起源です。相国寺の名称は相国寺創建時に足利義満が左大臣(相国)であったことに由来しています。1392年(元中9年)に伽藍が完成したが、その後度々焼失し、1403年(応永10年)には史上最も高かったとも言われている七重大塔が落雷によって焼失しました。
相国寺・京の冬の旅
相国寺見どころ

【豊光寺】京の冬の旅初公開
●豊光寺では明治時代に相国寺住持・荻野独園(独園承珠)が活躍しました。
豊光寺は1599年(慶長4年)8月に相国寺92世・西笑承兌が前1598年(慶長3年)に伏見城で亡くなった関白・豊臣秀吉の追善の為に創建しました。その後西笑承兌が亡くなって荒廃し、1788年(天明8年)の天明の大火で焼失して廃寺同然となりました。1882年(明治15年)に相国寺住持・荻野独園が子院・冷香軒を合寺して客殿を移して再興しました。
豊光寺・京の冬の旅

【林光院】京の冬の旅初公開
●林光院には薩摩藩士の墓があります。また島津氏第17代当主・島津義弘が自ら造った僧形の像・位牌もあります。
林光院は応永年間(1394年 ~1427年)に室町幕府3代将軍・足利義満が次男・足利義嗣の菩提を弔う為に夢窓国師・夢窓疎石を勧請開山に平安時代前期の歌人で、「古今和歌集」の選者である紀貫之の屋敷跡(二条西ノ京)に創建したのが起源です。林光院の名称は義嗣の法号・林光院殿亜相考山大居士に由来しています。
林光院・京の冬の旅

【宝鏡寺】京の冬の旅5年振りの公開
●宝鏡寺は幕末に江戸幕府14代将軍・徳川家茂に降嫁した皇女・和宮が鶴亀の庭で遊んだり、一時住したりしました。2月28日(水曜日)まで公開され、3月1日(木曜日)から4月3日(火曜日)まで春の人形展が行われます。(要確認)
宝鏡寺(人形寺)は応安年間(1368年~1374年)に北朝初代・光厳天皇の皇女で、景愛寺(けいあいじ)第6世・華林宮惠厳が伊勢二見浦で網に掛かった聖観世音菩薩を建福寺(建福尼寺)に安置し、宝鏡寺に名称を改めたのが起源です。宝鏡寺の名称は聖観世音菩薩の膝の上に小さな宝鏡(円鏡)を持っていることに由来します。
宝鏡寺・京の冬の旅

【妙覚寺】京の冬の旅初公開
●妙覚寺には絵師・狩野元信が描いたとも言われる大涅槃図があります。
妙覚寺(妙覺寺)は1378年(永和4年)に日像上人の法孫・日実が信徒であった豪商・小野妙覚の外護により、四条大宮の小野妙覚邸内に創建しました。その後1466年(寛正7年)に本覚寺と合寺し、1483年(文明15年)には室町幕府9代将軍・足利義尚の命により、二条衣棚に移りました。
妙覚寺・京の冬の旅

【妙心寺】
●妙心寺では三門(重要文化財)が公開されます。1月31日(水曜日)・3月8日(木曜日)は拝観休止です。(要確認)
妙心寺は花園上皇(第95代・花園天皇)の花園御所(離宮・萩原殿)があった場所です。妙心寺は1335年(建武2年)に花園上皇が落飾して法皇になり、花園御所を禅寺に改めることを発願したのが起源です。ただ1337年(建武4年)に禅の師である大燈国師・宗峰妙超が亡くなった為、1342年(興国3年)に高弟・関山慧玄が美濃から京に戻ってから開山になりました。
妙心寺・京の冬の旅
妙心寺見どころ

【東海庵】京の冬の旅5年振りの公開
●東海庵には「白露地の庭」・「東海一連の庭」などの庭園があります。1月10日(水曜日)から公開です。2月1日(木曜日)~3日(土曜日)は拝観休止です。(要確認)
東海庵は1484年(文明16年)に斎藤妙純(斎藤利国)の妻・利貞尼が妙心寺11世・悟渓宗頓を請じて創建したとも、悟渓宗頓が妙心寺中興の祖で、妙心寺の六祖と言われる雪江宗深から土地を与えられて創建したとも言われています。
東海庵・京の冬の旅

【東寺】京の冬の旅初公開
●東寺では高さ約54.8メートルで日本一高い五重塔(国宝)が公開されます。
東寺(教王護国寺)は796年(延暦15年)に第50代・桓武天皇の発願により、西寺とともに国家鎮護の官寺として、都の入口である羅城門の東に創建されました。東寺は平安京の左京・西寺は平安京の右京、または東寺は東国・西寺は西国を守る意味が込められているとも言われています。その後823年(弘仁14年)に真言宗の宗祖である弘法大師・空海が第52代・嵯峨天皇から賜りました。
東寺・京の冬の旅
東寺見どころ

【大黒寺】
●大黒寺は薩摩寺(さつまでら)とも言われています。西郷隆盛が建立したとも言われる有馬新七ら寺田屋殉難九烈士の墓碑があります。
大黒寺(薩摩寺)は真言宗の開祖である弘法大師・空海が創建し、真言宗東寺派の寺院である長福寺と言われたのが起源とも言われています。江戸時代初期に薩摩藩邸が近くにあり、薩摩藩主と島津家の護り本尊・出世大黒天と同じ大黒天を祀っていたことから薩摩藩の祈願所に定められ、大黒寺に名称が改めました。
東寺・京の冬の旅

【京の冬の旅2018 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。

関連記事

京都観光 イベント・行事

  1. 了徳寺大根焚・報恩講

    2019年12月のイベント(大根焚き・除夜の鐘・・・)

  2. 嵐山紅葉

    京都紅葉見ごろ2019(嵐山・東福寺・・・)

  3. 清水寺紅葉ライトアップ

    京都紅葉ライトアップ2019(清水寺・永観堂・・・)

スポンサーリンク

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 千本釈迦堂大根焚き・成道会法要
  2. 法輪寺針供養
  3. 嵐山花灯路
  4. 了徳寺大根焚・報恩講
  5. 了徳寺大根焚・報恩講

スポンサーリンク

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る