大石神社桜見ごろ2022早め(4月上旬頃)ライトアップ

大石神社ライトアップ

大石神社桜見ごろ(例年)・見どころ

大石神社桜見ごろ(時期・ライトアップ・・・)情報を紹介しています。大石神社は樹齢80年以上で、高さ約10メートルのご神木・大石桜・枝垂桜・山桜など約20本の桜の木が植えられ、桜と鳥居・境内などの光景が美しいと言われています。大石神社では桜が見ごろを迎える時期にライトアップ・さくら祭を行っています。(要確認)(詳細下記参照)

【大石神社 桜見ごろ(例年)・2022年の開花満開予想】
大石神社の桜見ごろは例年4月上旬頃です。ただ桜の見ごろはその年の気候などによって多少前後することがあります。なお2022年の桜の開花・満開・見ごろ情報は2022年1月下旬頃から情報発信します。
京都桜見ごろ2022

【大石神社桜見ごろ アクセス・マップ】
場所・・・京都府京都市山科区西野山桜ノ馬場町116
最寄り駅・バス停・・・大石神社前(徒歩約2分)

京阪アクセス路線は次の通りです。(最終更新2014年末・変更の場合あり)
*京都駅八条口からは山急系統
*四条河原町・三条京阪・四条烏丸・四条大宮からは83系統、83A系統、84系統、84C系統、85A系統、87A系統、87B系統
路線・時刻表・運賃チェック

スポンサーリンク

【大石神社 桜見ごろ(例年)・見どころ解説】
大石神社は桜の名所です。大石神社の桜見ごろは例年4月上旬頃です。
大石神社は樹齢80年以上で、高さ約10メートルのご神木・大石桜・枝垂桜・山桜など約20本の桜の木が植えられ、桜と鳥居・境内などの光景が美しいと言われています。大石神社では桜が見ごろを迎える時期にライトアップ・さくら祭を行っています。(要確認)
大石神社桜ライトアップ
大石桜は大石内蔵助が隠棲した地に生育していたが、1935年(昭和10年)の大石神社創建の際に境内に定植されてご神木とされ、その後大石桜と言われるようになりました。なお大石桜は江戸彼岸桜など枝が柔らかい枝垂桜です。江戸彼岸桜の名称は彼岸の頃に花を咲かせることに由来しています。なお枝垂桜は京都府の府花に指定されています。
さくら祭では武者小路千家の奉仕による献茶式が行われ、茶席が設けられます。また大石神社巴会奉仕によるそば席が設けられたり、屋台露店も立ち並んだりするそうです。(要確認)
桜(染井吉野)は2月1日以降、毎日の最高気温の合計が600度を超えると開花し、800度を超えると満開になると言われています。また地域によって差があるが、開花から1週間から5日ほどで満開になると言われています。
大石神社さくら祭

●京都で人気の桜名所・見ごろを紹介しています。由緒なども確認できます。(下記リンク参照)
京都桜名所・見ごろ

【大石神社 歴史・簡単概要】
大石神社(おおいしじんじゃ)は赤穂義士・大石内蔵助(おおいしくらのすけ・大石良雄)が隠棲した閑居跡とも言われる岩屋寺(いわやじ)近くにあります。大石内蔵助は1701年(元禄14年)7月から1702年(元禄15年)9月まで親類(母方の大叔父)・進藤源四郎(しんどうげんしろう・進藤俊式)の世話によって住居を構えました。大石神社は昭和初期に赤穂義士を崇拝していた浪曲師・吉田大和之丞(よしだやまとのじょう・吉田奈良丸)が大石内蔵助ゆかりの山科に神社を造営することを計画したのが起源です。その後1935年(昭和10年)に京都府知事を会長とする大石神社建設会が社殿を造営し、討入の為の武器を納入した天野屋利兵衛(あまのやりへえ)を祀る義人社も造営されました。なお大石神社は大石内蔵助を祀り、大願成就のご利益があるとも言われています。
*参考・・・大石神社(アクセス・歴史・見どころ・・・)ホームページ

【大石神社桜見ごろ 備考】
*イベントの情報(日程・場所・内容など)は必ず主催者に確認して下さい。当サイトの情報はあくまで参考情報です。イベントの内容などが変更になっている場合もあります。
大石神社(アクセス・見どころ・・・)情報
*京都の桜名所では桜の見ごろに合わせ、ライトアップを行なっているところがあります。(下記リンク参照)
京都桜ライトアップ2022

関連記事

京都観光おすすめ

  1. 錦市場
  2. 竹林の道
  3. 嵐山
ページ上部へ戻る